展望テラス・足湯のある新スポット「cu―mo箱根」オープン

展望テラス・足湯のある新スポット「cu―mo箱根」オープン

2020/07/09

これまで箱根登山ケーブルカーから箱根ロープウェイへの乗り換え駅だった、早雲山(そううんざん)駅舎が7月9日にリニューアルし、地上2階には新しいスポット「cu―mo箱根」がオープン。旅の中継点として利用できる施設の注目ポイントを紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

駅舎が全面リニューアルし、箱根の新たな立ち寄りスポットに変身!

神奈川県の箱根湯本から登山電車、ケーブルカー、ロープウェイを使って周遊する定番の観光ルート「箱根ゴールデンコース」の中継点として親しまれてきた箱根ロープウェイの「早雲山駅」。2020年9月7日に「箱根ゴールデンコース」開通60周年を迎えるにあたり、7月9日にリニューアルオープン。

2階には展望テラス、足湯、ショップが複合された「cu―mo箱根(クーモハコネ)」が新設される。

リニューアルした早雲山駅舎。地下1階に箱根登山ケーブルカーのりば、地上1階に箱根ロープウェイ・箱根登山ケーブルカー改札、コンコース、売店、地上2階に箱根ロープウェイのりばと「cu―mo箱根」で構成

「cu―mo箱根」のおすすめポイントをチェック!

展望テラスを設けるとともに無料の足湯も併設

展望テラスからは、箱根外輪山や強羅の街並みに加え、相模湾を一望できるほか、誰でも無料で利用できる強羅温泉の源泉を使用した足湯を新設。

屋内のラウンジには、神奈川県産の無垢の木材を使用して空間にマッチしたベンチが設置されるほか、雲を思わせるやわらかなクッションを配置し、旅の途中の快適なひとときを提供する。

展望テラスからは明星ヶ岳が望める
展望テラスにある足湯とカウンターテーブル

新名物のドリンク&スイーツも登場

直営のショップでは、飲食店「るるぶキッチン」と共同で新名物グルメ「ニューベル」「くもぱん」など、オリジナルアイテムを開発。旅の途中に楽しめるスイーツを取りそろえる。

澄み切った早雲山の晴天に浮かぶ雲をイメージした、食べるスムージー「ニューベル」。天然ハーブ由来のスカイブルーのクリームがフルーツスムージーに濃厚さをプラス。綿菓子をトッピングし、見た目にも楽しい
小田原で創業170年の加藤兵太郎商店の味噌を使ったカスタードクリームがたっぷり入る「くもぱん」。ほんのり甘い生地との絶妙なハーモニーを奏でる。小腹がすいた時にぴったりのホカホカおやつ
「lohas beans」と共同開発した、酸味・ 甘味のバランスが抜群なコロンビア産の2種類の豆を独自に配合したオリジナルのブレンドコーヒー。ホットも用意

可愛らしさやレトロ感のあるオリジナルグッズも

木目調の温かみのある店内で販売

青森県弘前市の厳選されたりんごだけを使い、おいしい部分だけをぜいたくに搾った、完全無添加ストレートで「るるぶキッチン」オリジナルの「りんごよりリンゴな林檎ジュース(箱根限定ラベル)」、長さ38センチの手延べそうめんをロープウェイのロープに見立てた「箱根ロープウェイぬーどる」、サクラクレパス社と箱根ロープウェイのコラボ商品「箱根ロープウェイクーピー」など、お土産品も充実。

「cu―mo箱根」ならではのグッズが勢ぞろい

旅の思い出になる真っ白なポストが登場

館内には、真っ白で、見上げるほどの高さがある一風変わったポストを設置。ポストの高さは「しあわせはこぶ」にちなみ、4485ミリ。ショップで販売されるオリジナルデザインのポストカードと切手で投函(とうかん)すると、大涌谷の風景印(消印)を押して届けてくれる

フォトスポットにもなるポスト

ほかにも、館内にはセルフレジやガシャポン、自動販売機に加え、観光地では珍しい交通系電子マネーやQRコード決済対応の端末やサービスを導入し、観光客が利用しやすい環境を整備。「箱根ゴールデンコース」を周遊する途中に、ぜひ立ち寄ってみよう。

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載