お酒と一緒に無限に食べられる「名物アルコール専用餃子」が完成

お酒と一緒に無限に食べられる「名物アルコール専用餃子」が完成

2020/03/23

宇都宮餃子や浜松餃子などご当地グルメとしてはもちろん、もはや日本の国民食と言っても過言ではないほど愛されている“餃子”。庶民の味代表として、専門店なども続々オープンしている中、遂に進化系餃子と呼ばれる「名物 アルコール専用餃子」が名古屋に上陸した。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

“旨い!安い!早い!そして楽しい!”を追求し、「名物 アルコール専用餃子」が名物の大衆酒場

“旨い!安い!早い!そして楽しい!”を追求したネオ大衆酒場
テラス席やカウンター席、テーブル席や堀りごたつ席まで用意されており様々な要素で使用できる
明るく開放感のある店内では、元気あるスタッフが迎えてくれる

北海道を丸ごと堪能できる体験型居酒屋「毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部」をはじめ、愛知県を中心に全6店舗を展開する、(株)イートジョイ・フードサービスの新業態「餃子のネオ大衆酒場 ニューカムラ」。“旨い!安い!早い!そして楽しい!”をコンセプトに、試行錯誤の末に完成した餃子が名物のお店だ。

看板商品であり進化系餃子と呼ばれる「名物 アルコール専用餃子」

胡椒を中心としたオリジナルスパイスによる濃いめの味付けが特徴のニュータイプ餃子(にんにく不使用)
サイズが小さくスナック感覚で食べられお酒が止まらない「名物 アルコール専用餃子(5個)」(290円/税別)
まずはそのまま、2個目は刻みニンニクラー油を乗せ、3個目は雪塩をつけてさっぱり、4個目は酢にホワイトペッパーを入れる、そんなこだわりの食べ方を推奨
まんまるな形がかわいい揚げ餃子「肉汁餃子(3個)」(390円/税別)もラインナップ

ビールやお酒に合う料理の中でも常に高い人気を誇る餃子。“お酒と一緒に無限に食べ続けられる餃子”を目指し、創業44年の餃子メーカー伸和食品とタッグを組み完成させたのが「名物 アルコール専用餃子(5個入)」(290円/税別)。お酒のつまみとしてあえて濃いめの味になっているため、もちろんそのまま食べても美味しいが、刻みニンニクラー油や雪塩、酢とホワイトペッパーなど、様々なこだわりの食べ方を提案している。

フェイクミート(大豆ミート)を使ったヘルシーメニューも充実

お肉の代わりに大豆たんぱくを使用した「フェイクミート餃子(5個)」(490円/税別)
栄養価が高く食べ応えもある「フェイクミート チキン風ナゲット」(390円/税別)
サクっと香ばしい皮とトロトロの具材とのバランスが絶妙な「フェイクミート 春巻き」(290円/税別)

健康志向の女性はもちろん、ベジタリアンやヴィーガン(完全菜食主義者)の訪日外国人にもお酒や料理を楽しんでもらいたいという思いから、植物性食品の開発を手掛けるグリーンカルチャー社と、フェイクミート(大豆ミート)を使用した餃子やナゲット、春巻きなどを共同開発。健康にも地球にも優しい食材として世界中から注目を集めているフェイクミートを気軽に食べてみるチャンス。

コスパ最強の毎日「ハッピーアワー」、ダンダン安くなる「ダン安ハイボール」

毎日オープンから18:30までは、「生ビール」や「超炭酸ハイボール」などのお酒、そして「名物 アルコール専用餃子(5個)」も190円にて提供
店舗で瓶詰めした「自家製瓶詰めサワー(こだわり酒場のレモンサワー)」(290円/税別)もハッピーアワー時は190円(税別)で提供

平日の16:00~18:30、土日祝は14:00~18:30の「ハッピーアワー」は、通常1杯390円の「生ビール」、290円の「超炭酸ハイボール」、「自家製瓶詰めサワー(こだわり酒場のレモンサワー)」、そして「名物 アルコール専用餃子(5個)」がなんと、すべて190円にて提供される。さらに、「ダン安ハイボール」は1杯目が290円、2杯目が240円、そして3杯目以降は190円に。とにかくコスパが凄い!

餃子以外にもまだまだある是非とも食べたい逸品料理

店内で一夜干しされた「ひな丸鶏の素揚げ(1/4羽)」(490円/税別)
肉厚で衣薄めでサクっとした食感が魅力の「最上級品ハムカツ」(490円/税別)
そびえ立つ大根がインパクト大な「大根タワー鶏そぼろあんかけ」(490円/税別)

餃子以外にも、「丁寧に仕上げた自家製ツナマヨ」や「タン刺し風つまみ」、「とろたくマヨの細巻き寿司」など、肉も魚も野菜もリーズナブルかつ、工夫を凝らしたメニューが豊富にラインナップ。

「名物 アルコール専用餃子」完成までの道のり

――「名物 アルコール専用餃子」はどのような経緯で誕生したのですか?

(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
「ネオ大衆酒場というコンセプトをベースに、“旨い!安い!早い!そして楽しい!”を追求していく中で、お酒とも相性が良く誰からも愛されているメニューって何だろう?と考えた時、真っ先に頭に浮かんだのが餃子でした。今は肉汁餃子が流行っていますが、自分たちは、とことんお酒のつまみとして最適な餃子を開発しようと思いました。餃子の皮を専門に作り続ける創業44年の餃子メーカー伸和食品さんと共同で開発したのですが、アルコールにも合って、無限に何個でも食べることができるスパイスの配合には非常に苦労しました。スパイシーさが後引く旨さに変わる分量をようやく見極め、箸が止まらなくなるやみつきの餃子が完成しました。刻みニンニクラー油や雪塩など、新しい食べ方の提案もさせてもらっています」

――「餃子のネオ大衆酒場 ニューカムラ」という店名も個性的ですね。

(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
「来店していただいたら、必ずこだわりの餃子を食べていただきたいのはもちろん、昭和の活気があった時代、新しいものには“ニュー”や“おニュー”という言葉が流行りましたよね。こんな時代だからこそ、古き良き時代を思い出し、活力が出るお店にしたいという考えで命名しました。カムラは、店長の名前が嘉村なんです。店長の成長を願ってという意味もあります」
ショーケースにはお酒のつまみにマッチする惣菜が並びワクワクしてしまう
どぶ浸けには、店舗で瓶詰めされた自家製の各種サワーが並ぶ

――「フェイクミート」を使ったメニューも展開されていますね。

(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
(株)イートジョイ・フードサービス 櫻木潔さん
「ネオ大衆酒場という進化系大衆酒場もひとつのコンセプトです。ベジタリアンやヴィーガンの方はもちろん、そうでない方の中にも、飲みに行きたいが健康も気になるというお客さんも多いです。動物性ではなく植物性の食材を使ったつまみ、糖質も0でカロリーも低い蒸留酒のハイボールの組み合わせは、とてもヘルシーです。来店をキッカケにフェイクミート(大豆ミート)の食べ応えやその満足感を感じてもらえればとも思っています」

お酒のおつまみとして試行錯誤を重ねながら完成した「名物 アルコール専用餃子」はもちろん、コスパ最強の「ハッピーアワー」や「ダン安ハイボール」、そして「フェイクミート(大豆ミート)」の提案など、“旨い!安い!早い!そして楽しい!”をテーマに、新たな食文化を発信し続けている「餃子のネオ大衆酒場 ニューカムラ」は、明日への活力を与えてくれる古き良き大衆酒場だった。

取材・文/金森康浩 写真提供/(株)イートジョイ・フードサービス

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載