おいしい宮崎のランチ旅!県北・県央編①

おいしい宮崎のランチ旅!県北・県央編①

2020/02/27

おいしいランチを求めて、出かけてみませんか。楽しいドライブのお供に、素敵なランチスポットをご紹介します。ちょっと遠出して、普段とはちがうランチタイムをどうぞ!!

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

おいしい宮崎のランチ旅!県北・県央編①

Buon Piatto

写真のランチメニューは本日のおすすめランチ1600円。スープ・サラダ・メイン・パンorライス、デザート、コーヒー等

ホテルシェフとして長年腕をふるってきた甲斐敏且さんによる洋食店。店名は「よいお皿」すなわち美味しい料理の意。「いいものをリーズナブルに提供し、駅前の活性化にもつながれば」と語ります。その日の食材で内容の替わる「本日のおすすめランチ」。この日のメイン、豚肩ロースのカツレツチーズ焼きは、ボリュームがありトマトソースの酸味でさっぱりいただけます。サラダには土々呂のちりめんがたっぷり。パンも自家製で、デザートは安納いものクレームブリュレなどの盛り合わせです。カフェタイムもビーフカレーなど単品の食事メニューは提供。その他のランチメニューには、パスタランチ 1400円、オムライス(サラダ付) 1000円、国産牛ステーキランチ 2500円がある。

落ち着いた空間で女性客を中心に年配客も多い。山下新天街の角、赤い扉が目印。土々呂のちりめんなど地元産食材にも気を配る

Guest House&Beach Cafe fuego.

写真のランチメニューは日向鶏のシンガポールローストチキンライス 1320円 ライス、スープ、青菜付き

店内の大きな窓からは遠くで海と空が繋がっているような雄大な眺めが楽しめます。料理は、地場産の食材を中心に、オーガニック、手づくりにこだわります。県産小麦で作るピッツア、パン、ケーキを焼くのは、県内でも珍しいペレット窯。間伐材(ルビ;かんばつざい)などの木製チップで環境に配慮した造りです。人気のシンガポールローストチキンライスは、日向鶏のもも肉を使用。ペレット窯でじっくり20分かけて焼き、最後に高温で仕上げます。ピリリと辛いチリパリなど3種類のソースで味のバリエーションを楽しめます。もっちり炊き上がったジンジャーライスとの相性もばっちり。その他のランチメニューには、シンガポールバクテー(骨肉茶) 1100円、fuego特製カレーライス 1100円、クアトロチーズピッツァ 1100円。

窓の外には金ヶ浜。民泊スポットでもあり素泊まり2860円~。自家製窯焼きパンのサンドイッチ880円

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載