新千歳空港内の生キャラメル専門店「キャラメルキッチン」に注目

新千歳空港内の生キャラメル専門店「キャラメルキッチン」に注目

2020/01/22

北の玄関口、新千歳空港内には沢山のお店が並び、連日多くの旅行者で賑わっています。そんな新千歳空港には江崎グリコがお送りする初の生キャラメル専門店、「キャラメルキッチン」があります。店内のキッチンで毎日手作りされる生キャラメルは、優しい甘さが口いっぱいに広がる特別な逸品です。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

北海道生まれの美味しさ

キャラメルキッチンを調査します
キャラメルビスケット

生キャラメルは普通のキャラメルよりも生クリームの使用量が多く、柔らかな口当たりが特徴。2006年に北海道の乳牛メーカーが牛乳消費を拡大させるために開発し、その後他メーカーも参入し北海道土産として全国に知られるようになりました。キャラメルキッチンは大量生産ができるようになった今の時代に、あえて手作りで、しかも空港内で作られるお菓子ということが話題を呼び、空港土産の新定番として人気が出たお店です。

空港内で作られる新鮮な生キャラメル

キャラメルが出来上がる工程を覗けます

キャラメルキッチンの製品が作られる調理場は売り場のすぐ横にあり、ガラス窓からその制作風景を眺めることもできます。今にもキャラメルの甘い匂いが漂ってきそうなキッチンからは、丁寧な生キャラメル作りの様子を見学することができます。

選べるフレーバーも魅力的

どれも食べてみたい味ばかり

キャラメルキッチンでは、生キャラメルのみの「ホームメイド生キャラメル」3フレーバーと、ビスケットに生キャラメルがのった「キャラメスビスケット」2フレーバーが売られています。ホームメイド生キャラメルはバター、ミルク、アーモンドの3種類(各972円・税込)、キャラメルビスケットは濃厚な味わいのバター、チョコレートの2種類(各1188円・税込)が選べます。全て常温で保存可能なので、持ち帰りにも便利です。

北海道物産展など北海道のお土産を道外で買える機会も増えてきましたが、空港で手作りされは生キャラメルを買えるのはここだけ!旅のお供に、あるいは旅のお土産に、空港内で作られる生キャラメルを試してみてはいかがでしょうか。

[All photos by Yoko Nixon]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載