なんばのバルでA5ランクの黒毛和牛ハンバーグを食す

なんばのバルでA5ランクの黒毛和牛ハンバーグを食す

2020/01/26

大阪・なんばにある「デル・ソーレ 道頓堀」は2014年にオープンしたイタリアン肉バルです。ディナーのみの営業でしたが2019年10月からランチ営業を始めました!目玉はA5の黒毛和牛を使ったハンバーグということで、ハンバーグ大好きなライターT(30代男性)が行ってきました。

ラプレ

ラプレ

「肉のプロ」が運営するお店

同店を運営する「みつる」は同ビルの2階~4階に「炭火焼肉 道頓堀みつる」を展開しており、黒毛和牛の1頭買いを売りにしています。

「焼き肉にしてもおいしいが、焼くと少し固くなる部位がある。それをおいしくリーズナブルに提供できないか」と考えた社長が、イタリアン出身のシェフを招き、倉庫として使っていた地下フロアを改装して同店を開きました。

入口では牛さんが出迎えてくれます
階段を下りていきます
肉とワイン棚

入ってすぐのところに肉の塊とワインが置かれています。ここまで大きい肉をみることがないので新鮮です。

店内

席数はテラス席合わせて60席。目の前には道頓堀川が広がります。

道頓堀川からみた外観

川のせせらぎを聞きながら食べる肉もオツなものですよ。

料理の登場

ランチはハンバーグやステーキを楽しめます

本日は「A5ランク 黒毛和牛 粗びきハンバーグ(180グラム)」(税込1,100円)を注文。ちなみにソースは「和風おろし」「トマト」「デミグラス」「クリーム」の4種類。和風おろしを選びました。
炭火で丁寧に焼き上げるため、15分ほどかかります。じっくり待ちましょう。

細長い俵型

これで完成と思ったら、スタッフがおもむろにナイフとフォークを取り出して・・・

目の前でナイフをいれてくれる!

目の前で半分に切ってくれます。

ジュー!

アツアツの鉄板にレアな部分を押し付けます。おいしそうな音が食欲をそそります。

和風おろしソースをかけて完成!

ソースが鉄板につくやいなや、立ち込める湯気と香り。旨いに決まっている。

いただきます

口の中に含んだ瞬間肉汁がとまりません。まさに肉の味。おろしとの相性も最高です。

ごはんにon

ご飯に味をしみこませて・・・・

最強にうまいやつ

肉汁と和風おろしが浸みたタレをご飯にかけてマズイわけがない。口の中は天国でした。

ナポリタンとともに

付け合わせのナポリタンもうまい。しかも鉄板の熱さで少し焦げて、カリっとなっているのがさらにgood。ちなみにサラダバーもついていますので、野菜食べ放題です。野菜もたくさんとりましょう。

いかがでしたか?立地も良く、手軽に最高ランクのA5が楽しめる、最高のお店でした。友人などと一緒にいくとより盛り上がりそうですね!

牛さんありがとう!ごちそうさまでした!

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載