海遊館ミュージアムショップがリニューアル!オススメ新商品5選

海遊館ミュージアムショップがリニューアル!オススメ新商品5選

2020/03/02

2020年2月20日にリニューアルオープンした「海遊館オフィシャルミュージアムショップ」!今回、生まれ変わった「海遊館オフィシャルミュージアムショップ」で見つけたオススメの新商品を5つ紹介します。

ラプレ

ラプレ

デザインコンセプトは「水上散歩」!濃淡異なる青で水面を表現

改装に当たり、ショップ内のデザインを大幅に変更。床は、濃淡が異なる青色のタイルをグラデーションになるように敷き詰め、まるで水面を散策しているかのような感覚が味わえます。タイルの表面がツルッとしているので、太陽光が差し込むとタイル1つ1つが反射しキラキラ輝く…その様はまさに水面!是非写真に収めてみてください。

綺麗な青色のグラデーションが美しい

ショップ周辺の壁をできるだけ取り除き、全体が一望できる開放感ある空間に。店奥の大きな窓からは大阪湾を楽しむことができ、青色タイルの床も相まって、海辺にぽっかりと浮かんだショップで買い物を楽しむような心地に。

店名ロゴも水面に反転する様を表現

リニューアルに当たり新商品が続々、オススメ新商品を5つご紹介!


①ペットボトルを100%再生利用した「サスティナバッグ」

まずご紹介するのは、SDGs環境保全・活用を意識して作られた、ペットボトルを100%再生利用した「エコバッグ(サスティナバッグ)」です!

販売スペースには、エコバッグ作成の背景や環境問題について記載したボードを設置

大・小の2種を用意しているのですが、大1枚で約5本分のペットボトルを再生利用しているのだとか。(驚)

約5本分のペットボトルを再生利用した大サイズ

デザイナーの野津(のつ)萌さんとコラボレーションした商品で、クラゲやジンベエザメなどの生き物をモチーフに、ピンクの部分を空、青い部分を海とし、海中の世界と陸上の世界が一体化して見えるようなデザインとなっております。

表・裏で異なるデザイン

機能性も抜群。軽量にもかかわらず、40キロまで耐えることができる優れものです!皆様もこのサスティナバッグを手に取って、エコの波に乗ってみるのはいかがでしょうか?

(また、リニューアルを機に、ショッピングバッグをプラスチック製から紙製のものにシフトしています。)


②デザインユニット・コチャエとコラボ!遊び心たっぷりの2種の折り紙

軸原ヨウスケさん、武田美貴さんによるデザインユニット「コチャエ」とのコラボ商品として販売する、海遊館の生き物をモチーフにした2種類の折り紙にも注目。

1品目は、40センチの折り紙で大きなオブジェを作ることができる「大きなおりがみ」。ご覧ください、このジンベエザメの大きさ!

赤子を思わす大きさ。愛しさが溢れてきます

ジンベエザメ以外にも、カメとペンギンモチーフのものも用意していますよ。

2品目は、指人形として遊べる「指人形おりがみ」。

思わず笑みがこぼれる絵面

ミニサイズならではの可愛さはもちろん、指にはめて思い思いに遊べるのも楽しいですよね。


③何枚あっても困らない!包装まで愛くるしい4種の手ぬぐい

「コチャエ」とのコラボ商品をもう1種類ご紹介。

1匹1匹の表情が愛くるしいこちらの商品です

こちら手ぬぐいなのですが、とんでもなく可愛い。パッケージの見せ方も秀逸で、各々が自分モチーフの手ぬぐいを抱きかかえる形で販売しています。目が合ったら最後、レジに向かう以外の選択肢を無くすことでしょう…。


④世界で初めてぬいぐるみ玩具を作った「シュタイフ」の取り扱いも開始!激可愛ぬいぐるみ

左耳のボタンとタグが目印のブランド「Steiff(シュタイフ)」。高品質で飽きのこないデザインが世界中で愛されている「シュタイフ」の取り扱いがリニューアルを機に、開始されました!

海洋生物をモチーフに約20種類用意。ひとつひとつのぬいぐるみに名前が付けられているのも「シュタイフ」ならでは。ただならぬぬいぐるみ愛を感じます。

私のおすすめは約75センチの巨大なペンギンの「フラップス」!

貫禄を感じるたたずまい…

思わず撫でたくなっちゃう頭部の丸みがなんとも愛おしい…。お値段は、6万500円(税込)なのですが、これを安いと感じるか?高いと感じるか?はあなた次第。

ミニサイズも可愛い。

まるで「やぁ!」と呼びかけているよう

⑤福壽堂秀信とコラボしたオリジナル千菓子。13匹の生き物がギュギュッと集結!

昭和23年に創業し、「和菓子という文化を通して暮らしに美を提供する」を理念に営業している老舗和菓子店「福壽堂秀信」。コラボレーションして新たに登場したのは、海の生き物をモチーフにした海遊館オフィシャルミュージアムショップのオリジナル干菓子です!

全13匹の海遊館のなかまたちが集結しております

高級砂糖「和三盆」を使用した「海のなかまたち干菓子」(972円)は、色とりどりの海遊館の仲間達が、正方形の型にキュッと収まって佇む様がなんともキュート。かさばらないのでお土産にもおすすめです。


改装を経て、内装も商品もパワーアップした海遊館オフィシャルミュージアムショップ!展示を見終えて最後に立ち寄るこの場所で、楽しいひと時をお過ごしください。

最後に、今回の取材に当たり商品や内装について、とても丁寧にご説明いただきました近鉄百貨店 百貨店事業本部FC・店外ショップ営業部長の名倉昌男さん、海遊館 施設部長兼飼育展示部部長の武田勇人さん、本当にありがとうございました!

ありがとうございました!

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載