美肌の湯・嬉野温泉のマストバイ!「橋爪菓子舗」の糸切り羊羹

美肌の湯・嬉野温泉のマストバイ!「橋爪菓子舗」の糸切り羊羹

2020/02/21

佐賀県の南西部に位置する嬉野温泉。九州を代表する温泉地のひとつで、「日本三大美肌の湯」にも選ばれた名湯です。とろとろの湯に浸かって極上の時間を満喫したあとは、懐かしい面影を残す商店街で、伝統の和菓子をみやげに買いませんか?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

温泉のお供にピッタリ!嬉野の抹茶と紅茶を練り込んだ逸品

嬉野温泉商店街から少し離れた、自然あふれる山あいにある「萬象閣敷島」。日帰りでは、大浴場、露天風呂、そして個性あふれる貸し切り露天風呂が8つも楽しめます

嬉野温泉に来たら、商店街の散策も楽しみの一つ。今回は、懐かしい面影を残した商店街の一角にある、「橋爪菓子舗」さんにやってきました。

創業 約90年の菓子の老舗「橋爪菓子舗」。東京にある名店「塩瀬総本家」で修業を積んだ初代店主が、この地でそののれんを引き継ぎました

温泉のお供にオススメなのが、バッグやポッケに忍ばせて、食べたいときに食べたい分だけいただける「糸切り羊羹」。味は茶羊羹うれしの紅茶羊羹の2種類で、どちらも1本330円です。

女子ウケするかわいいパッケージもグッド!
糸はパッケージについてるよ! あら、気がきく〜

キャップをはずして筒底から羊羹を指で押し、食べたいサイズまで羊羹を押し出したら、糸をクルリと回して切り落とします。すると、羊羹が「ころりっ」……。再びキャプをしておけば、また食べたいときに食べられます。まさに「携帯羊羹」。ほのかに香るお茶の風味が、なんだかホッとします。

ライターやす子
ライターやす子
「古きも新しきもどちらも楽しめる、嬉野温泉。リゾート感をたっぷり味わいぜいたくしつつも、心はほっこり和む。ステキな大人のオフタイムとなりました」

取材・文・撮影=やす子

※掲載の内容は2017年12月時点の情報に基づきます。
※2020年2月に店舗情報(住所、電話番号、営業時間など)、料金などの一部情報を更新しました。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載