乗車前もスムーズ!高輪ゲートウェイ駅のAI無人コンビニを体験

乗車前もスムーズ!高輪ゲートウェイ駅のAI無人コンビニを体験

2020/03/23

2020年3月14日に山手線30番目の駅として開業したJR高輪ゲートウェイ駅。山手線では実に49年ぶりの新駅ということで大きな注目を集めましたが、その駅構内に3月23日オープン予定のコンビニ「TOUCH TO GO」は、なんと店員さんがいないのだとか。その詳細をレポート!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

49年ぶりに誕生した山手線新駅に無人コンビニが登場

2020年3月14日、JR東日本は山手線の品川~田町間に30番目の駅として、高輪ゲートウェイ駅を暫定開業。山手線では1971年に開業した西日暮里駅以来、実に49年ぶりの新駅ということで鉄道ファンはもちろん、多くの人の注目を集めた。

国立競技場のデザインも担当した隈研吾氏デザインの駅舎にテンションの上がるライターフクシマ

「街のランドマークとなる暖かな光の駅舎」というコンセプトに合わせ、駅舎には大きなガラス面が設けられたり、木材を多く使用したりと開放的でどこか温かみのある空間が印象的だが、高輪ゲートウェイ駅にはもうひとつ注目点がある。それが3月23日から開業する無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」である。

高輪ゲートウェイ駅の改札を入って左手すぐにある「TOUCH TO GO」。全面ガラス張りのスタイリッシュな外観が印象的だ

「TOUCH TO GO」の店内を見ると、通常のコンビニなら絶対にいる店員さんの姿が見えない。これでは商品を購入しようとしても会計時に困ってしまいそうだが……実はこの店舗はウォークスルー型の完全キャッシュレス型の店舗。つまり、店員がいなくても会計ができて、商品を購入できるというまさに近未来型のコンビニなのだ。

わずか数十秒で決済可能!

「TOUCH TO GO」の内観。ゲートを通って入店する形なので、動線が一方通行になるよう工夫が施されている

株式会社TOUCH TO GOの代表取締役社長である阿久津智紀氏によると、もともと無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」は2018年の秋にJR赤羽駅で実証実験を行い、その時に見つかった課題などを反映したのが今回オープンした店舗だ。

例えば入店する際、実験時はSuicaなどの交通系ICカードを端末にかざさないとゲートが開かなかったが、今回の「TOUCH TO GO」はゲートの前に立つと自動的に開くので、以前よりもスムーズに入店でき、さらに店内には一度に10人まで入店できるという。

エコバッグやチョコレートなど店内にはここでしか購入できない限定グッズなども販売されている。新駅誕生の記念となるおみやげもここで手に入る
飲み物コーナーで商品を手に取るライターフクシマ。ラインナップの豊富さも魅力のひとつ

そして商品の購入へ。通常は店にあるカゴに入れるか、商品が少なければ手に持つことがほとんどで、会計前に自分のバッグに入れることはまずないが、「TOUCH TO GO」では会計前の段階でバッグに入れても問題ないという。

これでは正直、万引きなどのトラブルを心配してしまうが……そうした不安は商品購入時に杞憂に終わることになる。

決済エリアに立つと、手に取った商品がタッチパネルに表示。間違いがなければ「お支払い」をタップすればOKだ

通常のコンビニにおけるレジに相当する決済エリアに立つと、なんと購入する商品が写真付きで表示された。店内に設置された50台ものセンサーカメラが入店した人の動きをチェックして、手に取った商品を把握できるようになっている。

さらにセンサーカメラだけでなく重量センサーも活用することで、手に取った商品の漏れがないようになっているため、万引きなどのトラブルも防げるという。もちろん、バックヤードにはスタッフがいるので気になる商品の問い合わせもできる。

支払いはSuicaなどの交通系ICカードで対応。今後はクレジットカードやPayPayなどの電子マネーにも対応できるようになるという

そして支払いはSuicaなどの交通系ICカードで行う。通常のコンビニなどと同様に所定の場所にタッチすれば決済完了となり、ゲートが開いて、店を出られる。ちなみに商品の支払いにかかった時間は30秒にも満たなかった。これなら電車に乗る直前でも便利に利用できることだろう。

取材メモ/商品を手に取って、決済までのスピード感はもちろん、買おうとして手に取った商品がそのままパネルに表示されるのには驚きました。朝の通勤前で急いでいる時とかにこのシステムは重宝しそうですよ!

構成=シーアール、取材・文=福嶌弘、撮影=緒方佳子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載