焼肉100日連続生活した男が教える「肉の日」必食の牛タン3選

焼肉100日連続生活した男が教える「肉の日」必食の牛タン3選

2020/02/28

うるう年である2020年の2月29日は4年に1度しかない2月の「肉の日」。そんな特別な日に食べたい肉とは? 100日連続で焼肉店を食べ歩いたフォーリンデブはっしーさんが教えてくれました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

今の焼肉界は“タン”がアツい!

今のお肉のトレンドって? もうすぐ2月29日=「肉の日」ということもあり、肉を楽しむグルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしーさんに教えてもらいました。

\教えてくれるのはこの人/

テーブルに広がるタンを前に笑みがこぼれるはっしーさん
フォーリンデブはっしー

フォーリンデブはっしー

グルメエンターテイナー

フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「昨(2019)年、僕は焼肉をさらに追求したいと思って100日連続で焼肉屋を食べ歩いたんです。そうして感じたのがタンに新時代が到来しているということ。今はいろんなお店が趣向を凝らしたタンの食べ方を提案しているんです」

100日連続で焼肉……食への探究心に感服すると同時に、得も言われぬ怖さを感じるのは私だけだろうか……? ともあれ、そんなはっしーさんならうまいタンを教えてくれるのは間違いないはず!

【1】ネギタン ホルモン寺山(五反田)

エンターテインメントな味付けの3種のネギ牛タン

絶妙な焼き加減のネギタンは、はっしーさんの作品。100日連続で焼肉店に通った男は焼くのも上手だ
説明はあと。まずは肉を楽しむ
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「う〜ん、デブリシャス! さて、こちらの『ネギタン ホルモン寺山』さんは、2019年9月17日にオープンしたばかりの牛タン界の超新星。店主は有名店を渡り歩いた華麗なる経歴の持ち主で、肉の仕入れ力もあり、カット、味付け、センスもすばらしいです」

「ネギタン ホルモン寺山」では、そんな店主の技術を総動員して作られた「究極のネギタン」が食べられるという。

\こちらがその究極ネギタン/

(手前から時計回りに)「からすみネギタン(2680円)」「黒胡椒ネギタン(2280円)」「うめしそネギタン(2380円)」(各1人前)
皿に牛タンを広げて具材をのせていく
ここで登場するのがネギ。この細かさがお店の牛タンメニューの特徴に直結している
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「注目はまるで粉雪のようなネギ。肉汁と交わりながら滑らかな食感を楽しめます。これは一般的なシャキシャキ系では味わえない斬新さですね」
そんな粉雪のようなネギを皿いっぱいに敷き詰めていく
大葉と刻んだ梅肉がのっている「うめしそネギタン」は見た目のインパクトが絶大
具材を挟んで片面につき1分ずつがスタンダードな焼き方
具材を包んだままでパクリといただく
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「店主が厳選した梅は、熱しても爽やかな酸味が生きています。梅の酸味がレモンみたいに効いていて、しそも牛タンに和の趣を演出してくれる。コリコリ食感もおもしろい。牛タンにレモンじゃなくて梅の時代が来るかもしれませんよ!」
はっしーさん「どんどん食べて次にいきましょう!」
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「タンやハラミなどはホルモンに属するので、カルビやロースなどの正肉とは流通が違うんです。だから、正肉がおいしいと評判の焼肉店がタンもおいしいとは必ずしも言えない。そういう意味で、こちらのタンは、ホルモン店ならではのすばらしい流通ルートをお持ちなんだと思います」
これまたユニークな見た目の一皿
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「からすみ大根を意識した『からすみネギタン』です。からすみって……お酒が進むこと間違いなしですね」
具材を包むように折りたたむのがポイント。ネギもたっぷり包みたい
具材がこぼれないようにすると自然に片面焼きになる
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「折りたたむメリットは具材をこぼさないためだけではありません。折りたたんで焼くと、中でネギが蒸されるので甘みがアップするんですよね」
あまりのうまさに昇天しかけ、ボヤけて見えるはっしーさん
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「カットしたからすみの薄切り、からすみパウダーに、大根の薄切りを忍ばせることでシャキッとした食感も加わり、香りとの相乗効果も楽しめます」
3皿目は「黒胡椒ネギタン」
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「これまでの2つの上品な味付けとは打って変わってジャンクに食べるネギ牛タンです。黒胡椒とフライドオニオンが入っています」
はっしーさん「まさにこのおいしさ、デブリシャ〜ス!」
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「中でも梅は必ず食べてもらいたいイチオシメニューです。梅とタンがこんなにも相性がいいなんてびっくりしました」
店主の小寺さん
店主の小寺さん
「実はうめしそとからすみは、ごま油じゃなくオリーブオイルを使っています。ごま油だと風味が飛んでしまう。そうした試行錯誤も含め、まかないで日々試すことで誕生しているんです。だからボツになったタンメニューも多いんですよ(笑)」
絶品焼肉に集中できるシンプルな内装の店内。2名、4名、6名テーブルがある
お店はJR五反田駅から徒歩2分の場所にあるビルの4階。少し分かりづらいが、すぐ隣でドン・キホーテがオープンに向けて工事中だったので、いずれはそれを目印にして向かうのがいいかも

【2】神楽坂の焼肉ここから 美風(神楽坂)

これぞ新手法! まるで巻物のような牛タン

タンをくるっと巻いてニラで縛る。食べる前からこれまでの牛タンとは一線を画すことが明らかなビジュアルだ
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「『これがタンなの?』とびっくりのビジュアルですよね。『美風(びっぷ)』の『ネギタン塩』は、僕のインスタで『2019年のいいね!数ベスト5』に入ったほどの要チェックメニュー。鮮やかで写真映えもするし、味以外にも魅力がありますね」
「伝説盛り」で有名な「焼肉ここから」の神楽坂店
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「約20店舗を展開する『焼肉ここから』ですが、新時代を感じさせるネギ牛タンは神楽坂店でしか提供していないんです」
1階は4名席と6名席。2階には個室もあり、有名人も通っている
「焼肉ここから」といえば、この「伝説盛り」で有名
「伝説盛り」の中でも極厚タンは人気が高かったが、それを超えるメニューとして期待され登場したのが、神楽坂のお店限定の「ネギタン塩(1408円)」
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「最近はタンの中にネギを詰める手法が注目されています。ネギタン塩といえば上にのせるのが通常。タンをたたんで蒸し焼きのように食べるためです。『だったら最初から包んじゃえばいいじゃん』というのがこちらのお店の発想なんですね」
巻いてあることで中面を焼くことができない。お店としては、片面だけを焼いてジューシーな牛タンを食べてほしいという思いがあったため、巻いて提供する牛タンメニューを生み出したという
巻いたタンの中面に、ほんのりピンク色が残った状態で出来上がり
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「肉を縛るのは、盛岡の人気焼肉店『大同苑』が有名です。東京でも、それにオリジナリティーを加えたようなメニューが増えてきました。結んでるからこそネギが瑞々しく、タンの肉汁と妖艶に混じり合う。その一体感を味わってもらいたいです」

お店の人によると、そもそも独自に開発されたため、他店の縛る牛タンは知らなかったそう。

スタッフの古平さん
スタッフの古平さん
「牛タンをもっとおいしく召し上がっていただくために牛タンを巻く発想が生まれました。そこからは、どうやったら食べやすいか、きれいに巻けるのかを考え、柔らかく湯引きしたニラで巻くところに至ったんです」
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「確かに、『大同苑』さんと比べると『神楽坂の焼肉ここから 美風』さんの方が、肉の厚みがありますし、だからこそ縛り方も違います。肉々しさや、ネギとの一体感も演出され、独自性がしっかり現れています」
通常の牛タンと比べて明らかに分厚い「上タン塩(1738円)」も提供している
こちらは食べ応えが抜群。がっつりいきたい人におすすめ

ちなみに、神楽坂店など何店舗かは残念ながら対象外だが、2月29日に2900円食べ放題フェアの実施が決まったとのこと。詳細は「焼肉ここから」の公式HPをチェック!

【3】月島焼肉 牛タン処 兎月(月島)

多彩な食感が楽しい大判カットのタン焼きすき

高級料亭を思わせるビジュアルの「タンすき(黄身だれ)」(1280円)
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「こちらはホルモン界で名の知れた店主が2019年にオープンしたお店で、厳選した鮮度抜群のホルモンや、タンを使った多彩なメニューが楽しめます」
月島駅から徒歩3分。ビルの2階に店を構える「月島焼肉 牛タン処 兎月(うつき)」
シックな造りの店内
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「こちらのお店は前菜ならぬ前肉にもこだわってるんです」
おろしポン酢でさっぱりいただくホルモンの竜田揚げ「ホルタツ(780円)」は軽い食感。主役の牛タンの前にこちらで軽く一杯というのもいい
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「そんなホルモンのスペシャリストである店主が、新店で誕生させたのが牛タンの焼きすき(すき焼きのようなタレと生卵で食べる焼肉)なんですね」
大判にカットした牛タンを炙り焼きする
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「通常、タンは縦切りにして提供するお店が多いですが、こちらのお店は横切り。そうすると、タン先部分はコリコリ、タン元部分は柔らかくてジューシーという、異なる魅力が1枚で味わえるんです」
代表の横関さん
代表の横関さん
「いろんなお肉屋さんにバックアップいただいて、豊富な種類のタンを扱えているのがうちの特長です。タンを横にカットする店は他にもあるんですよ。ただ、同じことをしてもおもしろくないから、焼きすきという新しい形を提案させていただいたんです」
タンの両面が軽く焼けたらクルクル巻いていく
焼き上がったタンは巻いたままで、黄身を軽く溶いた甘辛いタレにくぐらせていただく
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「柔らかいんだけど弾力ある、タン独特のしっかりした歯応え。そこに、甘じょっぱいタレと卵のまろやかさが加わったバランスがすばらしい! ロール状にすることで、1枚肉なのに食感が変わるのもおもしろいですね」
代表の横関さん
代表の横関さん
「タン料理のバリエーションは、全国的に見てまだそれほどないので、これからも新しいタンの食べ方を提案していきたいですね」

\いかがでしたか?/

はっしーさんが教えてくれた牛タンメニューはどれも絶品だった
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「近年はずっと肉ブーム! おいしさを追求しつつ、見た目、味付けのユニークさ、多様さなど、多方面から焼肉がもっと盛り上がるはずです。そんな中でも誰にでも好かれる牛タンは、みんなを幸せにしてくれる。つまり、牛タンは『ハッピーターン』なんです。ぜひ今年は進化系の牛タンに注目してください!」

\関西の注目タンがこちら/

ちなみにはっしーさんが「関西在住の人ならこっちがおすすめ」とさらに教えてくれたのが「YAKINIKUEN忍鬨(にんぐ)」(大阪・心斎橋)の「厚切りネギ包みタン 」。画像ははっしーさんのインスタより
フォーリンデブはっしー
フォーリンデブはっしー
「僕のインスタで2019年に最もたくさんのいいね!(2020年2月時点で約1万6000いいね!)がついたのが『YAKINIKUEN忍鬨(にんぐ)』さんの『厚切りネギ包みタン』です。関西在住の人はこちらに行ってみてはいかがですか?」

取材・文=井上良太(シーアール)、撮影=小林岳夫

\来たれ、焼肉狂/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載