隠れ家カフェのプリン・アラモード♡自由が丘「リゼッタ 」

隠れ家カフェのプリン・アラモード♡自由が丘「リゼッタ 」

2020/02/09

「カフェリゼッタ 自由が丘店」は、落ち着いた雰囲気が楽しめるブティック併設の隠れ家カフェ。自由が丘の中心からちょっと外れた所にあり、小鳥の鳴き声や緑に囲まれながら、のんびりとティータイムが過ごせます。自由が丘の喧騒を離れて、小休憩してみてはいかが?

ことりっぷ

ことりっぷ

参道からすぐ!喧騒から離れた場所にある静かなカフェ

広いテラス席が目印

自由が丘駅から徒歩4分、熊野神社の中を通って右に抜ける小道を進んだところにある「カフェリゼッタ 自由が丘店」。こちらは、「長く大切に使える洋服」をテーマに、生地から手作りするブランドショップ「リゼッタ」併設のカフェ。カフェでは、手作りと季節の食材にこだわった、フランスの田舎風のお料理やお菓子などがいただけます。

ショップインショップのブティック

固めのプリンの周りにはフルーツがふんだんに♪

「きんかんのプリン・ア・ラ・モード」(1030円)

メニューのなかでも人気なのが、季節のフルーツ1~2種類をふんだんに使った「プリン・ア・ラ・モード」(1030円)。プリンは、昔ながらの固めのカスタードプリンで、今の季節は、冬メニューの「いちごのプリンアラモード」と「きんかんのプリンアラモード」を味わえます。
「きんかんのプリン・ア・ラ・モード」は、熊本の果物農家「ハナウタカジツ」から直接仕入れたフレッシュで甘いきんかんをたっぷり使用。プリンと、練乳生クリームのみで味を加えた甘さ控えめの上品な味わい。乙女チックなグラスの器もとってもキュートです。

生菓子や焼き菓子もいっぱい!

「スコーン・ヴァニーユ」(680円)と紅茶「テ・リゼッタ」(750円)

バスク地方のシンプルなチーズケーキ「タルタ・デ・ケソ」(550円)などの生菓子や「スコーン・ヴァニーユ」(680円)などの焼き菓子も人気です。なかでも、「スコーン・ヴァニーユ」は、これをもとめてわざわざ遠くから足を運んでくれる人も多いとか。

「スコーン・ヴァニーユ」のテイクアウト(1個220円)

ハンドミキサーは一切使わず、すべて手づくり。外はガリッ、中はみっちりと目の詰まった独特の食感が楽しめます。ローズヒップペーストとバニラを合わせて作る自家製の野ばらのコンフィチュールと、とろっとした食感のドゥーブルクリームのやさしい味わいもたまりません。

生菓子や焼き菓子の一部はイートイン以外にもテイクアウトも可能。「スコーン・ヴァニーユ」は、1個250円でテイクアウトができます。週末限定に登場するお菓子(650円~)もあるので、気になる方はスタッフの方にお声がけしてみてください。

「本日のタルト・サレ」(ドリンク付き1450円、デザート付き1650円)

旬の素材で作るキッシュとサラダのセット「本日のタルト・サレ」(ドリンク付き1450円、デザート付き1650円)などランチメニューもあります。ドリンクは、珈琲や紅茶のほか、白ワイン、赤ワインも選べるのもうれしいところ。

テラス席

熊野神社に隣接し、自然をたっぷりと感じられる「リゼッタ 自由が丘店」。自由が丘の喧騒から離れてゆったりと過ごしたいとき、ぜひ訪れてみてくださいね。

※価格はすべて税込です。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載