編集者が本当は教えたくない関東のお気に入りラーメン4選

2016/10/24

編集者が本当は教えたくない関東のお気に入りラーメン4選

醤油・豚骨・味噌・塩などスープのベースや具材の種類、麺の太さ・固さなど、人によって嗜好(しこう)が大きく変わる食べ物「ラーメン」。日々、各地で取材や撮影、そして飲み会にいそしむYahoo!ライフマガジン編集部の4人が、本当は教えたくないお気に入りのラーメン店を一挙ご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

本当は教えたくないお気に入りはここだ!

1.『ラーメン車屋』(豪徳寺)
2.『臥龍』(三軒茶屋)
3.『すごい煮干ラーメン凪』(西新宿)
4.『麺笑 コムギの夢』(戸田公園)


\ライフマガジン編集部U(30代・女性)のお気に入り/

1.『ラーメン車屋』(豪徳寺)

ミランダ・カーに食べさせたい!
鮭節ラーメンとスープ餃子

「標津鮭節ラーメン」(600円)。湯気と共に立ち上る鮭の香りがたまらない

いつかミランダ・カーに会ったら教えてあげたいと思っているラーメンがある。それは豪徳寺の「ラーメン車屋」名物の鮭節ラーメン

北海道・標津産のをいぶして作った鮭節のほか、とんこつ、サバ節、昆布、鶏ガラのダシが甘〜く香るしょうゆベースのラーメンだ。鮭は抗酸化作用が高く、美容効果抜群なため「一番好きな食べ物はサーモン」というミランダ・カーもきっとサマンサタバサのバッグを箸に持ち替えて夢中になるだろう。

「焼豚入り自家製餃子(大皿)」(550円)。酢とコショウだけで食べるのが車屋流。さっぱりだからバクバクと食べてしまうが、スープ餃子用にいくつか残しておくべし

そうだ、餃子も勧めなければ。

常連は残ったスープに餃子を入れて楽しむ。餃子の旨味が溶け出し、スープがさらにうまくなるのだ。日本食マニアでも知られるミランダ・カーもきっと黒烏龍茶を丼に持ち替えて一気に飲み干してくれるはずだ。

これが常連だけが知っているスープ餃子。2個じゃ足りなくて結局もう一皿追加…!
カウンターに陣取り大将とおしゃべりするのも楽しみのひとつ
創業44年。渋い赤提灯(ちょうちん)が目印

ラーメン車屋

住所:東京都世田谷区豪徳寺1-22-2
アクセス:小田急線豪徳寺駅より徒歩2分
電話:03-6751-3333
時間:ランチ11:00〜15:00、ディナー17:30〜24:30 ※火曜はディナー定休
定休日:なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\ライフマガジン編集部A(20代・男性)のお気に入り/

2.『臥龍』(三軒茶屋)

化学調味料は一切使わない
やさしいスープとお酒のマッチ

2006年11月にオープンし、今年で10年目を迎える三軒茶屋の『臥龍』
カウンター席のみの全9席。近隣に住む方を中心にいつも店内はにぎわっている

「どこのラーメンが好きか」という話になった際に、挙がりがちなのがやはり自分の住んでいる(住んでいた)エリアのラーメン店。

編集部Aがオススメするのも、自宅のある三軒茶屋駅のラーメン店『臥龍』である。

田園都市線・三軒茶屋駅の南口を出て下馬方面に4、5分歩くとある、こちらのお店の看板メニューは「鶏チャーシュー麺」(850円)。

鶏チャーシューは「もも」と「むね」の各一枚ずつが入っている。メンマはやわらかい穂先メンマを使用するなど、ラーメンを楽しむための飽きさせない気遣いがうれしい

「人からお金を取る上で中途半端なものは出せない」という店主・髙島さんの思いから、化学調味料を一切使っていないラーメンは、軍鶏と野菜でだしをしっかりと取ったやさしい味わいながらも濃厚なスープと、レンコンが入った特製麺がよく絡んで男性でも満足度の高い一品。

平日は24時まで営業しているため、夜は仕事帰りと思われるサラリーマンの方たちがカウンターのすみで、お酒を楽しむ姿をよく目にでき、どこか暖かい味わいを感じるラーメンを食べて「明日への活力」を蓄え帰路につくのだろう。

焼酎好きだという店主・髙島さんが選んだお酒がずらりとラインナップ。焼酎は650円、日本酒は700円~提供しており、ラーメンに使用している鶏チャーシューや、メンマをつまみにお酒を楽しむことができる
Yahoo!ロコ臥龍
住所
世田谷区三軒茶屋1-35-3 山田体育施設ビル 1F

地図を見る

アクセス
三軒茶屋駅[南口A]から徒歩約3分
西太子堂駅[出口]から徒歩約10分
若林(東京都)駅[出口]から徒歩約18分
電話
080-4918-0023
営業時間
[月~土] 12:00~14:3018:00~24:00[日・祝]12:00~14:3018:00~22:00*材料がなくなり次第終了となります。
定休日
火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


\ライフマガジン編集部Y(30代・女性)のお気に入り/

3.『すごい煮干ラーメン凪 西新宿7丁目店』

超穴場!凪西新宿店で
「すごい煮干ラーメン」を食す

mod['contents3']
こちらが『西新宿7丁目店』。青梅街道からちょっと脇道に入ったところにあります

のんべえにとって切っても切れない関係なのが、“シメのラーメン”

初めて凪の煮干ラーメンに出会ったのは8年くらい前、新宿ゴールデン街で飲み明かしたとき。泥酔しながらも濃厚な煮干のスープが胃のふに染み渡ったのをうっすら覚えています。今や新宿ゴールデン街店は国内外からのお客さんで昼夜問わず行列ができています。

そこで私がオススメしたいのが、西新宿店。新宿大ガードをくぐって歩くこと3分。お昼どきをちょっと外せば、ほぼスムーズに入れるので、まさに「穴場」と言っていいのではないでしょうか。

これが「すごい煮干ラーメン」だ!

すごい煮干ラーメン(1100円)。うれしいことに大盛りにしても同じ料金なのです。ワッショーイ!

凪の煮干ラーメンといえば、日本全国から厳選した20種類以上の煮干(1杯に60グラム使用!)を独自ブレンドした超濃厚スープが特徴。

これに、「海の辛銀だれ」(イワシのエキスに漁師に伝わるという数十種類の調味料を合わせて寝かせている)がアクセントに。
麺はモッチモチの手もみ中太麺で、ちぢれた麺が濃厚なスープに絡みます。かめばかむほどに小麦の風味が広がり、口福が訪れる。

いったん麺のピロピロ&ツルツルっぷりもまた別の食感で楽しいんです。「味付・麺・濃さ・油・辛銀だれ」など好みが選べますが、私はすべてお任せにしています
櫻井邦宣店長(右)と広報の菊池一彰さん。「西新宿店のオススメポイントは、豚のチャーシューに加え、鶏のチャーシューも食べられるところです」
2階にはセントラルキッチンがあり、国内9店舗のスープの味が守られている。「煮干によってダシの濃さ、香り、油など個性が違うので、季節や状態によって選定をしています」と“スープ番長”の大曽根悠二郎さん

「変わらないために変わり続ける」がモットーの凪。その進化を確かめに、一度お試しあれ!

Yahoo!ロコすごい煮干ラーメン凪 西新宿七丁目店
住所
新宿区西新宿7-13-7 大森ビル 1F

地図を見る

アクセス
新宿(東京メトロ)駅[A18]から徒歩約4分
新宿西口駅[D5]から徒歩約4分
西新宿駅[2]から徒歩約5分
電話
03-3365-0296
営業時間
[月~土]11:00~23:00(L.O22:45) [日・祝]11:00~21:00(L.O20:45) ※ラストオーダーは閉店時間15分前まで
定休日
年中無休(社員研修等で臨休の場合あり)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


\ライフマガジン編集部M(40代・男性)のお気に入り/

4.『麺笑 コムギの夢』(戸田公園)

「塩そば」がクセになる!
独特な歯ごたえの自家製麺

2012年12/13オープン。今年の12月で4周年を迎える。地元なのに、存在を知ったのはわずか半年ほど前…

ラーメンと言えば「塩! 大盛り! 麺かため!」の編集部Mです。

私のオススメは、地元・戸田公園にある『麺笑 コムギの夢』。醤油系の「中華そば」、塩系の「塩そば」、2種類のそばを提供する地元で人気の中華そば店。

一見、沖縄そば風の趣を持つ独特な麺は、もちろん自家製。店主の野田さんが独自ルートで仕入れているという材料「スイートポリフェノール」を練り込むことで、麺に甘味が出るのだとか

塩派の私は、もちろん「塩そば」シリーズに夢中。前回は「ワンタン塩そば」(800円)を食べたので、今回は基本の「塩そば」(650円)を麺特大(麺2倍、+200円)で注文。

ほかでは経験したことのない独特な歯応えの麺、完飲しても胃もたれを感じない鶏と魚介のWスープ、ほくほく食感の焼豚と鶏肉。すべての完成度・調和度がすばらしく、5分程度であっという間に完食し、思わずもう一杯頼みそうになる勢い。塩派のラーメン好きに、ぜひ味わってもらいたい一杯です。

店を切り盛りする大将の野田大輔さんと奥さまのしのぶさん。突然の取材申し込みにも優しく丁寧な神対応!
夜の部は18時から。開店して間もなく、ファミリー、カップル、学生たちが続々と来店し、あっという間にカウンター席がほぼ満席状態。地元住民から愛されてるんだな〜と、地元の私もほっこり気分
野田さん1人のため、一度に作るのは3食まで。丁寧に作るのは3食が限界なのだそう。なお麺だけでなく、メンマやチャーシュー、半熟塩玉子といった一品おつまみもすべて自家製
Yahoo!ロコ麺笑 コムギの夢
住所
埼玉県戸田市上戸田3-7-16

地図を見る

アクセス
戸田公園駅[東口]から徒歩約7分
戸田(埼玉県)駅[東口]から徒歩約14分
蕨駅[西口]から徒歩約30分
電話
048-218-2314
営業時間
11:30~14:00/18:00~21:30
定休日
月曜日 (祭日の場合は翌日火曜日)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/年齢から性別も異なる編集部員が「ラーメン」をテーマにお店を選びました。今後も取材先で見つけたさまざまなジャンルのオススメのお店をご紹介予定です。乞うご期待!

取材・文・撮影=Yahoo!ライフマガジン編集部

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES