なんばのカフェで味わう本格エスニック料理

なんばのカフェで味わう本格エスニック料理

2020/03/04

ミナミにある複合イベントスペース「湊町リバープレイス」。その3階にある「湊町リバーカフェ」が今年2月、リニューアルオープンしました。スパイスや魚醤を使った本格アジア料理が食べられると聞いたので、さっそくライターT(30代男性)が行ってきました!

ラプレ

ラプレ

なんばにありながら、インバウンドが少ない「隠れ家」的なカフェ

外観

アジア料理を気軽に楽しめる店として2002(平成14)年にオープンした同店。昨年10月から、鶏肉とチーズ料理の専門店として営業していましたが、常連から「ナシゴレンを食べたい」との声が多くあったことから、原点に返りメニューを再構築したそうです。席数は、道頓堀川に面したテラス席36席を含む121席です。最高のロケーションながら、入口が3階にあることもあり、「隠れ家」のような雰囲気を感じました。

内観
テラス席。この冬一番の寒さだったこともあり、誰も座っていません
入口付近にはオールがあります

料理のご紹介

メニューはこんな感じです。

ご飯ものが8種類

8種類のメニューの中でも特に人気の「ナシゴレン」を注文しました。

料理名を聞いたことはあっても食べたことないので、初体験です。

ジャンバラヤ。BIGの文字が

店員さんに聞くとご飯が500グラムも!無理無理!シェアしたいときにどうぞ。

ナシゴレン=1,078円

お~、アジアっぽい(よくわかっていないですが)。

まずはご飯だけで

むむ・・・なんとも例えがたい味ですが・・・おいしい!なんでしょう、そば飯に近い感じでしょうか。茶色が強いですが、これは魚醤によるものなんだとか。

特別に見せていただいた魚醤
温泉卵を割りまして・・・
絡めていただきます

いやもう・・・・絶対うまいじゃないですか、こんなの。少し濃いめのご飯なので、玉子でまろやかになって最高です。
ナシゴレンは日本でいう「焼きめし」のような食べ物らしく、ここまでキレイに盛っていないそうです。そして乗っている具材を混ぜて食べるのがオススメということで。

キュウリや酢漬けのニンジンとともに

キュウリもニンジンも酢もそこまで好きじゃないですが、不思議とおいしく感じる。ナシゴレンに魅せられたのでしょうか。

大き目サイズのから揚げもgood!

さぁこの時点でお腹は9分目。十分だったのですが・・・

バスクチーズとガトーショコラ

食べたい、でももう腹は割と限界・・・今回は悔しいけどあきらめよう・・・

ガトーショコラ=704円

はい、誘惑に負けました。スイーツの化身が「食べろ食べろ」と囁くもので。

生クリームとともに

チーズの酸味を決して殺さない、絶妙な甘さの生クリーム。「自分はあくまで引き立て役」そう聞こえてきそうな生クリームでした。

ベリーとともに

さきほどの生クリームとは裏腹に、酸味を前面に出してきたベリー。しかしその突き抜けた酸味を通り越すと、後からくるチーズの味がよりはっきりとわかりました。チーズの濃厚さをより引き出す役割を担っていたのですね。

いかがでしたか?春や夏はテラス席も気持ちよさそうですし、ナシゴレン以外の料理もぜひ試したくなりました!ご友人やご家族と行ってみてくださいね!(メニューは税込み表記)

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載