高台の露天風呂が気持ちいい。「秦野天然温泉さざんか」へ

高台の露天風呂が気持ちいい。「秦野天然温泉さざんか」へ

2020/03/25

下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、丹沢の山々が眺められる露天風呂がある日帰り入浴施設へ。今日歩いた山を眺めながら登山の疲れを癒し、お腹も満たす。

Yamakei Online

Yamakei Online

温泉で登山の疲れを癒やしたあとは、旬の和食が味わえる「だいこんや」へ

丹沢の山から下りると行きたくなる温泉がある。

小田急線の東海大学前駅から歩いて5分の「秦野天然温泉さざんか」。正直、丹沢の山々から下りたあとに行くにはアクセスがややよくないし、駅から温泉までも歩ける距離ではあるが、最後に坂を上らなくてはたどり着けない。

それでも、山行がうまく進んでいい時間に下山できたら、自分にご褒美で立ち寄りたくなる。

男女別に内風呂と露天風呂があり、内風呂はジェットバスやジャクジー、電気風呂、サウナなどがある。大浴場はヒノキの浴槽や岩風呂、さらにはつぼ風呂などあってバラエティ豊か。広過ぎない面積にいろいろな湯船があるので、あれこれ浸かってみたくなる。

高台にあるので、露天風呂からは丹沢の山々が眺められてなかなか気持ちがいい。さわやかな風を感じながら、今日歩いた山のことをぼんやりと考える時間が心地よい。

久しぶりにいい感じに山行が進み、さざんかに立ち寄ることができた。

温泉でさっぱりしたら、お腹がすいた。館内の食堂「だいこんや」に入った。 地元秦野の食材を取り入れた、季節ごとの食材で作る旬の和食が味わえる食事どころだ。明るく広い店内、窓際のカウンター席にひとり座った。

日当たりの良い窓際のカウンター

とりあえずビールが飲みたいと思ったら、ビールと枝豆、おつまみの「快速セット」なるものがある。まずはそれ。ご飯もしっかり食べたかったので、「だいこんや御膳」も注文。

ボリュームのある「快速セット」。大山名物の豆腐が食べられるのも嬉しい

たしかにすぐに出てきた「快速セット」。山盛りの枝豆、冷や奴、もやしとわかめの和え物。おつまみが思ったより多い。和え物を一口。ちょうどいい味付けで、箸もビールも進む。豆腐の風味もいい。下山後にちょっと飲むだけなら、この1セットで十分満足できるだろうな。

ビールを飲み終えてボーッとしていると、お待ちかねのだいこんや御膳が登場。風呂桶をイメージした寿司桶に、いくつもの小鉢が並べられて、彩りがよくかわいらしい。大根と豚の角煮、大根の甘酢和え、かつおのたたき、温泉たまご、などなど。小さなデザートもついている。

大根の煮物や温泉たまごなどがバランスよく配置された「だいこんや御膳」

どの料理も素材の味をいかした上品な薄味、身体に優しく染み渡る。美味しい物をちょっとずつ、たくさんの種類食べたいときに、この料理はとても嬉しい。食べ進めていくうちにお腹が満たされ、幸せな気持ちになるのだ。

身体も心もいい感じに温まった。ごちそうさまでした。

漬物や秦野名物の落花生などお土産が購入できるのも◎

あとで調べてみたら、旬の料理を提供するため、メニューは随時入替えをしているのだという。そうか、今度は夏、沢登りの帰りにでも来てみよう。次回は飲みメインでおつまみをあれこれつまみ、そばで締めるのもよさそうだ。どんな料理に出会えるだろうか。


今日のお店「秦野天然温泉さざんか」

丹沢の山々を眺めながら、豊富な湯量の天然温泉を楽しめる日帰り入浴施設。手もみ処やあかすり処などのリラクゼーションも豊富。旬の和食が味わえる食事どころ「だいこんや」あり。

住所: 神奈川県秦野市南矢名2-13-13
電話: 0463-78-0026
https://onsen-sazanka.com/

秦野天然温泉さざんか

教えてくれた人

西野 淑子

西野 淑子

登山ガイド・フリーライター

この記事を書いたライター情報

Yamakei Online

Yamakei Online

「ヤマケイオンライン」は、山と溪谷社が運営する登山情報サイト。山の概要、コースタイム付き登山地図、登山計画機能、登山用品情報、今の山岳地の状況、山と自然のコラム、ユーザーの登山記録など、登山愛好者に役立つサービス・情報を提供しています。

Yamakei Online が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載