熊本・阿蘇・人吉のオススメ古民家れすとらん!vol.2

熊本・阿蘇・人吉のオススメ古民家れすとらん!vol.2

2020/02/13

風情のある空間。そんな古民家が残す味わい深い雰囲気の食事処が登場。ゆっくりくつろげるひとときが過ごせる熊本・阿蘇・人吉の古民家レストランをご紹介します。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

熊本・阿蘇・人吉のオススメ古民家れすとらん!vol.2

だいこんや

高森駅から車で5分ほどの国道325号線沿いにあるお店です。築150年の古民家を、柱や梁はそのままに、昔の面影を残しながら16年前に移築・改築してできました。店内では、特注でつくられたという一枚板のテーブルがどっしりと存在感を放っています。

おすすめのメニューは店長の本田さん自ら自家農園で栽培をしているという、野菜をたっぷり使った「だいこんや定食」

「土をきちんとしな いとよい作物はとれない」というこだわりのもと、土作りにも気を使い、野菜やお米を栽培しています。セットに付いてくる高菜は、高菜ごはんに使われる高菜漬けで、もちろん自家製。炒めずに生の高菜を使っているので、本来の高菜の風味が楽しめます。天ぷらや小鉢、だんご汁に使われる野菜の内容は、その日の収穫状況で変わり、旬の野菜を味わうことができます。

昔ながらの素朴な味わいの店内。懐かしさあふれる設え。使い込まれた囲炉裏が歴史を語る

なごみ野

木々が茂る中に佇むこのお店は、10年ほど前に、明治時代に建てられた築約100年の古民家を移築・改築してつくられたものです

梁や天井、戸板などが昔のおもかげを残しています。おすすめは、「だご汁&たかなめしセット」。野菜たっぷりのだんご汁は、鶏がらベースのスープに野菜の旨みがしっかりと溶け込んだどこかほっとする優しい味。使う野菜の ほとんどは、近くにある自家菜園で無農薬栽培したものを使っています。そんな野菜の風味をしっかり楽しんでもらいたいと、野菜は大き目にカットされていて存在感も抜群。もちもちした食感のうどん風の手伸ばしだんごとの相性もぴったりでボリュームもたっぷりあります。近くには無農薬栽培のブルーベリー畑もあり、7月下旬から8月までは、甘い果実を試食しながら、収穫体験をすることができます。

ガラス戸から見える緑が眩しい趣のある陶器などの販売もある。店内の至るところに、花などが生けられ和ませてくれる。

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載