アウトドア派必見の大型グランピング施設が、福岡・飯塚に完成!

アウトドア派必見の大型グランピング施設が、福岡・飯塚に完成!

2020/07/22

ラグジュラリーなアウトドア体験ができるグランピングが今大人気。7月1日に福岡・飯塚で誕生した、コテージ、テント、キャンピングトレーラーなど4タイプがそろう話題のスポットの魅力を紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

約2万2000平方メートルの大型スポーツ&ウェルネス施設が誕生!

広大な敷地の福岡県営総合公園・筑豊緑地に隣接する公共の宿が再整備され、いいづかスポーツ・リゾート「The Retreat」(ザ・リトリート)として7月1日にグランドオープン。約2万2000平方メートルの敷地を生かし、グランピングを中心に多彩なアウトドアを提案する。

4つの宿泊タイプから好きなものを選べる

宿泊利用のパターンは4種。アウトルック・キャビン(コテージ)が5棟、ジャーニーテント(テント)が6張、コンフォートRV(キャンピングトレーラー)が4台、マウンテンロッジ(ホテル)15室(うちバリアフリー10室)で合計30室、最大131名収容可能。

価格帯は1万2100〜3万0250円(1泊2食、2名利用時1名あたり)となっている。

南国のリゾートホテルのような2階建てのコテージ。ベランダにはジェットバスがあり、自然との一体感を満喫
冷暖房、トイレ、シャワー室完備のラグジュアリーなテントでは、従来のキャンプの良さと快適さの両方を堪能できる。ソロキャンプでの利用も可
アメリカンヴィンテージデザインのエアストリーム(高級トレーラーハウス)の内装は、ホテルの客室並み。テラスにはテーブルと椅子、ガスグリルがあり、手軽にBBQを堪能できる
30平方メートルのスタンダードタイプと、46平方メートルのデラックスに分かれる。ソファベッドとロフトベッドがあり、最大5名まで宿泊可能

プチリッチなBBQで地産食材を堪能

夜は専用デッキで、ウェーバー社ガスグリルを使った一味違う本格派のプライベートBBQが可能。食材・器具などは用意されているので、手ぶらで行けば大丈夫。朝は地元でとれたお米をふっくら炊き上げてつくった「和のおにぎり朝食」を提供。新鮮な素材でつくったシェフこだわりのぜいたくな総菜や、具沢山のみそ汁はおいしくてヘルシーだ。

また1階には、森林の風と太陽が心地よいテラスカフェ「GARDEN KITCHEN」がお目見え。コーヒーやスムージー、パニーニや地元の赤崎牛バーガー、ビールやワインなどが楽しめる。

BBQメニューには地元食材をふんだんに使用し、福岡のブランド牛も追加注文できる
かごに入ったお弁当スタイルなので、ピクニックやハイキングのお供にもぴったり

キャンプファイヤーなど多彩なアクティビティを用意

グランピングは、たっぷりとアウトドアスポーツを楽しめる機会。「The Retreat」では、キャンプファイヤー、サイクリング、テニス、ヨガ、ハイキングなどさまざまなアクティビティが体験できる設備をそろえている。

グランピングでは定番のキャンプファイヤー。こだわりのまきのよい香りと、パチパチという心地よい音、燃え上がる美しい炎を見つめながら、五感でリラックスできる
マウンテンバイクに乗って、普段なかなか行くことのできない自然の中に足を伸ばしてみよう
晴れでも雨の日でも使用できる屋内コートを含む7つのコートを設置

施設名は隠れ家、避難所などを意味する“リトリート”に由来。日常生活から離れて特別な時間や空間に浸り、心と体を解放してリセットできる施設を目指している。自然あふれる非日常的な空間で、休日を満喫しよう。

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載