外国人に人気!新宿駅ナカで便利な「つけめんTETSU」

外国人に人気!新宿駅ナカで便利な「つけめんTETSU」

2020/01/22

ラーメンは今や日本のソウルフードと言っても過言ではないほど。街中には多くのラーメン屋さんに溢れています。特に東京は激選区。そんな中で特に外国人観光客に人気のラーメン屋さんをここで紹介していきたいと思います。7回目は新宿駅ナカのお店、「つけめんTETSU」を紹介します。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

京王モールにあるお店には行列が

こちらのつけ麺を調査
常に行列が

「つけめんTETSU」は2005年にオープンし、現在は27店舗を展開するラーメン屋さんです。店名通り、つけめんをメインとしており、シーズンごとに期間限定のラーメンを展開しています。今回訪れたのは、新宿駅にある京王モール店です。場所柄夕方以降は常に行列ができています。この日は日本人のサラリーマンが多かったのですが、外国人観光客にもとても人気があるお店です。

メニューはこちら

列に並ぶ前に店内の券売機でラーメンの食券を買うように促されます。つけ麺はあつもりもあります。期間限定のメニューは、この時は濃厚鶏つけめんでした。他に、中華そば、まぜそばもあります。

今回はこちらを実食

今回は通常の「つけめん 880円・税込」を注文しました。この券を見せてお店のスタッフの方にチェックしてもらいます。

焼き石サービス

TETSUには「焼き石」サービスがありつけ麺のスープが冷めた時に注文すると、熱々の焼き石を提供してくれます。今回は使いませんでしたが、熱々にこだわる人は使ってみたいサービスですね。

豚骨と魚介が効いたクリーミーなつけめん

Wスープのつけ麺

着席してから10分くらいでつけめんの登場です。TETSUのつけめんのスープは豚骨ベースのスープと煮干・鰹などの魚介系スープのWスープ。つけめんでは割と定番の味ですが、一番安心できる味とも言えます。

魚介を感じる味わい

一口飲んでみるとクリーミーな味わい。しっかり魚介の出汁を感じられます。トッピングはメンマ、ネギ、見えないですが大きなチャーシューが一個入っていました。TETSUのスープはお店によってベースになる動物系スープや魚介スープの割合が違うとかで、それぞれのお店で違った味が楽しめるのだとか。他の店でも試してみたいですね。

太麺です

麺は濃厚なスープに合うように太麺。もっちりとした食感です。TETSUオリジナルの粉を使っているそうで、つるっとして滑らかなのが特徴。小麦の味もしっかり感じられます。

柔らかチャーシュー

スープの奥から発掘されたチャーシューは大きくて厚め。なかなかのボリュームです。脂身多めでホロリと解ける柔らかさでした。

中華そばもいただきました
綺麗な色です

お腹が空いたらさらっと寄れる便利さ

気軽に立ち寄れます

新宿駅の中という好立地なのもあり、食事の時間になると常に混んでいますが、回転は思ったより早いです。カウンターしかないので人数が多いとちょっと不便かも。新宿でお腹が空いたな〜と思った時に気軽に立ち寄れる場所なのと、夜23時半まで営業なので、美味しいつけめんが食べたくなったら、立ち寄ってみてください。

[All Photos by Kaori Simon]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載