北九州が一望できる秘密基地「矢筈山キャンプ場」

北九州が一望できる秘密基地「矢筈山キャンプ場」

2020/01/26

北九州に、気軽に楽しめるキャンプ場があるんです。管理人さんはとても親切でテントは無料で貸し出してくれます。子供と週末何しようかな? と思ったときは是非こちらに遊びに来てください!

かんもんノート

かんもんノート

「矢筈山キャンプ場」はこんなところ

門司にキャンプ場があることを知っていますか?

近年のアウトドアブームも手伝い、どこのキャンプ場も連日大盛況。

私、近場キャンプ推奨派です。何故って渋滞に巻きこまれ、移動に費やす時間ってもったいない時もあるでしょ?

そんな気持ちに同調してくれるそこのあなた!あるんですよ、すぐそこに♪

この看板から歩いて30分ほど歩いたところにキャンプ場があります

じゃじゃーん!! キャンプ場のある山頂までは、、大人の足でゆっーくり登って30分。我が家の3歳児でも1時間かからずに登頂。

山道は、ある程度舗装されているのですが、前年に九州を襲った豪雨被害の爪痕が残るところも・・・。

現在、矢筈山キャンプ場管理運営委員会が中心となり、急ピッチで復旧しています。(緊急車両が通れる状態になるまでは宿泊キャンプの受け入れを休止中とのこと。)

昨年のゴールデンウィークに思いつきで、キャンプさせて頂いたのですが、使用料無料、テントも無料で貸し出ししてもらえるし、管理人さんはとても親切に案内してくれるし、至れり尽くせり。

こんな道を登っていきます

途中には、1~11までのウォークラリー用の看板もあり、子どもは見つけるのを楽しみに登りきることができました。

「矢筈山キャンプ場」の歴史

矢筈堡塁跡って知ってる?

そんな市街地からほどよく近い「矢筈山キャンプ場」ですが、歴史的にも価値のある場所なんです。

ここからが矢筈山キャンプ場の面白いところ

なぜなら、この矢筈堡塁跡があるため!

明治20年頃、伊藤博文首相と陸相大山巌の指示により、国家有事に備え関門の要塞として、つくられた陣地跡。

日清日露戦争での攻撃に備えこの砲台も作られましたが、 建設後すぐの終戦や海上戦となったことなどで、使われずに終わった砲台跡なんです。

武器庫や兵士部屋などなどが、キャンプ場内に状態よくのこっていて、まるで、秘密基地!

探検気分が楽しくなる♪うちの子は、水鉄砲片手に遊びました
子供たちは遊びところがいっぱい

映画のロケ地にも

そんな一風変わった特徴のある矢筈山キャンプ場、さらに驚きなのは、映画のロケ地としても利用されているんです。

いまや全国区で人気の博多華丸・大吉の大吉さんや…
奥田英朗著書「オリンピックの身代金」のロケ地として利用されたそうです

矢筈山は、標高266m。

取材時は桜が見頃でしたが、もうすぐ藤棚の季節になります。

藤棚越しの関門海峡の眺め、最高におすすめです。

天気の良い日に是非お越しくださいね
becte

becte

ライター

かんもんノート

かんもんノート

関門エリアの観光・グルメなどを発信するローカルメディア!

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして創刊したローカルメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとしグルメやイベントなどの情報を日々発信中!

この記事を書いたライター情報

かんもんノート

かんもんノート

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

かんもんノート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載