女子旅に!「HOTEL THE GATE KUMAMOTO」

女子旅に!「HOTEL THE GATE KUMAMOTO」

2020/08/06

熊本震災後、開発が進む注目の熊本駅周辺エリア。ここには旅や出張にピッタリな「HOTEL THE GATE KUMAMOTO」があります。リーズナブルで居心地がよく、女性だけでも安心して宿泊できます。熱帯魚が泳ぐ水槽やマッサージ、地酒に癒やされる駅近ホテルを紹介します!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

カプセルホテルとビジネスホテル、ゲストハウスの良いとこ取り

ビジネスホテルよりリーズナブルで、カプセルホテルより贅沢、ゲストハウスのような温かな空間が広がる「HOTEL THE GATE KUMAMOTO(ホテル ザ ゲート クマモト)」。路面電車やタクシー、バスが行き交い、新幹線や在来線も乗り入れる「JR熊本駅」の目の前でアクセス抜群です。1階のエントランスに入ると、にこやかなスタッフが迎えてくれ、旅疲れが癒されました。

HOTEL THE GATE KUMAMOTO外観

24時間スタッフが常駐している安心のエントランス。その左手には、耳栓やボディタオル、歯ブラシ、カミソリなどのアメニティがそろっています。

館内着(上着・ズボン/フリーサイズ)

館内奥の自動ドアから宿泊エリアへ入り、館内着(上着・ズボン/フリーサイズ)を受け取ります。

オシャレな館内で表示もわかりやすい

お部屋の通路もオシャレで、表示もわかりやすいです。

居心地の良いお部屋

お部屋は、個室、ファミリー、ドミトリーの3種類で、個室のシングルとツインは4〜10名まで対応可能。今回は「シングル個室(1泊:約3,000円)」に宿泊しました。

※宿泊料金は、宿泊日や人数、部屋タイプによって異なります。

部屋の入り口はカーテンで仕切られています

カーテンで仕切ってあるお部屋の入り口。一部のドア付タイプを除いて完全個室ではありませんので、お部屋や廊下では静かに過ごしましょう。

隠れ家のよう

上段にはベッドがあり、隠れ家のようでワクワクしました。バスタオルとスリッパが置いてあり、枕元に電源が1つあります。マットレスは厚みがあり、館内の空調と温度はちょうど良く、ぐっすりと眠れました。

ロッカーがあるので、荷物の保管もできます

小椅子、ゴミ箱、ハンガー付きのロッカーもあり、洋服や貴重品の保管もできます。

広々としたシャワールームや熊本の天然水が飲める蛇口も

個室シャワーも完備

男女別の清潔な個室シャワー、洗面台、トイレブースもあり、ありがたいことに、ボディソープとシャンプー、リンス、ドライヤーがそろっています。

ゆっくり身支度ができそう

ポップでオシャレな洗面台。TVもあって、ゆっくり旅の身支度ができるのも嬉しいですね。

熊本のおいしい水を飲むことができます

さらに、熊本ならでは「100%天然地下水」が出てくる蛇口も! 熊本のおいしい水を飲むことができますよ。

癒しスペースやサービスも充実

ホテルの癒やしスポットも紹介します。

フリースペース「ZASHIKI(ザシキ)」

足を伸ばしてくつろいだり、電源があるカウンターで作業もできるフリースペース「ZASHIKI(ザシキ)」や、専属スタッフのマッサージで疲れを癒やせる「マッサージルーム」(要予約)。そして、ホテルの目玉、大型アクアリウムのある「バーラウンジ」には、熊本の地酒やハイボールなどがあり、女性バーコネクターのおもてなしで最高の晩酌を楽しめます。

最高の晩酌を

なんと1,000円飲み放題(税込)も! 宿泊客以外でも1,500円(税込)で利用でき、地元のお友達を呼んで語り合えます。

手ぶらで行けるほど必要なものがそろっていて、熱帯魚の揺らぎを眺めながら、極上の夜を過ごせる「HOTEL THE GATE KUMAMOTO」。ゲストレビューアワードを受賞するほどホテルとしての満足度はピカイチ! 熊本へ旅や帰省、お仕事の際は、こちらのホテルに宿泊しみてはいかがでしょう。

※取材時の情報です。予めご了承ください。

[All Photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載