胸キュン!「菓匠右門 川越けんぴ工房直売店」のソフトクリーム

胸キュン!「菓匠右門 川越けんぴ工房直売店」のソフトクリーム

2020/01/26

東京・渋谷から1時間ほどで到着する小江戸川越。町並み外れた菓子屋横丁に入ってみると、珍しいカラーのソフトクリームを片手にする人たちが集まっているお店を発見。なんとそちらは芋けんぴ専門店!散策にぴったりの揚げたて芋けんぴと同じく人気のソフトクリームを、秋のお日様の下でいただきます!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

恋するお芋スイーツを提供する「菓匠右門 川越けんぴ工房直売店」って?

菓匠右門 川越けんぴ工房直売店へ
銘菓いも恋

さつまいもとつぶ餡を山芋ともち粉の生地で包んだモチモチの川越銘菓「いも恋」で有名な「菓匠右門」が菓子屋横丁通りに新しくオープンしたのが、今回立ち寄った揚げたて芋けんぴ専門店「菓匠右門 川越けんぴ工房直売店」です。こちらでは、いも恋の販売はなく、揚げたて芋けんぴとソフトクリームが販売されていました。

平日のお昼がおすすめ

スタッフさんが笑顔で呼び込んでくれるお店の窓口で注文をします。その窓口の後ろの方では直売場ならでは、揚げたて芋けんぴが販売されていました。揚げたてのいい香りに人だかりは絶えず、その芋けんぴと同じくらい大人気なのがソフトクリームで、こちらも注文する人の列はとぎれませんでした!平日のお昼頃訪れましたが、回転が早いのですぐゲットできました。

珍しい!紫芋ソフトクリームを実食

ミックスが一番人気とのこと

ソフトクリームは「紫芋・バニラ・ミックス」の3種類(各300円・税込)。黄色のさつまいもソフトクリームが多い中で珍しい紫芋フレーバーです!コーンのタイプと、さっぱりと最中に挟んだタイプとあり、ナンバーワンの人気は「ミックス」とのことで、迷わず並んでいただきました!

芋けんぴと最中が

バニラと紫芋の可愛らしいモコモコソフトクリームに、揚げたての芋けんぴがささっていて、この日は特別に「最中」も乗せてありました。

口当たりがふわっとしたソフトクリームのバニラはミルキーで、紫芋はうっすら淡い藤色ですが、それを覆すしっかりとした紫芋独特の甘さが広がってきます。お店の方のアドバイスで「最中はスプーンにして食べてください」とのことで、さっくりとした最中をスプーンにしましたが、コーンより軽い最中はソフトクリームとの相性もよく、美味しさにすぐなくなってしまいました。

けれど、ささっている芋けんぴが長いので、こちらにソフトを乗せていただきました。ポリポリの芋けんぴはソフトにしばらく浸かっていると、だんだん柔らかくなり、しっとり芋けんぴも美味です。紫芋ソフトと芋けんぴの新しいおいしい発見でした!

芋づくしの食べ歩きはいかが?

こちらもおすすめ

ちなみに、揚げたて芋けんぴは「密芋・塩・黒胡麻」と、食べ歩き用からお持ち帰り用までサイズも豊富でした。近くでは「菓匠右門」の熱々いも恋も販売されてて、至福の食べ歩き三昧ですね!もちろん筆者もソフトクリームの後に、ホクホクいも恋もいただきました。

川越に訪れた際は是非

菓子屋横丁は狭い通りなので、周囲の人に気を配りながらいただいて。タイムスリップしたような情緒ある景観の中、いも恋に続く新しいスイーツを片手に川越散策をしてみてはいかがでしょう。

[All photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載