愛知の城下町をさらに盛り上げる新エリア・犬山本丸スクエア

愛知の城下町をさらに盛り上げる新エリア・犬山本丸スクエア

2020/03/06

串グルメ、お笑い人力車、着物での記念撮影。近年、犬山城下街には新たな観光が生まれている。2019年8月30日にオープンしたのは、犬山本丸スクエア。「食と癒しとエンターテインメント」をテーマに5店舗が集まり、観光客だけでなく、地元の人々にも愛される場所を目指す。

中広

中広

今年も本町通りに注目!地域住民が集う新スポット

屋敷や車山蔵が今も残る古い町並み。かつては観光客の減少に苦しんだが、近年は活気を取り戻し、連日多くの人が犬山城下街を訪れている。

2019年8月30日、本町通りで新たにオープンしたのは、犬山本丸スクエア。約60席の飲食スペースを設け、グルメを中心とした5店舗が出店する。「休日の城下町は観光客であふれ、地元の人は来てくれないでしょう。地域の人々からも愛される場所をつくりたいんです」と意気込むのは、たこ焼き専門店「うし若丸本店」を営む木下豊彦さん。犬山本丸スクエアの出店者を取りまとめている。

休日であっても城下町は夜間になれば人出がなくなる。地域住民が集ってにぎわう場所を創出したいと図る。

テーマは「食と癒しとエンターテインメント」。新店舗には写真映えグルメや絶品料理、癒しの空間が広がるカフェなど、来場者を盛り上げる仕掛けが目白押し。「グルメを堪能したり、くつろいだり、仲間と集まったり、さまざまな楽しみ方ができます。ぜひ地元の人に足を運んでいただきたいです」と声を弾ませた。

取材したのは2019年8月上旬。オープンに向けて準備は大詰め。城下町の新たなシンボルとなるべく、何度も集まり最終調整をする出店者の原動力は、地元の人の笑顔だ。

5店舗が出店!

①【飛騨牛たこ焼き】うし若丸

食べ歩きグルメの定番!種類豊富な商品展開

犬山森のマルシェにある、たこ焼き専門店「うし若丸本店」が犬山本丸スクエアにも登場。

人気商品は飛騨牛を使った「飛騨牛たこ焼き」。飛騨牛をサイコロ状にカットすることで、しっかりと肉の旨みを感じられる。味の決め手は生姜醤油ベースのオリジナルソース。定番メニューの北海道産タコを使った「たこ焼き」もある。

【飛騨牛たこ焼き】オリジナルソースが癖になる、看板メニュー。アツアツの出来立てを味わえる

「季節を問わず楽しめます。自慢のたこ焼きを一度食べに来てください」と木下さん。犬山本丸スクエアのにぎわい創出のため、一役買いたいと熱を込める。

木下まゆみさん

木下まゆみさん

うし若丸


②【甘味】甘味処 あっぱれ本舗

一口で笑顔になれるスイーツ 老若男女を虜にする甘味処

名古屋を拠点に結婚式の余興「ウェディング紙芝居」を手がける、あっぱれ本舗。エンターテインメントと食の融合を目指した甘味処をオープンさせた。

看板商品は、かき氷・どら焼き・雑煮。なかでも、かき氷は「一番茶のおまっちゃさん」や「犬山げんこつ黒糖みるく」など、見た目も華やかなメニューをそろえた。原材料にもこだわり、抹茶は産地の西尾市に足を運んで一番茶を採用。「今後は季節商品も広く展開したいと思います」と、メニューを考案した西本美香さんはほほ笑む。

【いちごみるく】甘いイチゴと練乳がたっぷりかかった定番メニュー。「ベリーベリーチーズケーキ」や「ももみるく」など、種類は豊富
【どら焼き(あつあつおいもづくし)】どら焼きも種類豊富。「かくれチーズのももクリーム」もおすすめ
西本美香さん

西本美香さん

あっぱれ本舗


③【癒し】かめ乃足。

コーヒーを飲みながら、足湯でリラックス。一風変わった試みで、城下町に新たな話題をつくるのは、癒しの空間「かめ乃足。」

【足湯とドリンク】「お花の足湯とドリンク」では、足湯に季節の花を浮かべる

扶桑町で鍼灸院を営む小橋悦子さんが犬山城下町に惚れ込んでオープンさせた。「観光で訪れた時、風情ある町並みがとても素敵で、ここでお店を構えたいと思ったんです。皆さまに癒しをお届けしたい」と目を輝かせる。

小橋さんのこだわりは、焙煎したオリジナルコーヒー。足湯のほか、足のよもぎ蒸しや灸体験もできる。地域住民や観光客の休憩所としてひと時の癒しを提供する。

【城下町ブレンド】
小橋悦子さん

小橋悦子さん

かめ乃足。


④【肉料理】肉工房 美乃家

見た目から空腹を刺激!食肉卸業者が選んだ絶品の肉

ワサビの風味が肉の旨みを引き出すにぎり寿司。食欲そそる肉料理を提供するのは、肉工房 美乃家。羽島郡岐南町の食肉卸売業「株式会社美濃物産」の新店舗だ。

【特選牛とろにぎり】ヘルシーに食べられる「牛しゃぶベジート巻き」など種類豊富

食肉卸売業のプロの目で肉を厳選し、飛騨牛ステーキや松阪豚ロース生ハムなど種類をそろえる。「部位や切り方で肉の味わいは異なります。食肉卸売業が選んだこだわりの肉を味わってください」と笑顔。わさビーズがアクセントの「特選牛とろにぎり」は写真映え抜群。「食べる人の笑顔が見たい」と声を弾ませる奥村幸市さん自慢の一品を味わおう。

奥村幸市さん

奥村幸市さん

肉工房 美乃家


⑤【洋食】犬山 丸福

焼豚と酒に合うイタリアン 城下町の大人な楽しみ方

千代保稲荷神社の参道周辺で焼豚店を営む「丸福」。今度は「犬山 丸福」として犬山本丸スクエアに参戦した。ピザやパスタはテイクアウトが可能。自家製焼豚ピザも楽しめる。「焼豚は継ぎ足した秘伝のタレで手間暇かけて作っています。焼豚とコラボレーションした料理がおすすめです」と、熱を込めるのはオーナーの岡田浩司さん。

【自家製焼豚ピザ】テイクアウトメニューは1カットで提供。出来立てのピザを食べられる
【トマトパスタ】トマトの酸味であっさりと食べられる。テイクアウト用のカップは食べ歩きも可能

「犬山 丸福」は、羽島郡の酒類卸売「株式会社いき屋」の姉妹店。ビールやワイン、日本酒もそろう。料理に合う酒をスタッフに聞いてみるのもいいだろう。

岡田浩司さん

岡田浩司さん

犬山 丸福

この記事を書いたライター情報

中広

中広

中広は岐阜に本社を置く広告会社です。 地元の情報を各戸配布のハッピーメディア(R)『地域みっちゃく生活情報誌(R)』のブランドで発信しています。

中広 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載