新感覚の抹茶ビールも。新橋エリアに日本茶専門カフェが登場

新感覚の抹茶ビールも。新橋エリアに日本茶専門カフェが登場

2020/03/04

オフィス街として賑わう虎ノ門・新橋エリアにある、「お茶」がテーマのブティックホテル「ホテル 1899 東京」。2020年2月21日、その1階に「チャヤ 1899 東京」がオープンした。本気かつ斬新なお茶を使ったカフェメニューが盛り沢山だと聞きつけて、オープン前の試食会に潜入!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

老舗ホテルグループが届ける、日本のお茶の魅力

オフィスビルが立ち並ぶ虎ノ門・新橋は、近年再開発が進み、時代を先取る新施設や店が続々とオープンしている注目のエリアだ。なかでも創業120年の歴史を誇る老舗「龍名館」による「ホテル 1899 東京(2018年12月開業)」は、「日本のお茶文化を発信する」というユニークなコンセプトを打ち出し、東京に訪れた国内外の人々から支持されている。

そして2020年2月21日、そのホテルの1階に、本格的なお茶を味わい新しさも楽しめる、日本茶専門カフェ「チャヤ 1899 東京」がオープンした。

「チャヤ 1899 東京」店内

「チャヤ 1899 東京」は、「街の茶屋で、ゆるやかな時間を日常に。」をコンセプトに、全国のお茶どころから厳選した上質なお茶や、お茶を使ったパンやスイーツなど、お茶づくしのオリジナルメニューを提供。店内には和モダンのテイストが取り入れられ、ゆったり落ち着ける雰囲気だ。

\オープン前の試食会に潜入!/

お茶みたいな名前のライター宇治田。もちろん抹茶も大好物
ライター宇治田
ライター宇治田
「店の中心には大きな厨房とカウンターが。ショーケースには、お茶を使った様々な料理が並べられていて、見ているだけで楽しめます。席からも厨房が見えるオープンな造りなので、敷居の高さを感じさせません!
席につき上を見ると、茶屋の和傘を彷彿とさせるモダンな照明が

日本のお茶文化が楽しめる。注目のカフェメニュー

「チャヤ 1899 東京」が提案する、新感覚のお茶メニューの数々

お店では本格派の日本茶ラテをはじめ、お茶の風味を活かしたパンやケーキ、ジェラートなど、カフェメニューを中心に展開。店内利用はもちろん、ドリンクなどの一部メニューはテイクアウトもできる。

日本茶インストラクターの資格を持ち、日本茶を使った新メニューも考案している、ドリンク開発責任者の坂上さん
チャヤ 1899 東京 ドリンク開発責任者 坂上さん
チャヤ 1899 東京 ドリンク開発責任者 坂上さん
「日本茶はおいしいだけでなく、健康的な飲み物。急須のお茶の淹れ方を知らない若い方々や、外国の方々にも日本茶の文化に興味をもっていただき、気軽に楽しんでいただけるように、ユニークな形で提供しています。茶葉や抹茶も厳選したものを使っているので、もちろんおいしさにも自信があります
煎茶やほうじ茶、和紅茶など、急須で淹れる、スタンダードな日本茶も提供
左から「濃茶ラテ(冷)」(600円〜)、「ほうじ茶ラテ(冷)」(500円)、「和紅茶ラテ(冷)」(500円)

注目は厳選した上質なお茶を使った、本気度の高いラテメニュー。特に濃厚な抹茶の味わいを楽しめる「濃茶ラテ」は、お茶を知り尽くした“茶バリエ”が、お好みの抹茶の濃さ(※)で1杯1杯丁寧に抹茶を点て、ラテを作ってくれる。

※抹茶の量は3gから6gまで、1g単位で選ぶことができる。5gから1g増やすごとに+50円。

「濃茶ラテ(冷)」を抹茶4gで注文。茶釜付きのカウンターで、目の前でお茶を点てる様子を見ることができる
ライター宇治田
ライター宇治田
「抹茶の苦味が苦手な方は、3gがおすすめなのだとか。好みや気分に合わせて濃さを変えられるのは嬉しいですね! お茶を点てる美しい所作を見ていると、凛とした気分に。待つ時間も楽しめます
鮮やかな抹茶の緑とミルクの白とのコントラストが目を引く、「濃茶ラテ」が完成
ライター宇治田
ライター宇治田
「2層を混ぜて、いただきます。ミルクと一緒に飲むと、苦味がやわらいでマイルド。砂糖不使用なので、抹茶本来のスッキリした風味がダイレクトに伝わります! 気分がシャキッとしますね」
ラテのお供には、静岡県産の抹茶を生地に練り込みふんわりと焼き上げた、「1899 抹茶パン」(300円〜)がおすすめ
ライター宇治田
ライター宇治田
ほんのりと抹茶のいい香り。『いちごミルク』や『あんバター』など甘さが加わったメニューもあって、スッキリとした抹茶ラテとも相性抜群です!」

緑色のビールが斬新! 夜は抹茶ビールで乾杯しよう

夜は日本茶バーとしても利用できる「チャヤ 1899 東京」では、オリジナルの日本茶のほか、抹茶を使ったヘルシーなカクテル「抹茶ビール」を提供。仕事帰りなど、ちょっと飲みたい時にぴったりの1杯だ。

濃い緑が鮮やかな「抹茶ビール」(790円)
チャヤ 1899 東京 ドリンク開発責任者 坂上さん
チャヤ 1899 東京 ドリンク開発責任者 坂上さん
「一口目は普通のビールのように感じますが、後からふわっと抹茶の風味が香る、爽やかな1杯です。ビール特有の苦味がマイルドになりますよ!」
緑茶・紅茶・番茶を練りこんだ、「1899 お茶ソーセージ 3種盛り合わせ」(1200円)などのおつまみと一緒に召し上がれ
ライター宇治田
ライター宇治田
「抹茶ビールにお茶ソーセージ……珍しい上においしそうで、思わず写真を撮って自慢したくなりますね!」
ノンアル派の方は「抹茶ソーダ」(600円)や「和紅茶ソーダ」(500円)もおすすめ
ライター宇治田
ライター宇治田
「古き良き日本のお茶文化を深く理解した上で、新しさを感じるメニューを数多く提案する、チャヤ 1899 東京。若い方や外国の方はもちろん、根っからのお茶好きも、新しいお茶の魅力に出会えること間違いなしです!」

構成=シーアール、取材・文=宇治田エリ

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載