1000種類のウイスキーが壁一面に並ぶ噂のバーに行ってみた

2016/11/04

1000種類のウイスキーが壁一面に並ぶ噂のバーに行ってみた

表参道に少し変わった図書館がある、と聞きつけやってきたのは「TOKYO Whisky Library」……ウイスキーの図書館!? 日ごろハイボールしか飲んでいないライフマガジンレポーターtomiが今夜、ウイスキーバーの魅力を知ってオトナの階段を登る!?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【ココがスゴイ!】

1.図書館をイメージしたこだわりの内装
2.ウイスキー × オリジナルBean to Bar Chocolate
3.バーテンダーが目の前で! スペシャルなウイスキーカクテル

初心者からマニアまで! 
表参道でウイスキーの魅力にはまるオトナの夜

表参道駅から徒歩1分、路地を入ると見えてくる緑に囲まれた「TOKYO Whisky Library」の大きな看板。同じ敷地内にある教会の景色を眺めつつ階段を上がると……、本。本。本。ここは図書館?

不思議な入口に早くも魅了されるが、本当にBARであるのかはこの時点ではまだ疑わしい。

ウイスキーやカクテルに関する本が置いてある様子だが……?

1.図書館をイメージしたこだわりの内装

扉を開けると、美しく並べられていたのは本ではなく、なんとすべてウイスキー。スコッチ、バーボン、ジャパニーズ、アイリッシュ、オールドボトルなど世界から集められた約1000種類がズラリ! お酒好きにはたまらない景色が広がっていた。

思わず壁に飾られたボトルを手に取ってみたくなる!
インテリアとしてもすてきな壁一面のウイスキーは、すべて実際にオーダーして飲むことができるのだそう。高い棚のものはおしゃれなハシゴを使って取るだなんて映画のワンシーンみたい
mod['contents3']
オトナな色気漂うバーテンダーの長谷川店長。ウイスキーもスーツもお似合いですてき

次々と現れる不思議な光景。混乱するレポーターtomiは、この図書……いや、BARについて伺ってみた。

レポーターtomi
レポーターtomi
ライブラリーがテーマとのことですが、こちらのお店にはどんな背景が?
バーテンダー・長谷川さん
バーテンダー・長谷川さん
うちの社長が2年前に立ち寄ったポートランドのBARが壁一面にウイスキーを並べてあって、ワゴンでサービスをしていた光景に感動したのがきっかけでした。「こんな店、まだ日本にはない!」と2年前からずっと理想に合う物件を探していて、やっと見つかったんです。

ウイスキーの壁に見入っていると、ウイスキーの中には原酒を樽(たる)ごと買い取って独自に熟成させていくボトラーズという種類があるのだと長谷川さんが教えてくれた。そんな流通本数の少ない珍しいものも置いてあるそうだ。

そもそもウイスキーの魅力はどこにあるのだろうか?

バーテンダー・長谷川さん
バーテンダー・長谷川さん
蒸留方法や土地の水、空気、樽の違いが味の差を生むところ、禁酒法の抜け穴をかいくぐって受け継がれてきた長い歴史ですね。
レポーターtomi
レポーターtomi
なるほど。奥が深いウイスキーにさらに興味が湧いてきました!
1000種類がすべて載っている辞書のような分厚いメニューブックもあるが「今月の30種類」としてセレクトされたメニュー表も。メニュー選びに困ってしまうウイスキー初心者でも安心だ

ウイスキー × オリジナルBean to Bar Chocolate

そんなウイスキーには最高の相方がいるらしい。それがチョコレートだ。こちらでは、セレクトされた4種のウイスキーと、それぞれのウイスキーに合わせて作られたオリジナルチョコレートがいただけるテイスティングフライトというメニューがある。ウイスキーそれぞれの香りや風味によってベストな組み合わせが考えられているのだ。

左からBOWMORE、山崎、Maker sMark、MACALLAN。手前がオリジナルで作られたチョコレート4種(ウィスキーとチョコのセットで3800円・サービス料別/チョコだけでなら1600円)

チョコレートは、パッケージにお店のロゴとウイスキー名が書かれたオリジナルのもの!

本当にウイスキーとチョコレートが合うのだろうか? その疑問とともにチョコレートへのこだわりについてたずねてみた。

バーテンダー・長谷川さん
バーテンダー・長谷川さん
チョコレートは、Minimalというチョコレート専門店に作っていただいています。砂糖を全く使っていなくて、カカオの含有量や原産国の違いだけなんですよ。ウイスキーをロックで飲むと濃厚だし風味も結構強いからやっぱりチョコレートの甘みとウイスキーの甘みっていうのはマッチするんですよね。
ふむ。相性を確かめるべく、ウイスキーをいただきながらオリジナルチョコレートをひとかじり

それぞれ全然味が違う! ビターなもの、酸味があるもの、甘みがあるもの。カカオの違いでこんなにも変わるなんて!

チョコレートを食べてからウイスキーをいただくことで、チョコレートのコクと甘みがウイスキーの深みをより引き立てミステリアスなものにしてくれる。どちらか一つでは決して体験できない魅惑のマリアージュ。オトナだけが知る快楽がここにある……!

「ウイスキーにチョコレート、この飲み方ハマりそうです!」

3.バーテンダーが目の前で! スペシャルなウイスキーカクテル

だんだんウイスキーの魅力が分かってきた。もっとウイスキーの楽しみ方を知りたい。そんなレポーターtomiにおすすめしてくれたのが、目の前でバーテンダーが作ってくれるスペシャルなウイスキーカクテルだ。

カクテルメニューは「ワールドクラス グローバルファイナル2015」で総合優勝したバーテンダー金子道人さん監修だそう! さっそく目の前でつくってもらった。

まず現れたのは、珈琲をドリップするかのようにセットされたドリッパーとフィルター、珈琲豆。そこにウイスキーを計って注ぐ。珈琲豆を伝って抽出されたウイスキーはこの時点で香りがふわりと広がる
抽出したウイスキーを氷の入ったグラスに入れ、そこへ熟成させたベルモットとアールグレイのリキュール、ほんの少しのカンパリを。大事に、丁寧に、注いでくれるのはカクテルグラスではなく、上品なティーカップ

これで終わりではない。最後にオレンジピールと愛情を。コーヒー豆をちょこんと添えれば完成だ!

カフェ・ロブロイ(2000円)
大きなシャンデリアとアンティーク調の家具に囲まれ、まったりウイスキーカクテルをいただく
爽やかなオレンジとほのかな珈琲豆の香り。ウイスキーのコクがあるのにほんのり甘く、とても飲みやすい。ウイスキー単体でも、ただのカクテルでも、なし得ないこのハーモニーは、まさにオトナの味

これだけではなく、今後はさらにエイジングやジャパニーズなど各テーマでカクテルの種類の数も増えるのだそう。ますます楽しみである。

数あるなかでも、ウイスキーが盛んなスコットランド産がやはり一番多いとのこと。しかしバーテンダーの間では、アイリッシュウイスキーが光を浴びつつあるとか。ふむふむ、と真剣に見入るレポーターtomi

壁一面のウイスキーと、笑顔でなんでも親切に答えてくれる知識豊かなスタッフの方々。ここはまさにウイスキーの図書館だ。美味しい図書館で知識も増えつつ、バーでまったりとウイスキーを嗜(たしな)むオトナな女性にちょこっと近づけたレポーターtomi。

あなたもウイスキーの世界に浸ってみてはいかがだろうか。乾杯!

素敵な夜! ごちそうさまでした!
Yahoo!ロコTOKYO Whisky Library
住所
東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会2F

地図を見る

アクセス
表参道駅[B3]から徒歩約1分
外苑前駅[1a]から徒歩約11分
明治神宮前駅[エレベータ]から徒歩約12分
電話
03-6434-1163
営業時間
【月~金】夜 18:00 ~ 27:00(26:00)【土】夜 15:00 ~ 27:00(26:00)【日祝日最終日】夜 17:00 ~ 24:00(23:00)※三連休の中日に関しましては、土曜と同じ営業時間になります。
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/一杯のお酒の中にも深い歴史や物語があることがわかり、もっとお酒が好きになった。これからはさまざまな国や地域、ヴィンテージウイスキーなども試してみたい。もちろん飲み方は、ロックで!

構成=mogShore 取材・文=tomi(mogShore)撮影=佐田亮輔

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES