激辛好き集まれ! 聖地「芝商店街」で炎の5番勝負

激辛好き集まれ! 聖地「芝商店街」で炎の5番勝負

2016/11/09

商店街内の28店舗で激辛料理が食べられる激辛の聖地「芝商店街」。激辛唐辛子ハバネロの2倍辛いとされるブートジョロキアを使ったサムゲタンやハンバーガーなどは、数々のメディアに取り上げられ、挑戦者をことごとく返り討ちにしてきた。その難攻不落の地に自称“辛王”編集部Mが降り立った。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

負けられない戦いに挑んだのはこの男

身の丈187cmのサイズにたがわぬ、強靭な胃袋を誇る編集部M。テーブルに辛味調味料があれば振らないことはなく、すべての料理を激辛に変える。まさに“辛王”と呼ぶにふさわしい激辛好き

激辛の聖地「芝商店街」5番勝負

1.芝の寿堂(激辛たい焼き)
2.CABOT CAFE(激辛ペンネ)
3.芝の鳥一代(激辛サムゲタン)
4.アジアン食堂Pakchee(激辛ガパオ)
5.MUNCH S BURGER SHACK(激辛ハンバーガー)


1.芝の寿堂
(激辛たい焼き)

ブートジョロキア入りのキーマカレーが入った激辛たい焼き180円。しっぽからはみ出した赤いカレーが辛さを物語っている

激辛ストリート制圧に挑む辛王が手始めに訪れたのは、最寄りの三田駅から徒歩4分、商店街の入り口にある「芝の寿堂」。創業100年以上になる老舗和菓子店が手掛ける激辛たい焼きに、いざ挑戦!

「たい焼きだからそんなに辛くないでしょ」と言いつつ、ひと噛みした辛王。ほどなく「ウマーい!」と満面の笑顔に。「ピリ辛でいい感じ。パリパリの皮としっとり生地もベスト」と余裕の食レポまで披露

辛王の激辛ジャッジは5段階評価で★1つ。ちなみに、辛さへの抗体は一般レベルの記者も実食。喉と舌がヒリヒリする、まごうことなき激辛でした。

一つ一つ手焼きする“天然もの”のたい焼き140円が評判。女性に人気の抹茶味もあり

芝の寿堂

住所:東京都港区芝2-30-11
電話番号:03-3453-1616
営業時間:11:30~13:00、14:00~16:30
定休日:土曜、日曜、祝日(不定休あり)
アクセス:都営三田線三田駅A9出口より徒歩4分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2.CABOT CAFE
(激辛ペンネ)

激辛ペンネアラビアータ1200円。歯ごたえのいいペンネに激辛トマトソースが絡む刺激的な一品

2軒目に訪れたのは、ニューヨークにあるようなカフェをイメージしたというオシャレな店内で、具だくさんのピザやパスタを味わえる「CABOT CAFE」。激辛メニューは、一見普通のペンネアラビアータだが、もちろんブートジョロキア入りの激辛バージョン

「トマトの風味とペンネの食感が抜群。旨い!」とサムアップの辛王。「激辛フリークとしてはもっと辛くてもいい。汗をかいて体もあったまってきました」と余裕の発言。辛王の激辛ジャッジは★3つ

普通のパスタのように、パクパク食べ進める辛王の様子と見た目の普通さに、これはそんなに辛くないのか?と思った記者も実食したが、もちろん激辛。すぐに口の中がヒリヒリし始め、ふた口目でサムアップどころかギブアップ。

ローソファもあるウッディな店内。国産有機小麦のハルユタカを使うもっちりピザ、キタアカリを使うフライドポテトも人気

CABOT CAFE

住所:東京都港区芝2-12-13 ASITIS芝1F
電話番号:03-5439-6737
営業時間:11:30~23:00(LO22:30)、土日祝12:00~
定休日:なし
アクセス:都営三田線三田駅A9出口より徒歩7分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3.芝の鳥一代
(激辛サムゲタン)

激辛サムゲタンのハーフ(1~2名分)1500円。1~5辛まであり、1辛ごとに300円をプラス

続いて訪れたのは、鶏料理の「芝の鳥一代」。看板メニューのサムゲタンをブートジョロキアで変貌させた激辛サムゲタンは、某TV番組で嵐も実食して悶絶した代物で、「商店街で一番辛いのでは?」と評判。店長もほかの味見ができなくなるから、と食べるのをためらうそう。

MAXの5辛をチョイスし、「これは辛い! レベルが違う」と、初めて辛いという言葉を発した辛王
BUT、「骨まで食べられる鶏肉に、野菜もたっぷりで旨い!」とガツガツかきこみ続ける。まったく手が止まらないそのペースには、店長も「過去最高かも?」と驚愕する中、ここも難なくクリア

手こそ止まらないものの、顔面から大量の汗を滴らせる辛王を見ていたため、ぶっちゃけ食べたくなかった記者も意を決して実食。一瞬、鶏の旨味を感じるも瞬く間に喉に燃えるような熱さと痛みを感じ、即座に箸を置いた…。辛王の激辛ジャッジは、MAXの★5つ!

約10時間煮込み骨までトロトロになったサムゲタンのほか、鮮魚も評判。お酒も焼酎、日本酒にマッコリもそろう

芝の鳥一代

住所:東京都港区芝2-30-6 ファインラック芝1F
電話番号:03-3457-1356
営業時間:11:30~14:00(LO)、17:00~23:00(LO22:15)、土曜17:00~22:00(LO21:15)
定休日:日曜、祝日
アクセス:都営三田線三田駅A9出口より徒歩5分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


4.アジアン食堂Pakchee
(激辛ガパオ)

激辛ガパオ850円。タイの唐辛子、生プリキーヌに、数種の激辛唐辛子をブレンドし、さらにブートジョロキアをプラス

4軒目は、パクチーと東南アジア料理のフュージョンが魅力の「アジアン食堂Pakchee」。タイ産のオイスターソースとバジルが香るガパオを激辛バージョンにアレンジした激辛ガパオをいただく。レベルは1~3まであるが、「3はやめといたほうがいいですよ」という店主の制止を振り切り、辛王は躊躇なくレベル3をオーダー

またしても「旨い! これ好き」とバクバク食べ進める辛王。「甘みもあるし、目玉焼きのまろやかさ、パクチーの香りもいいね」と絶賛するが、額からは大量の汗が噴出。辛王の激辛ジャッジは★4つ

結局、「旨い」を連発して食べ終えた辛王だが、記者は先に訪れた「鳥一代」でのダメージから回復していなかったこともあり、ひと口目であまりの辛さに悶絶。

契約農家から仕入れるパクチーを求める女子が殺到。毎月8日、9日はパクチー食べ放題を行っている

アジアン食堂Pakchee

住所:東京都港区芝2-30-9 プロシード三田1F
電話番号:03-6809-6348
営業時間:11:30~14:30(LO14:00)、18:00~23:00(LO22:00)、土曜17:00~22:00(LO21:00)
定休日:日曜、祝日、土曜(不定)
アクセス:都営三田線三田駅A9出口より徒歩4分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.MUNCH S BURGER SHACK
(激辛ハンバーガー)

ブットジョロキア チリチーズバーガー1750円。USビーフのパティを外はカリッ、中はフワッとした特製バンズではさんだ一品。1辛ごとに100円をプラス

最後に向かったのは、ビーフ100%のパティを使ったグルメバーガーが絶品のアメリカンダイナー「MUNCH S BURGER SHACK」。特製のオリジナルチリビーンズに、ブートジョロキアを加える激辛のブットジョロキア チリチーズバーガーを実食。辛さは5段階プラス、いくらでも辛くできるとのことだが、「一応、ヒト科なので」(辛王)の言葉でメニュー上のMAX、5辛を選択。

「すごく美味しい。バンズもパティも最高! レタス、トマトも大ぶりで、とろけたチーズの香りもベスト。旨さの五重奏だね」と、まったく辛さについて言及しない辛王

記者は辛王の様子からそんなに辛くないのかと勘違い。ガブリといったばかりに、唇までヒリヒリ痛くなった。辛王の激辛ジャッジは★3つ。

移動販売から始めた自慢のハンガーガーは、約30種のトッピング、ディップがあり、味の組み合わせは無限大!

MUNCH S BURGER SHACK

住所:東京都港区芝2-26-1 i・smartビル1・2F
電話番号:03-6435-3166
営業時間:11:00~15:00(LO)、17:30~21:00(LO)、土曜11:00~21:00(LO)、日曜・祝日11:00~16:00(LO)
定休日:月曜日
アクセス:都営三田線三田駅A9出口より徒歩7分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


結局、辛王は余力を残して5軒をコンプリート。食べながら滴るほどの発汗があった以外は、辛さに苦しむこともなく、涼やかに全メニューを食べ終えた。ヒト科とは思えない辛王は、「今度、激辛好きの友達を誘って来よう」とのんきな言葉を残し、商店街を後にした。

完全制覇の証しに、激辛ストリートののぼりを手にポーズを決める辛王こと編集部M

取材メモ/編集部の辛王は余裕で食べていましたが、われわれ一般レベルではとても食べ切れない激辛メニューばかり。ただただ辛王のスゴさがわかったロケでした。

取材・文=越智龍二/撮影=宮川朋久

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載