草津温泉で見つけた♪地元で愛されるティールーム「ゆきうさぎ」

草津温泉で見つけた♪地元で愛されるティールーム「ゆきうさぎ」

2020/02/21

群馬を代表する温泉地、草津温泉。観光名所・湯畑と草津バスターミナルの間に、隠れ家のようなティールーム「ゆきうさぎ」を見つけました。素敵なインテリアに囲まれた店内では、おいしい紅茶と、自家製スイーツが楽しめます。温泉で温まった後は、ゆったりティータイムを過ごしてみませんか。

ことりっぷ

ことりっぷ

木のぬくもりあふれるティールーム

ティーポットが描かれた看板が目印

草津温泉のバスターミナルから歩いて1分。湯畑へ下る坂道の途中に「ゆきうさぎ」はあります。お店はにぎやかな中央通りの奥まった場所にあり、どこか隠れ家のよう。

2018年12月にリニューアルを終え、広々した店内に

店主の宮本さんはもともと紅茶が大好きで、2002年、ティールームとケーキのお店をオープンさせました。その後、県外からもファンが訪れる人気店となり、2018年に大幅リニューアル。広々とした店内は、木のぬくもりにほんわか明るい雰囲気が漂います。

店主の宮本さん

「ほんのひととき、日常の喧騒から離れて、ゆったりとくつろいでもらえたら」と話す、宮本さん。その優しい笑顔が、訪れた人をさらに癒してくれます。

開店当時から使われている、イギリス製のミシン脚テーブル

カリモクのソファ、イギリス製のアンティーク家具など、宮本さんの好きなものを集めた家具がずらり!「ゆきうさぎ」に来たら、どこに座ろうか迷うのも楽しみの一つです。

ネパールで一つ一つ手作りした雑貨は、一年を通して人気の商品

お店の一角には、メイド・イン・ネパールの雑貨やポーランドの食器、寒い季節にあると嬉しい首元を温めるストールなど、センスのいい小物が並びます。お茶を待つ間に、お気に入りを探してみるのもいいですね。

そして、宮本さんが厳選した本が、ティータイムをより贅沢な時間にしてくれます。

本に没頭して、ついつい長居してしまうお客さんも多いとか

草津の観光ガイド、小説、料理雑誌、絵本など、本の種類はさまざま。忘れられない一冊を見つけるのも、このお店の醍醐味です。

ポットサービスでたっぷり紅茶を味わって

キュートなウサギがついたオリジナルのティーポット&カップ

紅茶は茶葉と香りにこだわり、インド、スリランカ、中国など世界各国から厳選した茶葉を宮本さんが実際に試飲して、本当においしかった紅茶だけを提供。ダージリンやウバ、アッサムなど常時7種類が楽しめます。カフェインが苦手だったり、妊婦さんや授乳中の方に喜ばれる「デカフェ」もあるので安心ですよ。

茶葉本来のおいしさを味わうなら、ストレートティーを。豊かなコクと心地よい渋みの「アッサム」、茶葉の中に乾燥したバラの花びらが入っている「ローズティー」など、ティールームならではの幅広いラインナップで紅茶を楽しめます。また、通常の3倍の茶葉を煮出しして作るミルクティーは、紅茶の香りがしっかりと楽しめる味わい。どれも、ポットサービスでたっぷり楽しめるのが魅力です。

自家製カステラにフレッシュクリームをサンドした「クリームカステラ」(400円/税込)

紅茶と一緒に味わいたい自家製カステラは、フワフワでしっとり!粉と卵にこだわり純正はちみつを入れて、丁寧に焼き上げています。紅茶との相性も良く、ステキなマリアージュを楽しめますよ。

「スコーン」は1皿2個フレッシュクリームとジャムを添えて(550円/税込)

そしてアフタヌーンティーの定番、手作りスコーンも販売。バターの風味いっぱいで、紅茶に合うと大人気です。

体に優しい野菜たっぷりミネストローネ

「スープセット」(1350円/税込)

ランチタイムに訪れるなら、「スープセット」がおすすめ。野菜をたっぷり使ったミネストローネには、スコーンや紅茶のほかに、ミニクリームカステラとヨーグルトなどスイーツも盛りだくさん。ゆっくりおしゃべりを楽しみながら、優雅なひとときを過ごせますよ。
草津温泉の新名物になりそうなふわふわカステラ。午後の素敵なティータイムを薫り高い紅茶と一緒にいかがですか?

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載