一度は行ってみたい国内の絶景!北海道の大地を見る、神威岬

一度は行ってみたい国内の絶景!北海道の大地を見る、神威岬

2020/01/21

積丹半島の先端にある神威岬。古くから言い伝えが残るこの場所ですが、本当にここは日本なのかと目を疑うような絶景が目の前に広がっていたのです。そんな神威岬を現地ルポ!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

神威岬とは?

神威岬

神威岬(かむいみさき)は北海道積丹半島の先端にある神威岬は真っ青なシャコタンブルーと呼ばれる青い海と断崖絶壁が広がるダイナミックな岬です。

まさに自然を満喫するのにぴったりな場所!

そしてかつては女人禁制とされていたこの場所には悲恋伝説も残っているのです・・・

そんなダイナミックな景観が魅力の神威岬の魅力の現地ルポをご紹介します!

突風注意!?岬ならではの風が吹くチャレンカの小道の道中

札幌市からレンタカーで高速道路を走り、2時間ほどで神威岬の入り口に到着。そこから少し上り坂を車で登るとチャレンカの小道に続く道の入り口に着きます。この看板が目印。

チャレンカの小道に続く道の入り口
清掃協力金の看板

清掃協力金も忘れずに払いましょう。

さぁ、ここからは軽いトレッキングの始まりです。地図を見てみると・・・

チャレンカの小道案内

片道30分ちょっと。往復で1時間ちょっとあります。閉園時間も考えて時間には余裕を持って来たいところですね!

この女人禁制の門をくぐるとチャレンカの小道が始まります。

女人禁制だった神威岬

チャレンカの嫉妬心から船を転覆させたということから女人禁制になったそうですが、チャレンカの嫉妬心からの風でしょうか。岬に近づけば近づくほど風が強く、歩くのもなかなか大変でした。

道中は海岸沿いに洞窟らしきものがあったり、どこまでも続く海岸線があったりして・・・

神威岬

思わずカメラを向けてしまいます(やっぱり1時間では足りないかも!)。

神威岬から眺める絶景!

絶景のパノラマ

岬に近づいてくるとまさに絶景のパノラマが広がります。

神威岬にあるこの神威岬灯台。

灯台

北海道に現存する灯台の中で5番目に古いものだそうです。

そして目の前にはどーんと佇む大きな岩「神威岩」が。

神威岩

まさに自然が作り出した建造物。

そして眼下に広がるシャコタンブルーの海・・・

シャコタンブルーの海

目の前に広がる絶景に自然の息吹を感じます。

姿を変える真冬の神威岬

神威岬

夏には黄色いエゾカンゾウの花が咲き乱れ、秋には黄金色に色づく神威岬は冬には雪化粧をして、幻想的な風景を見せてくれます。冬の岬のスノートレッキングでは、トドやアザラシ、オオワシなど、野生動物にも出会えるそうですよ。

ぜひ四季折々の神威岬を堪能して下さいね!

[All Photos by AYA]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載