朝イチで訪れたい!フェリーから始まる感動的な「厳島神社」

朝イチで訪れたい!フェリーから始まる感動的な「厳島神社」

2020/04/09

島全体が神の島である世界遺産「厳島神社」。朝の参拝には、宮島に宿泊するという手段もありますが、今回、宮島口出発の早朝フェリーで向かってみました。するとそこには想像を遥かに越えた夜と朝の境の絶景、そして心落ち着く朝の厳島神社が待っていました。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

世界遺産「厳島神社」

高舞台

御鎮座は推古天皇御即位の西暦593年。平清盛が仁安3年(1168年)に寝殿造の様式の社殿に修造。平家一門、後白河法皇、高倉上皇の御幸があるなど、多くの皇族・貴族が参詣されました。

平清盛像

御祭神に「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・湍津姫命(たぎつひめのみこと)」の三女神をお祀りし、海の神や交通運輸神、財福の神、技芸の神として、今も厚く信仰されています。

夜と朝の境の船出

「厳島神社」が鎮座する宮島へ渡れるフェリーは、「JR西日本宮島フェリー」と「宮島松大汽船」の2つ。

「JR西日本宮島フェリー」の始発は6時25分、「宮島松大汽船」は7時15分で、どちらも片道10分ほどで到着します(大人片道180円・往復360円)。

宮島へ渡れるフェリーは、「JR西日本宮島フェリー」と「宮島松大汽船」の2つ

ちなみに「JR西日本宮島フェリー」の9時〜16時10分の時間帯は、海上の大鳥居のそばを通るという貴重な体験ができます。

それでは出発です

暖かな船内には観光客がいっぱい。甲板で防寒対策をして過ごす人もいました。

昼間では感じることのない静かな海

昼間では感じることのない静かな海。船のエンジン音、波の音が重厚に響く中、しばし船旅を楽しみました。

夜から朝に変わる空は一時も目が離せません

出航してまもなく、東の空が白、朱、黄色に光り始め、朝の到来を告げます。夜と朝の境目の空は、秒刻みで表情を変え、一時も目が離せません。

干潮の大鳥居に集まる人と光の朝

宮島に到着

夜明けを迎える頃、宮島に到着。清々しい空気の中、神社を目指して歩きます。

干潮の大鳥居

干潮の大鳥居のそばには、ポツポツと人々が歩み寄っていました。浜には海藻が残っていたり、潮の道ができていました。

鹿も散歩しています

鹿も散歩していて、和やかな朝です。

1日の始まりを迎えます

大鳥居に神々しい太陽の光が当たり、新しい1日が始まる瞬間を迎えました。

太陽の光で朱色に輝く社殿

太陽が射し込み、朱色に輝く社殿。

贅沢な気分を味わえます

空海が開山し、真言密教の修験道場である「弥山」からパワーが流れてきているようで、神聖な空気に身を置くという贅沢を味わいました。

干潮に秘めれた朝の社殿

干潮時に注目したいスポットはまだあります。

細かな造りにご注目

潮が引いたら社殿の床下も見えて、細かな造りも観察できます。

淡水の湧く「鏡が池」

厳島八景のひとつ、淡水の湧く「鏡が池」。神社創建時に一夜にしてできたと伝わり、東回廊のほか3箇所にあります。潮が引いたら現れる清水の美しさは和歌や俳句でも詠まれ、今も変わらず訪れる人を清らかな気持ちにさせてくれます。

高舞台などの見どころがたくさん

舞楽の舞台である国宝「高舞台」、国造りの神・農業神・商業神・医療神・縁結びの神をお祀りする「大国神社」、学業の神をお祀りする「天神社」も注目です。

心ゆくまで歩いてみてください

美しく広い社殿を心ゆくまで歩いてみてください。

時空を越えた感動を

厳島神社だけでなく、宮島へ向かう船の上からも心を奪われる「空・海・星・太陽」という自然界の共演。平安時代の人々も、宇宙のパワーを感じていたのだろうか・・・そんな時空を越えた感動があります。

美しく広い社殿をじっくり楽しんでください

令和2年を迎えることができた感謝や未来への願いを込め、少しがんばって、早朝の船の上からも静かに祈りを捧げてみてはいかがでしょう。

*2020年4月現在、「大鳥居」は修理工事中(終了予定未定)、「東廻廊」は修復工事中(2020年7月末終了予定)です。予めご了承ください。

[All photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載