中部国際空港からたったの5分!愛知・常滑市「やきもの散歩道」

中部国際空港からたったの5分!愛知・常滑市「やきもの散歩道」

2020/03/22

愛知・中部国際空港 セントレアから約5分、アクセス抜群の常滑(とこなめ)駅。博物館で芸術的な常滑焼(とこなめやき)を見学、実際に陶芸体験、作品に盛り付けられた料理に舌鼓!と、さまざまな楽しみ方があるけれど、今回は約1時間で焼き物と一体となったフォトジェニックな街を歩いてきました!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

陶器の猫たちがお出迎え!

 

愛知・中部国際空港 セントレアから名鉄空港線で約5分。セントレアから旅立つ前後にぜひオススメしたいのが、常滑(とこなめ)駅からすぐの「やきもの散歩道」です。

「日本六古窯」のひとつとして日本遺産に認定された「常滑焼(とこなめやき)」。今ではペールカラーの急須などがかわいい!と話題の焼き物ですが、みなさんは知っていますか?

 

常滑駅の改札を出ると、すぐに「やきもの散歩道」への案内の看板がたくさん。道中にもたくさんの看板があるので、入り組んだ道も迷わず進むことができますよ。

 

案内に従って駅を出ると、すぐに焼き物でできた猫たちがお出迎えしてくれます。横には「やきもの散歩道」ルートが示された看板があるので、写真を撮影してマップとして活用すると便利かも!

 
 

駅から出てまっすぐの道路沿い、コンクリート壁に「巨大招き猫」をはじめ、「御利益陶製招き猫」39体、「本物そっくりの猫」11体がずらり。大きなドット柄が目印です。

旅行安全

鞄とカメラを持ってうれしそうな顔の招き猫。ちょうど今、お出かけ情報を探している読者のみなさんにぴったりな招き猫ですね。

航海安全

船と一体になっているのでしょうか。船旅もいいなって思わせてくれる招き猫です。先ほどのように手招いてはいないけど、実はこの子も招き猫ですよ。

無病息災

おでかけするには健康であることが欠かせません。ということで、両手で招いている(?)力強い招き猫。スーパーマンになって、とっても頼りがいがありますね。

御利益招き猫は、常滑市の陶芸作家39人が愛情をもって一体ずつ手がけ、39体それぞれにさまざまなご利益が込められているみたい。お気に入りの招き猫を見つけてみて!

 

坂を上ると、高さ3.8m、幅6.3mの「とこなめ見守り猫とこにゃん」が、常滑の街を見守ってくれています。右下にいる2匹の猫は近くで見てもとってもリアル。

雰囲気抜群!常滑2大坂道を歩いてみました。

 

常滑にはフォトジェニックスポットがたくさんありますが、ここでは2つの坂をご紹介。こちらの「でんでん坂」は、近くの海運業者が港に出入りする船の様子をご主人に伝えたことから、その丘を「伝の山…通称:でんでん山」と呼び、この名前が付けられたのだとか。そして、なんとこの坂には……

 

こちらの焼酎瓶が……

 

突き刺さっちゃってます(笑)。

 

地面にも注目!「ケサワ」という、土管(どかん)を高温で加熱した時に使用した廃材を敷き詰めたものです。おしゃれなのはもちろん、「滑らず歩きやすいように」という実用的な目的もあるみたい。

 

こちらの「土管坂」は、平成2年度の「ふるさとの坂道三十選」に選定されていて、「やきもの散歩道」を代表する風景のひとつ。明治期の土管と、昭和初期の焼酎瓶が左右の壁面をびっしりおおい、「でんでん坂」と同じように地面にも工夫が施されています。

実は、地面に工夫が施されているのは坂だけではないので、常滑の街は下を向いて歩いてもおもしろいかもしれません!

バラエティー豊富な常滑に大満足

 

こちらの岩の上にある窯は、1887年頃に築かれて、1974年まで使用されていたそう。日本で現存するものとしては最大級の登り窯で、全長22m、最大幅9.6m、最大天井高3.1m。なんと明治末期には、このようなものが60基ほどもあったというので驚きです。

 

実際に登り窯の中に入ることもできます。

 

常滑の街には、今回ご紹介したようなスポット以外にも、街をぶらぶら歩いていて、かわいらしい陶器や小物が並んでいたり。いつか「住みたいまちランキング」にランクインするかも?

 

なんと海外の方が作った独創的な作品や……

 

子供たちのかわいらしい作品も並んでいます。

 

さらに道中には、常滑焼のショップも並んでいて、ショッピングも楽しめます。常滑焼は同じ土、同じ薬で焼いても、ひとつも同じ色は生まれないのだとか。自分好みの常滑焼を探してみてもいいかも。

朝早くに行けば人もあまりいないので、とっておきの写真が撮れますよ。中部国際空港 セントレアを使う人はぜひ常滑に!

Text&Photo:伊藤匠海

めくるめく常滑焼の世界へ!焼きものを楽しむ常滑1デイトリップ

めくるめく常滑焼の世界へ!焼きものを楽しむ常滑1デイトリップ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

常滑市を中心に伝えられる「常滑焼」は、日本六古窯のひとつとして日本遺産に認定されています。市内には、常滑焼の歴史を残す通りがあり、常滑焼のショップ、カフェなどが点在。のんびり歩くのにピッタリです。

名古屋から日帰りOK!アート作品あふれる「佐久島」へカメラ旅

名古屋から日帰りOK!アート作品あふれる「佐久島」へカメラ旅

おでかけメディア『るるぶ&more.』

愛知県の知多半島と渥美半島に囲まれた三河湾に浮かぶ小さな島「佐久島」では島内に点在する数多くのフォトジェニックなアートが話題。一色港から1日7便も船が出ているので名古屋からの日帰り旅行にもぴったり。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載