熱海みやげの定番・阿部商店の温泉まんじゅうは蒸かしたてが美味

熱海みやげの定番・阿部商店の温泉まんじゅうは蒸かしたてが美味

2020/03/18

静岡県を代表する温泉地・熱海。ホテルや旅館が軒を連ね、温泉街の情緒漂う商店街や昭和レトロなお店、桜や梅、ジャカランダなど四季折々の花も魅力です。そんな温泉地のみやげの王道というべき逸品を、今回ご紹介しましょう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

全国菓子博覧会で大賞に輝いたこともある熱海の名物

遠く伊豆大島まで望めるという、「ホテルミクラス」の露天風呂。江戸時代に歴代将軍に献上された名湯・大月湯の源泉かけ流しを、絶景とともに満喫できます

サンビーチ沿いに佇むリゾートホテルで贅沢な時間を楽しんだ後は、熱海駅前平和商店街へ。風情漂うアーケード商店街の中には飲食店やみやげ店が数多く立ち並び、湯上がりの散策や食べ歩き、みやげ探しに最適。温泉地の定番、温泉まんじゅうを販売している店もたくさんあります。

赤い提灯の大きさにびっくり!

そんな商店街の第1号店として昭和35年に誕生したのが、温泉まんじゅうの老舗「阿部商店」です。店先に立ちのぼるアツアツの湯気が、温泉地を感じさせます。

手づくりの「いいらまんじゅう」(160円)は黒糖、抹茶、紫蘇の3種類

全国菓子博覧会大賞を受賞した「いいらまんじゅう」をいただきましょう。一緒に蒸されているまんじゅうと比較すると2倍ほどのサイズがある、「いいら」の焼き印があるまんじゅうが元祖なのだとか。通常の温泉まんじゅうが小さく見えます。

静岡弁で「いいでしょ」を表す、「いいら」の焼き印が妙にかわいい

\蒸かしたてをいただきます!/

「いいら」の焼き印がついた、ベーシックな黒糖をパクリ

黒糖の風味が口いっぱいに広がるふんわりとした皮が最高! 中は北海道産小豆を使った粒あんがぎっしり。しっかり甘くておいしいです。大きめサイズだからボリュームもあって小腹も満たされました。

ライターotama
ライターotama
「温泉街で食べ歩きといったらやっぱり温泉まんじゅう! できたてが食べられるなんてうれしいですね。今回は黒糖を食べましたが、紫蘇や抹茶も気になります」

取材・文=otama 撮影=guchico

※掲載の内容は2017年10月時点の情報に基づきます。
※2020年3月に店舗情報(住所、電話番号、営業時間など)、料金などの一部情報を更新しました。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載