アンティークに囲まれた童話の世界のようなベーカリー

アンティークに囲まれた童話の世界のようなベーカリー

2020/04/04

「BAKERY ENGLAND STREET」は西武狭山線「下山口」駅から20分ほど、起伏ある狭山丘陵の一角に広がる椿峰ニュータウンの町並みを歩きながら椿峰小学校舎の目前にある店に向かう。やがて現れた三角屋根の建物。外壁には大きく店名が記され、ライオンのオブジェが出迎えてくれる。

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

ファサードから丁寧に紡がれたグリム童話のような世界観

小さなイングリッシュガーデンを眺めつつ、入口へと誘われたその先には使い込まれた重厚な木製ドア。手前にはアンティークなフォルムが印象的なベンチ&テーブルが置かれている。外壁のライオンに出合ってからたった数秒の道のりで、まるでグリム童話の世界に紛れ込んだかのような錯覚を覚え、ドアを開けるまでにもう期待感が膨らんでいく。

三角屋根が目印。外壁には凛々しいライオンのオブジェ
ここが日本であることを忘れさせる独特な佇まい
ドア横に配されたガラス仕切り。「PAY HERE」と描かれた文字が印象的だ

ドア横のガラス仕切りについて「あれは実際に使われていた銀行の払出口なんですよ」と教えてくれたのは店主の宇佐美隆一さん。今の店舗は2年半ほど前に移転したのだが、その前には椿峰団地の別の場所で店を構えていた。その当時、埼玉県のあるアンティークショップで見つけとても気に入っていたが、実はこれ、ドアや木壁が連なった大きな建具。構造上、当時の建物では導入は難しかったが、諦めきれなかったようだ。移転が決まった時には、アンティークショップの店舗備品として使われていたが「是非、譲ってほしい」と交渉して手に入れたという思い入れの深いものなのだとか。

細部のディティールにまでこだわった空間演出

ドアの先にも世界観は継続している。店内を見回せば、厨房との仕切りに使うステンドグラスや木製ショーケースなどあちこちに配されたアンティークの家具。店全体が丁寧に作り込まれ、オブジェや雑貨、ポップに至るまでその世界観を踏襲する。さらに店内を包み込む白熱灯の柔らかく温かい光が、主役であるパンたちをより引き立てる。

アンティークと柔らかい照明が温かく店内を包む
メインの商品台にもアンティークテーブルを使用

ここまで徹底した店づくりにはもちろんベースとなるイメージがある。 「イギリスの持つ雰囲気がすごく好きで。12年前この店を始める前に、渡英してあちこち見て回ったんです。滞在期間はずっと“視察”。ちょっとでも時間が惜しくて全く観光しなかった(笑)」。 そうして固められたイメージは「コッツウォルズのINN(宿)の1Fにあるような場所」。イングランドの特別自然景観地域に指定されたコッツウォルズは、小高い丘陵地帯にある村だ。ここ、狭山丘陵にもどこか通じるものがあるのかもしれない。

赤い壁を挿し色に、オールドパブを思わせるレジカウンター

店の顔は端正なデニッシュ

この店の魅力は世界観だけではない。あくまでも商品であるパンが主役だ。「力を入れているのはデニッシュとクロワッサン」という言葉通り、店の中央に置かれたテーブルの目立つ位置に多彩なデニッシュが並べられている。さっくりとした生地で果物やチョコレートを優しく包んだデニッシュや、ふんわりと発酵バターが香るクロワッサン。どれを見てもきめ細かく折り重なった層が美しく、とても端正。

洋菓子のようにデザイン性が高いガナッシュ

店主の料理人としてのキャリアはなんと和食から。その後、パティシエとして修行を積み、その経験を経て新潟で知人とブーランジェリー「ラ・ターブル」を立ち上げ、ブーランジェ(パン職人)の道へ。その後、独立して椿峰に店を持ったのは12年前のことだ。和食からパティシエへの転身は珍しいようにも感じたが、本人曰く「本人としては和食も洋菓子もパンも違いはなくて、どれも延長線上にある感じ。完成形を見て工程がイメージできればつくれそうだなと思えるんです」。 元々デニッシュやクロワッサンが好きで、自分の店を持つならデニッシュをメインのベーカリーにしようと最初から考えていたという。

発酵バターの風味がひろがるクロワッサン220円

「食感も含めてとにかく“おいしいもの”をつくりたい、それだけですね」。お客さんを楽しませるために、新しいレシピも考案する。だが、それには今まで出していたどれかを減らさなければいけない。今出ている品数が無理なく作れるギリギリの数だという。「生地を待たせると味が変わってしまう」から、無理をしてクオリティを下げることはできない。こうやって話をしている間も、その手が休まることはない。毎朝4時に厨房にきて閉店の18時過ぎまで、パン作りは続くという。

「生地を丸めるにも5回転と3回転では変わってくるんです」。良いストレスを与えることでグルテンの力が変わってくるという。パンの道は深いのだ!

安全に加え、味の安定性にも配慮した素材選び

小麦粉は新潟の製粉所から取り寄せる。「製粉する際に出る熱で変性しないよう工夫されていて使いやすい」という。バターは通常のものと発酵バターの2種を使い分ける。バターは時折製品不足が話題になるベーカリー泣かせの原材料だ。デニッシュ類の多いこちらの店では特に入手に苦労することがあるようだが「焼き上がりの香りが違ってくるのでマーガリンは使いません。バター不足になったらそのときは、もうデニッシュは焼かないでおこうかと」と笑う。

フランスパンは朝一からこね始め、焼き上がりまでに7時間。バゲット、バタール各290円

塩にこだわる店も少なくないが、ここでは「普通の塩」を使っているという。「塩って実はすごく難しいんです。岩塩などはミネラルの量など製品によって成分がまちまちでコントロールが難しい。パンは毎日食べるものなので、いつでも同じ味を届けるために安定性を重視しています」。 砂糖はパンよりも焼き菓子を作る際にバリエーションが求められるといい、ブラウンシュガーや三温糖、黒糖などを使い分けている。特に素朴なイギリスの焼き菓子にブラウンシュガーを少し加えると「素朴なだけじゃない味わい」が加わるという。 店内には天然酵母を使った商品もいくつか。セーグルのようにライ麦粉を配合したパン、カレンズやイチジクのパンなどは天然酵母と相性が良いという。現在使っているのは7〜8年前に起こした自家製酵母だ。

2日かけてじっくり仕込む食パン2種。定番の角食プルマンに山型のイギリスパン各290円

種子島に住む店主の親戚筋からは、夏みかんやたんかん、スナップエンドウや安納芋など、季節によって様々な食材が送られてくるという。フレッシュでまさに産地直送、毎年これを楽しみにしているファンも少なくない。また、カレーパンに使う牛肉は東所沢・亀ヶ谷で畜産を営む見澤牧場のブランド牛「所沢牛」を使用。実は所沢の肉牛の歴史は意外にも古く、見澤牧場でも50年以上肉牛を育てているのだと初めて知った。

所沢牛のカレーパン220円。どのパンもクオリティは高いが価格は控えめだ

パン作りは生地だけでなく、フルーツのジャムを作ったり、フルーツやカスタードクリーム、カレーに自家製ベーコンなど、その作業量は多岐にわたるが、店主は効率の良さに意識がいきすぎて品質が下がることを嫌い、ほとんどの作業を手仕事でこなす。「最近ようやく生地を均等に切り分ける機械をひとつ入れたんです」と笑いながら「ただおいしいものをつくりたい」と厨房に立ち続ける。

店内にはイートインスペースも。木製の出窓が洒落ている

「椿峰ニュータウンの魅力はこの起伏によって変化に富んだ立地と、なによりも自然豊かなところ。うちは駐車場が2台で近隣にもパーキングがほとんどないので、町にあふれる緑を楽しみながらのんびりと歩いて来ていただければ嬉しいですね」と店主。西武狭山線「下山口駅」から徒歩20分のほかにも、西武池袋線「小手指駅」から「椿峰ニュータウン」行きのバスで「椿峰小学校入口」下車徒歩10分というルートもあるそうだ。狭山丘陵一帯には41か所にわたるトトロの森が点在し、店からも徒歩10分足らずでトトロの森8号地に行き当たる。また、店から歩いて30分歩けば狭山湖や多摩湖の湖畔がひろがる、豊かな自然に囲まれた立地。ここでパンを買い、トトロ探しの森林浴や湖畔散歩を楽しむのもよさそうだ。

※価格はすべて税込

パン部

パン部

昔ながらの調理パンから、行列のできる食パンまで。西武沿線で発見したおいしいパン屋さんをご紹介します。

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

西武沿線の魅力を紹介するWEB情報サイトです。

この記事を書いたライター情報

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)

西武沿線の魅力を紹介するWEBマガジン。街歩きマスターが西武沿線をぐるっとまわって案内する「おでかけコース」、さまざまな体験を共有する「西武沿線体験図鑑」、グルメスポットの魅力を取材してお伝えする「ぐるっと部」など、実際に足を運んだレポート記事を配信中!

GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載