犬養裕美子のお墨付き! 日常フレンチ『ヨシダハウス』

犬養裕美子のお墨付き! 日常フレンチ『ヨシダハウス』

2020/03/26

犬養裕美子 広尾 YOSHIDA HOUSE

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

小皿料理でもボリュームたっぷり!

2019年1月にオープンしてから1周年を迎えた。フレンチ、イタリアンの激戦区・広尾で毎晩満席でにぎわう店ということで話題をさらった「ヨシダハウス」だ。夜18時から深夜3時までのフルオープン。その間に9時頃と1時頃の2回、ピークがくるという。早い時間は、仕事場や家が広尾にあるという地元客で、遅い時間は飲食・サービス業に関わる同業者がやってくる。

タコの燻製とウフマヨネーズ680円/玉子とマヨネーズの組み合わせはブルゴーニュの家庭料理にあるが、ここにタコの燻製を 添えたのは吉田シェフのアイディア。これがバカウケで、どのテーオーダーが入る一皿に

「緊張の連続です」という吉田佑真オーナーシェフだが、どのテーブルでも会話が弾んでいる。その賑わいがシェフには何よりの励みだ。

タスマニア産サーモンの瞬間燻製680円/フレンチでその店と自分の相性を計る定番といえば、スモークサーモンと、パテ・ド・カンパーニュ。素材の選び方と燻製のかけ方で相性がわかる

「食事を楽しんでもらいたいから少人数でもいろいろ食べられるように小皿料理を用意したんです」といっても、皿いっぱいに盛るのでアラカルト並みの量。アラカルトはいずれも2人でシェアできることを基本としているので、当然山盛りになる。この大盛サービス、実は修業先「レストラン キノシタ」の木下シェフの影響だ。吉田シェフは都内フレンチレスランで修業をスタートした後、鮮魚店で魚について学び、さらに「レストラン キノシタ」で「おいしい」日常フレンチに共感し修業ついた。その後、原宿でシェフを務めた後、独立した。

フランス産黒トリュフ、ポルチーニ マッシュルームのオムレツ2980円/フレンチの高級素材・黒トリュフも惜しげもなく削ってくれる。香りと味わいに風格あり
骨付き仔羊背肉のロースト 季節野菜のロースト添え2480円/肉料理は塊で焼くからおいしい。野菜も鮮やかな色を活かす火入れ

「ヨシダハウス」はえビストロでもレストランでもない。独自の路線を歩んでいる。値段は安く、料理は定番だけでなく、メニューには吉田シェフなりの工夫がある。「地味ですが、スープ・ド・ポワソンは、うちでは鮮度のいい魚を使って軽く仕上げてあるのが特徴です」。さすが、レストランだけでなく、鮮魚店で魚の扱いを修業しただけのことはある。ビストロの濃い味もいいけれど、日本人の口にあう、きれいなスープ。日常のフレンチにはぴったりのバランスだ。

左・吉田シェフ。1980年、熊本県生まれ。右・菅野有洋さん。1981年生まれ。オープニングからスタッフとして参加。異業種から転職
真っ黒な外観。元はラーメン屋だった物件を改装

この記事を書いたライター情報

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

東京を中心に地方や海外の食文化、レストラン事情を最前線で取材。ファッション誌から専門誌まで数多くの雑誌で連載を持ち、その店の良さ、時代性をわかりやすく解説。特に新しい店の評価に対する読者の信頼は厚い。食に関わる講演・審査員など多数。農林水産省顕彰制度・料理マスターズ認定委員。

犬養 裕美子 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載