肉食女子・マーヤが認定! 福島県北の「肉ラーメン」5選

肉食女子・マーヤが認定! 福島県北の「肉ラーメン」5選

2020/02/14

タウン誌「シティ情報ふくしま」編集部きっての肉食女子・マーヤも大満足! 福島市・二本松市で食べられるとっておきの「肉ラーメン」を紹介。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

甘みと旨みがジュワ~。噛む喜びにあふれる!

「ぶたバラちゃあしゅうめん」(900円)

脂身のプリッとした食感と甘みを堪能できる豚バラチャーシュー。厚切りなので、噛むほどに旨みがあふれる。伊達鶏を用いたスープと合わされば、香りとコクが段違い! 器を覆うほどたっぷり乗って、肉の満足度も抜群だ。

箸で簡単に切れちゃう、感動のホロホロ食感

「角煮一凛花」(1,000円)

文字通りの看板メニュー「一凛花」は、豚骨と鶏ガラからダシをとった濃厚スープが特長。そこに食べ応え満点の分厚い角煮をトッピング。じっくり煮込んだ角煮が、口の中でとろける~! 自家製の中太麺に絡めて味わおう。

最後の炙りが決め手! 香ばしさがそそる

「炙り肉味噌麺」(715円)

3種類のみそを使った看板ラーメンの上に、炒めたみそ漬け豚肉をドサッ!! トッピング後に炙ることで、香ばしさUP。鶏ガラ・ゲンコツベースのスープに、みその風味と肉の旨みが加わり、さらに濃厚で深い味わいを楽しめる。

大きな豚バラ肉が口の中でとろける~!

「特製叉焼麺(しょうゆ)」(1,100円)

学生を中心に人気を集める一杯。豚バラを大きめにカットしたチャーシューは、トロトロの口どけ。濃厚スープとボリュームで満足感も充分。もやしと平太麺を絡めていただこう! 他、みそ味と塩味もあり。

バラ、モモ、カブリ、3種の焼豚がドーン!

「焼豚中華」(950円)

スープも麺もすべて手作りにこだわる白河ラーメンの人気店。無化調の鶏豚スープの優しい味わいが、平打ち縮れ麺によく合う。炭火焼きにされたバラ、モモに加え、カブリチャーシューが鎮座。味の違いを楽しもう。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載