湯畑をイメージした、プリンが話題♪「草津温泉プリン」

湯畑をイメージした、プリンが話題♪「草津温泉プリン」

2020/02/16

群馬の人気温泉地・草津温泉に、そぞろ歩きにぴったりなスイーツがあります。ショーケースの中には、草津温泉のシンボル・湯畑をイメージした色のプリン、“風呂マージュ”プリンなど、ひと味違ったプリンが揃います。草津温泉初となるプリン専門店で、おいしい思い出を作ってみませんか。

ことりっぷ

ことりっぷ

湯畑すぐの場所にプリン専門店がオープン

エメラルドグリーンの湯畑源泉

毎分4000リットルもの自然湧出源泉が湧き出す、草津温泉。もくもくと白い湯けむり漂う湯畑は、草津温泉を代表する観光名所です。湯畑とは、源泉温度が高い草津の湯温を調整したり、湯の花を採取するためのもの。50度~90度前後の源泉は、7本の木桶で冷まされながら枝分かれし、各温泉宿や共同浴場へ。湯畑周辺は、辺り一面が真っ白になるほどの大迫力です。

モダンな外観の草津温泉プリン

「草津温泉プリン」があるのは、にぎやかな喧騒の湯畑から一本奥に入った細い路地。温泉まんじゅう屋さんが軒を連ねる「西の河原通り」沿いに面しています。

草津らしさをかわいくアレンジしたフォトスポット

店先には、草津の思い出をシェアできるフォトスポットも。湯もみで使われるような大きな板や、木の桶、手ぬぐいは、自由に使うことができます。愛くるしいプリンのキャラクターと一緒に、たくさん写真を撮ってくださいね。

プリンはすべて店内で手作り

ひとつひとつ手作りのプリン

「草津温泉プリン」では、美味しい状態のプリンを届けるため、店舗併設の調理場で毎朝ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

プリンに欠かせない牛乳は、口当たりがよくプリンと相性がいい、群馬県産の榛名牛乳を使用。さらに、マダカスカル産の高級バニラビーンズを惜しげもなく使い、プリンの味と香りを引き立たせています。

多い日には1日1000個売れることもある「草津温泉プリン」

定番は、湯もみプリン、湯畑プリン、風呂マージュの3種類。それに、季節限定味のプリンが加わります。 追い求めたのは、小さな子どもからお年寄りまで、幅広い年代に愛されるなめらかプリン。じっくり時間をかけて蒸し上げることで、繊細でとろりとした舌触りになるのだとか。

開発に半年以上をかけた、看板メニュー「湯畑プリン」

「湯畑プリン」(400円/税込)

最も人気が高い「湯畑プリン」は、草津のシンボル・湯畑の色をラムネ味とメロン味をミックスさせたジュレで再現。試行錯誤しながら半年以上かけたこのプリンは、色のコントラストがフォトジェニックです。プリンとジュレを混ぜ合わせて食べると、濃厚な味とさっぱりとした味の両方が楽しめますよ。

「湯もみプリン」(400円/税込)

シンプルにプリンの味を楽しむなら「湯もみプリン」を。こちらは、草津の熱い湯を板でかき回して冷ます「湯もみ」をイメージして作られました。一口食べてみると、濃厚でクリーミーな仕上がりです。

クリームチーズをたっぷり使った「風呂マージュ」

「風呂マージュ」(450円/税込)

「草津温泉プリン」で見逃せないのが、「風呂」と「フロマージュ」の言葉をかけあわせて生まれた「風呂マージュ」。

こちらは、定番のプリンに北海道産の厳選したクリームチーズをたっぷり加えたもの。甘酢っぱいいちごのジュレがアクセントとなり、フレッシュな果実味も楽しめます。

「オリジナル保冷バッグ」(400円/税別)

また、プリンを10個以上購入すると、オリジナルの保冷バッグに入れて持ち帰ることができます。バッグは有料で購入できますので、まとめ買いする時にも重宝しますよ。

草津温泉プリン各4種

味も見た目もいいおしゃれな「草津温泉プリン」は、別腹で楽しんでもいいですし、お土産にしても喜ばれるはず。草津へ来たら、話題のスイーツを楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載