地元密着とはこのこと。宮古を愛し愛されるラーメン『大久保』

地元密着とはこのこと。宮古を愛し愛されるラーメン『大久保』

2020/03/26

田舎にだって美味いラーメン店があります!! お客さん思いの優しさと、実家に帰って来たような居心地の良さに、あなたも宮古に通ってしまうはず。

AREA i

AREA i

三陸ラーメンの新常識

三陸のラーメンは“あっさり醤油ベースの中華そば”が美味い。だけじゃない!! 今までの常識を「いい意味で」覆してくれるラーメン店が宮古にはある。『野菜たっぷりタンメンの店 大久保』だ。店名にもあるように、イチオシはやはり【野菜たっぷりタンメン】。 塩スープのタンメンに、しっかり炒めた野菜がどんぶりの上にこれでもか! というほどてんこ盛りに乗っかります。
厨房に並ぶ3つのフライパンは、野菜を炒めるのでいつもフル稼働。一杯ずつ丁寧かつしっかりと炒められているのだ。たっぷり野菜のヘルシーさがたまらない。罪悪感なく(!?)、ラーメンに食らいつける。

体に優しくヘルシーな、野菜たっぷりタンメン

美味しさは『麺』で決まる!!

こだわりはラーメンによって麺を変えること。自家製麺が絶対に美味しいなんていう過信はしません。スープに合った麺を使う。追及するのは「美味しさ」であり、自家製麵の「自己主張」ではない。
独自の学びから生まれた自家製麵は、県産小麦『ゆきちから』をベースに数種類の小麦をブレンド。中縮れ麺に仕上げる。2日程度寝かせ熟成したものをほぐして茹で上げるのだ。この自家製麵は【野菜たっぷりタンメン】によく合う。ちなみに【みそ坦々麺】にはカリスマ製麺所『西山製麺』の面を使用している。

担々麺好きが岩手に多いのはなぜだろう?
こちらは昔ながらの中華そば。安定の美味しさです

お客さん思い

「たっぷり」なのは野菜だけではない。お客さん思い「たっぷり」の優しさが、地元に愛されるラーメン店の理由だ。お年寄りには券売機の買い方を丁寧に説明し、駐車場がいっぱいなら店から駆け出して誘導する。そんな心優しい気遣いが、宮古市民を虜にする。営業時間は短いけれど、店内はいつも賑わっている。地元の人が集まるラーメン店って、なんだか懐かしい気分になる。
お昼時に宮古に訪れたら、ぜひとも寄ってみてほしい。一度食べれば、あなたも『大久保』を愛し、愛される宮古市民の仲間入りです!!

お店からも田舎の心地良さを感じます

この記事を書いたライター情報

AREA i

AREA i

岩手ライフをもっと楽しくする情報マガジン。カッコいい大人のためのファッション・ライフスタイル情報から気になるラーメン店まで、岩手県内津々浦々をカバー。岩手の宝である農業・漁業・畜産も追いかけています。看板企画『岩手 男ディズム』では県知事のインタビュー・変身企画も。毎月1日発売。

AREA i が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載