“地域&球団密着型”広島の有名焼き鳥店が海外進出していた?

特集

カープが大好き!

2016/10/11

“地域&球団密着型”広島の有名焼き鳥店が海外進出していた?

広島で30年以上、営業を続ける焼き鳥の名店「カープ鳥」。リーグ優勝の翌日には記念セールとして、県内の13店舗全てで「焼き鳥&ドリンク全品無料」サービスを実施し、各店には長蛇の列ができたといいます。そんな大注目の「カープ鳥 本店」の前田秀文店長にお話を伺いました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「全品無料」の優勝セールに予想以上にお客さんが殺到! その時、店長が打った秘策とは?

繁華街・薬研堀にあるカープ鳥本店。場所柄、女性は「ちょっと近づきにくいかも」と感じてしまいそうだが、営業時間には多数の「カープ女子」が詰めかける

今年、四半世紀ぶりにリーグ制覇を果たした広島東洋カープ。優勝を決めた東京ドームからの吉報に、広島市民が湧く様子も盛んに報道されました。そんな地元ファンの憩いの場となっているのが、焼き鳥店「カープ鳥」。市の中心部・薬研堀に構える本店を筆頭に、市内外に14店舗を展開しています。そのフランチャイズの中には、長内孝さん、木下富雄さんといった元カープ戦士の店長も。

とりわけカープ鳥が注目を集めたのが、リーグ優勝の翌日、9月11日に実施された「焼き鳥&ドリンク全品無料」のサービス。太っ腹な試みに、多くのお客が集まったのはもちろん、テレビを始めとするメディアでも取り上げられました。しかし、そのウラにはご苦労もあったそうで……。


――話題にもなった優勝翌日の「焼き鳥&ドリンク全品無料」のセール。それにしても、随分と思い切ったことをされましたね。

前田さん
前田さん
ハハ(笑)。これまで支えてくれたお客さまへの感謝を表したい気持ちが大きかったですから、これくらいの還元は……。あの日はねぇ、午後2時くらいにお店に来たときには、もう人が並んでましたよ(笑)。オープン前になると50人以上おったかな……。うちのお店は40席ちょっとしかないのに(苦笑)。

――みなさんで優勝の喜びを味わいたかったんですね。

前田さん
前田さん
ありがたい話ですよ。でも、並んでるお客さまをそのままお店に入れて、通常の流れで段取りしてたら、料理が間に合わんでしょ。あとで「全然料理を出してくれんかった」とか、苦情をネットに書かれてしまうかもしれんけぇ(苦笑)。

――タダなのに(苦笑)。

前田さん
前田さん
とにかく僕らの感謝の気持ちが誤解されとうなかったんです。そこで、お客さまが並んでるうちに注文を聞いて、お店に入るときにはすでにドリンクと料理が席に置かれている状態にしたんですわ。

――素晴らしいオートメーションですね。最終的には、どれほどのお客さんが来られたんですか?

前田さん
前田さん
160〜180人くらいかのう。予定では午後9時に終わらせる予定じゃったけど、その時点でまだお客さまは並んどったんよ。「終了の時間ですので、閉店させていただきます」とは言えんでしょ。ちゃんと、最後の1人までお店で食べていただきましたよ。
営業前の店頭での前田さん。カープ鳥に戻ってから今年で丸30年を迎えるが、若い来店客、そしてスタッフにも、気さくに振る舞う

――仮にカープが日本一になったら、またサービスを?

前田さん
前田さん
まだ何をやるかは決めとらんけど、日本一になったらまたなにかやらせてもらうつもりです。今、それを検討していますよ。

これはファンにとっては嬉しいお言葉です。ますます、カープへの応援の熱が上がりますよね!

カウンター席に座るなら、「ホームラン賞」を狙おう!

大好評に終わった優勝記念セールでしたが、カープ鳥は通常のシーズン中でも、こんな面白いサービスを行っているそうです。

――カウンター席には、選手の名前が書いてありますね。

前田さん
前田さん
そうそう、これにもちゃんと意味があるけぇ! たとえば、試合中にエルドレッドがホームラン打つとすると、「エルドレッド」と書いた席に座っているお客さまには焼酎を一杯「ホームラン賞」としてサービスするんよ。
この席は「エルドレッド」だが、ほかのカウンター席も同様に野手の名が冠されている。試合のある日は、活躍しそうな野手の席を選んで一生懸命、応援するというのもアリ

――じゃあ、お客さまは楽しみながら席を選べますね。

前田さん
前田さん
ほじゃ。あとは、ホームラン賞を獲った隣に座るお客さまが、「ホームラン賞? ワシは誰の席じゃ? 天谷!? 今日は(試合に)出てないけえの……」と残念がってくれることもあるけん。皆さん、楽しんでくれてますよ。
こちらが焼き物のメニュー。「男気コース」はメジャーから復帰したあの大投手から取ったもの。また、「ヒゲの木下」「長内」はそれぞれ、元OBで現在はカープ鳥の店長を務める木下富雄さん、長内孝さんのこと

また、それぞれの焼き鳥に選手名を冠しているのも、カープ鳥の特徴。たとえば、永川勝浩投手は「手羽先」、鈴木誠也選手は「笹身」といった具合。また、「コージ(山本浩司、商品は「つくね」)」や「オーノ(大野豊、同「ナス」)」など往年の名選手の名前も……。

――商品名は、スター選手が並んでいますね。

前田さん
前田さん
ほじゃが、ただ単に有名選手やレジェンドを並べてるだけじゃないんです。たとえば、西川龍馬(商品は「肝」)。彼は今年入団したわけじゃけど、ドラフトは5位と下位指名。ほいでも春のキャンプで、木下(木下富雄 現「カープ鳥 きのした」店長)さんが「あいつは伸びる」と、一緒に視察していたうちのオーナーに言って、メニューに加えたんです。反対に、ラインナップから外れてしまいそうな選手もおるけどね(苦笑)。
カープ鳥の「球酒」(お酒のメニュー)。「生ビールがスライダーなのは『“キレ”があるから』、冷酒のスクリューは『ほかのお酒より“落ちて”しまうから』というのが理由です」(前田さん)

なんと、シーズン前のキャンプを視察して、ラインナップに加える選手を決めているというこだわりよう。また、一時は輝きを放った選手でも、二軍生活が長く続けば、カープ鳥のメニューからも“ラインナップ落ち”してしまう場合もあるというわけです。ちなみに、生ビールは「スライダー」、冷酒が「スクリュー」というように、球種ならぬ「球酒」で、お酒にもひねりのある名前がつけられています。

洒落たネーミングのメニュー。何を選ぶか迷ったら、まずはこちらのおトクな男気コース(焼き鳥9本セット、税抜1500円)がオススメ

カープがセリーグで大躍進するウラで、なんとカープ鳥は海外進出!

お店の秘密を惜しげもなく教えてくれた前田さん、実は創業時の野球鳥(現・カープ鳥)を知る人物でもあります。

前田さん
前田さん
もともとは学生時代、創業時の「野球鳥 総本店」にアルバイトとして入りました。大学卒業後は、サラリーマンをやったこともあったんじゃが、縁あって、また、オーナーの仲間を大切にするところに惚れ込んで、野球鳥に戻ってきたわけじゃね。
カウンター内の厨房に設けられた生け簀は、スコアボードの役割を兼ねたもの。もちろん、前田さんたちは調理・接客優先なので「忙しくなると、お客さまがスマホで見た経過を教えてくださり書き足しています」とのこと

――広島県内に13店舗展開しているというカープ鳥さんですが、オーナーさんってどんな方なんですか?

前田さん
前田さん
牟田和美という人です。後ろにある写真の人(写真下)じゃね。僕の大学の先輩でね、「サラリーマン生活は考えられん」いうて、大阪や広島市内の焼き鳥店で修行を積んだ後、野球鳥を立ち上げました。
店内に掲げられたオーナーの牟田和美さん(右)と古葉竹識元監督を写した一枚

――今、オーナーがお店に立たれることは、さすがにないですよね。

前田さん
前田さん
いや、この前の優勝セールは、手伝ってくれましたよ。今は、ハワイに行っとるけど。

――ハワイ……ということは、一息ついて、ご旅行ですか!?

前田さん
前田さん
違う違う(笑)。仕事よ。実は、今年の6月に「カープ鳥 Hawaiiアロハスタジアム」をオープンしたんです。アラモアナセンターのフードコートに。今、牟田さんはそっちにつきっきりじゃ。「CARP LOVE」など合言葉をいうと、一品サービスすることもあるから、ぜひハワイのお店にも足を運んでみてください。
店内に飾られた“鉄人”衣笠祥雄さんのユニフォーム。ほかにも店舗入口に、山本浩司さんの「8」の背番号が入ったユニフォームが、神々しく飾られている

今年のカープ大躍進の裏で、なんと海外進出を果たしていたカープ鳥。なお、Hawaiiスタジアムの合言葉を始め、各店舗の最新情報はオフィシャルFacebookページ(関連リンク)に掲載されています。広島、そしてハワイに行ったら、ぜひカープ鳥を訪れてみてください!

取材・文/藤麻迪

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES