露天風呂から雄大な太平洋を一望 海の恵み・いそざき温泉/茨城

露天風呂から雄大な太平洋を一望 海の恵み・いそざき温泉/茨城

2020/02/18

豊かな自然に囲まれた茨城県。港町の風情が残る阿字ヶ浦・磯崎で、海の恵みを満喫できる日帰り温泉をご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

爽やかな潮風を感じながら、太平洋を望む天然温泉へ

ローカル線が走る港町の雰囲気にココロが躍ります

茨城県ひたちなか市は、海水浴場おさかな市場、ネモフィラ・コキアの絶景で知られる国営ひたち海浜公園などの観光スポットが勢ぞろいする海辺のまち。県の天然記念物中生代白亜紀層にちなんで名づけられた「いそざき温泉ホテルニュー白亜紀」では、太平洋を一望する絶景露天風呂を日帰りで楽しむことができます。

海岸沿いの高台に建つ白亜の建物と灯台が目印

地元の方にも観光客にも愛される観光ホテルの日帰り温泉

開放的なロビーの先には、オーシャンフロントのラウンジが

日帰り温泉が楽しめるのは、午前10時から。ロビーにはチェックアウトを済ませておみやげを選んだり、「いそざき温泉」の垂れ幕の前で記念撮影をする宿泊客の姿も目立ちます。

笑顔で出迎えてくれるホテルスタッフ。左の女性が、今回案内してくれた布瀬さん
ホテルスタッフ 布瀬さん
ホテルスタッフ 布瀬さん
「当ホテルは平成2年にオープンし、開業当初から日帰り温泉も営業してきました。遠方からの観光客はもちろん、地元の皆さまにも長年親しんでいただいています」
ライター 伊藤
ライター 伊藤
「日帰り温泉の営業は、昼の部と夜の部に分かれているんですね。特に賑わうのは、やっぱり土日ですか?」
布瀬さん
布瀬さん
「日帰り温泉スタンプカードをご用意しており、メンズデーやレディースデー、風呂の日の26日はスタンプが2倍になります。スタンプ10個で次回のご入浴が無料になるので、それを楽しみに来ていただく常連のお客様も多いですね」
日帰り温泉のほか、食事でも500円利用ごとにスタンプがたまる。男性は火曜、女性は木曜がスタンプ2倍デー
タオルやかみそり類は、100円で販売されているので忘れてしまっても安心。バスタオルは150円でレンタルできます
ライター 伊藤
ライター 伊藤
「このアルミボトルはなんですか?」
布瀬さん
布瀬さん
「美容やアンチエイジングなどの効果で注目されている水素水の専用ボトルです。水素水サーバーは脱衣所にあり、1回100円でご利用いただけます。入浴前やお風呂上りの水分補給にどうぞ」
ライター 伊藤
ライター 伊藤
「あ、このタオルのイラストかわいいですね。なんのキャラクターですか?」
布瀬さん
布瀬さん
「当ホテルの運営会社が展開する『BIRD-KISS』のキャラクター『BIRD』です。白亜紀層の化石にちなんだ、ホテルオリジナルの『アンモナイトBIRD』もいるんですよ」
年末年始やゴールデンウィークには、「アンモBIRD」のぬり絵コーナーが登場します

湯上りもぽかぽかが続く 塩分たっぷり「熱の湯」を満喫

日帰り温泉は、ホテルのエントランスから左手へ向かった先にあります

それではいよいよ、自慢の温泉へ……

券売機で入場券を買い、のれんをくぐってお風呂へ。男湯女湯は入れ替えなしで、それぞれに内風呂と露天風呂があります。

ボディーソープやシャンプーは内風呂に用意されています
布瀬さん
布瀬さん
「温泉はナトリウム塩化物泉で、食塩泉とも呼ばれます。肌に付着した塩分のおかげで保温効果が高まり、湯上りもぽかぽかが続くので『熱の湯』とも呼ばれているんですよ」
ライター 伊藤
ライター 伊藤
「お湯の肌触りがなめらかで気持ちいいですね。塩の味がするんですか?」
布瀬さん
布瀬さん
「飲用泉ではありませんが、舐めるとしょっぱいですよ。ナトリウムイオン婦人病更年期障害を和らげる効果もあると言われており、女性にもおすすめのお湯なんです」
太平洋を一望! 露天風呂からの景色は開放感と爽快感抜群
ライター 伊藤
ライター 伊藤
「海が目の前! 最高の眺めですね」
布瀬さん
布瀬さん
「灯台の隣の階段から海岸へ下りることができるので、お風呂上りにぜひ海辺をお散歩してみてください」

新鮮な海の幸が堪能できる、海鮮グルメも楽しみのひとつ

無料で利用できる休憩所は、100名以上収容の大広間。食事も楽しむことができます

人気メニューは、鮮度抜群の「刺身定食」(1,100円)。数量限定メニューで水揚げの状況によってお休みになることもあるため、出会えたらラッキーです。そのほか、しょうが焼き、とんかつなどのお食事や、ソフトクリームも人気。

オリジナルの温泉の素をおみやげに、ご自宅でも湯上りぽかぽかの温泉気分を楽しんで
ホテルの建つ高台の下には、中世代白亜紀層の海岸が広がっています

布瀬さんの言葉通りいつまでも湯上りのぽかぽかが続き、お肌もすべすべ。海岸に下りて潮風と波の音に包まれながらのんびり過ごせば、身も心もじんわりほぐれて最高のリラックス気分をより一層味わうことができます。

▼温泉DATA いそざき温泉ホテルニュー白亜紀▼
・泉質:ナトリウム塩化物泉(高張性-弱アルカリ-低温泉)
・効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、慢性消化器病、慢性婦人病など
・風呂の種類:2種
・源泉風呂:なし
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):平日 大人500円、子供250円/土・日・祝日 大人700円、子供350円/夜間 大人400円、子供200円 ※3歳未満無料
・駐車場情報:有り、90台

取材メモ/海を目の前に臨む露天風呂と海鮮グルメ、そしてあたたかいおもてなし。日帰り温泉だけでなく宿泊利用を楽しむ地元の方も多いそうですが、それも納得の心地よさ。大満足の小旅行でした。

取材・文・撮影=伊藤 梢

月刊サクラサクライフ

月刊サクラサクライフ

毎月28日前後、無料

水戸市・ひたちなか市を中心に発行のポスティング型フリーペーパー。コンセプトは企画力で地域活性化。見逃しがちな地元の魅力も、企画や創造力で再構築し有力なコンテンツにすることを目指す。183000部発行。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載