京都に199円均一の焼き鳥店 目指すは全国1000店舗

京都に199円均一の焼き鳥店 目指すは全国1000店舗

2020/03/31

3月26日にオープンしたばかりの鶏料理店「鶏の美術館」。全品199円という、驚異のコスパを実現するお店が京都市にオープンしました。均一で鶏料理と言えば誰もが思い浮かべるであろう大手チェーン店に果たして敵うのか。昼食は300円で済ませるライターT(30代男性)が行ってきました!

ラプレ

ラプレ

最寄駅から徒歩20分という長い道のりも、賀茂川のおかげで楽しめる

この日は3月にも関わらず20度まであがるという灼熱ぶり。「正直キツイ」と思いながらも最寄り駅「北大路」を降り、少し歩くと賀茂川が現れました。

景色が素晴らしすぎる
おじさんが歌っていたり
鳥がたたずんでいたり
飛んだ!
川下へ飛び去りました
川の音が気持ちいい

川のせせらぎや鳥のさえずり・・・大阪のミナミでは聞けない音にイラついた心も癒されました。

5年で100店舗、将来的に1000店舗という壮大な計画

運営は街CafeファームGROUP。京都を中心に居酒屋を70店舗展開しています。そんな同社が満を持してオープンするお店が「社会貢献居酒屋 鶏の美術館」。

見事に電柱が邪魔をしている

京都の条例で、派手な看板はつけられないとのこと。
全品199円で、地域住民や学生、サラリーマンを応援するという我々庶民にとって救世主になりそうなお店。安さの秘訣は
①鶏は自分で焼くべし
②居抜き物件にしか入らない
③出店エリアはオフィス街を少し離れた物件の2階か3階
④店内の装飾はハンドメイドorビール会社による提灯の提供
人件費と内装費を極力抑えることで実現したわけですね。③については、3階なら1階のおよそ半分の家賃で済むそうです。

手書きのメニュー
ビール会社による提灯の提供
内観

店舗面積は50席。営業時間は17時~翌5時です。
その安さを武器に5年後には100店舗、将来的には1000店舗の展開を計画しているそう。某大手焼き鳥チェーン店が現在650店舗くらいなので、もし実現すれば日本で最強の焼き鳥店となります。たしかにこの安さなら説得力があります。

「敵は家賃」と豪語する土岡会長

料理のご紹介

見せてもらおうか。トリビ(鶏の美術館)のメニューとやらを!(シャア風)

唐揚げ

アツアツでジューシー!噛むと肉汁があふれてきます。

鶏カルビ
自分で焼くスタイル
上手に焼けました

焼き肉屋に行っても鶏を頼んでしまうほどの鶏好きな筆者も大満足の味とボリューム。絶対頼むべきメニューですね。
自分で焼くスタイルにすることで串に刺す手間と人件費を省いています。

やげんなんこつ

コリっとしながらも、脂が程よくのっていて噛めば噛むほど味が出てきます。これもおすすめ。

せせり

せせりとは鶏の首の部分にあたります。頻繁に動かすところなだけあって身が引き締まっていてオイシイ!「ザクッ」という食感が楽しめます。

たこさんウインナー

こちらは焼いた状態で登場。弁当に入っている冷めたものでもおいしいのに、アツアツで食べたら旨さもひとしおです。

こんなサービスもしてました。

雨の日は一部メニューが99円に
ほっ!?

雨の日はハイボールと鶏カルビが99円、極めつけは「29日は鶏料理が全品1円」という破格のサービス。199円というのを聞いて「大したことないんだろうな」とタカをくくっていました。

結論:居酒屋ならここ1択。早く大阪にも作ってー!

帰り道。奥の山がキレイでした

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載