クラゲづくしの新エリア「クラゲワンダー」が京都水族館に誕生!

クラゲづくしの新エリア「クラゲワンダー」が京都水族館に誕生!

2020/07/29

7月16日、京都水族館内で、西日本最多の20種以上約5000匹のクラゲを展示する新エリア「クラゲワンダー」の公開がスタートした。クラゲと一緒に海に浮かんでいるような体験ができる水槽やエリア公開記念で登場した新商品など、パワーアップした京都水族館の新たな見どころを紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

新展示エリア「クラゲワンダー」とは?

クラゲワンダー入口のようす。ミズクラゲが形を変化させていく不思議な成長過程を見て学ぶことができる

京都水族館で7月16日に公開がスタートした新展示エリア「クラゲワンダー」。約 350 m2の広さを持つこのエリアでは、西日本最多の 20種以上、約 5000 匹のクラゲが展示されており、海中を漂いながら暮らすクラゲの不思議な世界を体験することができる。

エリア中央には、約1500匹のミズクラゲが漂う、360 度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」が登場。クラゲたちに包まれる幻想的な世界を体感しよう。

360 度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」。傘にあるクローバーのような模様が可愛らしいミズクラゲたちがふわふわと漂う姿に癒やされる

鑑賞するだけでなく、”楽しみながら学べる”のが「クラゲワンダー」。飼育スタッフが日々バックヤードで行っているクラゲの繁殖や研究のようすを公開するスペース「京都クラゲ研究部」や自分と同じタイプのクラゲがわかる「クラゲ別キャラ診断」、クラゲの名前や特徴、飼育スタッフの思いを記した「クラゲワンダー大図鑑」のパネル展示など、子どもから大人まで誰もが楽しみながら学べる工夫が凝らされている。

今回はそんな見どころ満載、京都水族館の新エリア「クラゲワンダー」を紹介する。

360 度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」

ミズクラゲたちに包まれる360度パノラマ水槽「GURURI」。クラゲが住む海の世界が体感できる

「クラゲワンダー」の象徴ともいえる360度パノラマ水槽「GURURI」。ドーム状の水槽で、アーチ状の入り口をくぐると約1500匹のミズクラゲに囲まれ、まるでクラゲが住む海の世界に入り込んだような体験が待っている。また、リズミカルな拍動を繰り返しながら漂うクラゲたちが、青を基調とした光のライティングと音楽で、より幻想的に感じられる。

飼育スタッフと来場者のコミュニケーションの場「京都クラゲ研究部」

飼育スタッフと対話する「京都クラゲ研究部」(イメージ)

これまではバックヤードで行っていたクラゲの繁殖、研究などを公開するオープンスペース「京都クラゲ研究部」が登場。繁殖や飼育の方法は種類によって異なり、同じ環境下でも成長過程が変化することがあるという不思議な生体、クラゲ。そんなクラゲと日々向き合いながら研究に取り組む飼育スタッフならではの視点で、クラゲにとって最適な環境づくりや日常の作業の様子を目の前で解説してもらえるぜいたくな交流スポットとなっている。

あなたは何クラゲ!? 「クラゲ別キャラ診断」

「クラゲワンダー」出口付近に展示される「クラゲ別キャラ診断」(イメージ)

世界中で3000種以上いるといわれているクラゲ。大きさや形、色など見た目が異なるだけでなく、拍動の仕方もそれぞれ違って個性がある。

「クラゲワンダー」では、ゲストにクラゲの多様性を知ってもらうだけではなく、よりクラゲに親しみを感じてもらう取り組みとして、日々クラゲと向き合う飼育スタッフがそれぞれのクラゲの個性や特徴からその性格を独自に分析!質問に答えていくと、自分と同じタイプにあてはまるクラゲがわかる「クラゲ別キャラ診断」が体験できる。自分に似ているクラゲが分かったら、館内を探してみるのも楽しい。一緒に行く友人と、家族と、ついやってみたくなる「クラゲ別キャラ診断」。来園したらぜひ体験したい。

リニューアル告知の広告で話題となった「変態・予告・完了」の原画を公開

「クラゲワンダー」の広告に使用された「変態予告」のイラスト文字。大阪市営地下鉄梅田駅などに展開され話題に

「クラゲワンダー」のリニューアルを知らせる「変態予告」というイラスト文字の広告は、京都水族館で暮らすいきものたちを組み合わせた繊細な描写がSNSや口コミで話題となった。

今回「クラゲワンダー」の公開を記念して、7月16日より新たに展開されている「変態完了」のイラスト文字とともに、原画展が開催されている。8月31日までの期間限定で、文字の中に生きる生物たちを間近で楽しむことができる。開催場所は「京の海」大水槽 2 階。

「クラゲワンダー」公開記念で新登場!夏にぴったりのドリンクやグッズ

「クラゲワンダー」の公開を記念して、クラゲをイメージしたドリンクやお土産品が新登場!さらに暑くなるこの夏にぴったり!涼しさ満点の新商品を紹介しよう。

館内のカフェでいただけるクラゲをイメージしたドリンクメニューとミュージアムショップに新登場したクラゲがモチーフの新たなグッズはそれぞれ京都水族館のスタッフからアイデアを募り商品化が実現した。

クラゲのぷるぷる感をイメージしたゼリーをトッピングした「プルプルクラゲソーダ」(650円)は1日限定20杯。夏にもってこいの爽快ドリンクで涼もう
「クラゲクッション王冠付き」(3300円) クラゲがモチーフのつぶらな瞳が可愛らしいクッション。そばに置いて癒やされたい

また、飼育スタッフが描いたクラゲのイラストがプリントされた「プリントせんべいクラゲ」など、お土産にぴったりな商品も登場。そのほか注目なのは、飼育スタッフが監修し、細部にまでこだわったというカプセル型フィギュア「カプリウムコレクション クラゲ 京都水族館限定」(全5種)

「カプリウムコレクションクラゲ」(京都水族館限定)(500 円) カプセルを水槽のように見立てた作りになっており、クラゲは細かいところまでリアルに再現されている

新しいエリアの公開でさらに魅力が増した京都水族館。夏の暑さから解放される癒やしの新スポットで非日常の空間を体験しよう!

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載