パレスホテル東京のカレーセット|名門ホテルギフト03

パレスホテル東京のカレーセット|名門ホテルギフト03

2020/04/24

さまざまな形で“おもてなしの心”を表現する名門ホテル。この連載では、そんなホテルや旅館で長く愛される商品を紹介。自慢の贅沢な味わいは、自信をもってオススメできるものばかり。第3回目は「パレスホテル東京」の「黒豚ポークカレー/和牛ビーフカレー/地鶏チキンカレーセット」です。  

FOOD PORT.

FOOD PORT.

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます


“丸の内1-1-1”で目指す “オンリーワン” パレスホテル東京

   

所在地は“丸の内1-1-1”。地下鉄大手町駅直結という好立地の「パレスホテル東京」は、国有国営ホテル「ホテルテート」の跡地に、1961年に「パレスホテル」として誕生しました。

国内ホテルで初めてオフィスビルを併設し、最新設備を備えた近代的ホテルの先駆けともいえる存在です。約166万枚の信楽焼の小口タイルを使用した美しい外壁などが建築物としても高く評価を受け、1963年には建築業協会賞を受賞。2012年の「パレスホテル東京」へのリニューアル以降も、日本の玄関口・丸の内で、国内外の多くのお客様を迎えています。

そんな「パレスホテル東京」のコンセプトは「美しい国の美しい一日がある。」
単に豪華で威厳があるだけではなく、やさしさと品格を備え、訪れる人の心を解きほぐす“ただ一つのホテル”でありたいと、日本の美学、礼節、おもてなしの心のすべてを注ぎます。ホテルで朝を迎えた時、“日本にいる幸福”を感じることができる“オンリーワン”のホテルであり続けること。それが「パレスホテル東京」が目指す姿です。

   

「パレスホテル」にはかつて、カレー専門店としてランチタイムのみ営業していた「IVY House(アイビーハウス)」というレストランがありました。丸の内や大手町を中心に、多くのオフィスワーカーやホテルゲストに愛された名店です。今回ご紹介するギフトは、その「IVY House」伝統の味を継承した「パレスホテル」オリジナルカレー。「黒豚ポークカレー/和牛ビーフカレー/地鶏チキンカレー」の3種のセットです。

炒め玉ねぎと肉の旨みが織りなすコク深さ

   

「和牛ビーフカレー」は、炒め玉ねぎの甘みに和牛の旨みが加わり、コク深く、それでいて上品な味わいに。ほろほろになるまで軟らかく煮込まれた和牛肉、コリアンダーやクミンなど、8種類のスパイスをブレンドした芳醇なカレーソースは、まさにホテルクオリティの美味しさ。国産黒豚を使用した「黒豚ポークカレー」は、トマトの酸味を活かして。甘みがある豚の脂が味に深みを生みながらも、次々と食べ進めたくなる爽やかな後味です。「地鶏チキンカレー」には、贅沢にも愛知県産名古屋コーチンのもも肉を100%使用。スパイスの配合は肉に合わせて変えており、リンゴピューレやバターを隠し味に加えることでスッキリとした甘みとコクをプラス。ボリューム、美味しさともに、自信を持って贈ることができるカレーギフトです。

3種セットのほか、好みの味を自由に組み合わせることもでき、人数や用途に合わせてカスタマイズが可能な点もギフトに選ばれ続ける理由のひとつ。かつての味を知る人には懐かしさを、初めて味わう人には感動の美味しさを、ぜひお届けしてみませんか。

   

【黒豚ポークカレー/和牛ビーフカレー/地鶏チキンカレーセット】
内容       :黒豚ポークカレー/和牛ビーフカレー/地鶏チキンカレー 各450g(2人前)
価格       :6,600円(税抜)
賞味期限:黒豚ポークカレー:製造より12ヶ月 /
                  和牛ビーフカレー・地鶏チキンカレー:製造より18ヶ月
販売元    :パレスホテル東京B1F  ペストリーショップ  スイーツ&デリ
住所       :東京都千代田区丸の内1-1-1 
TEL        :03-3211-5315
オンラインショップ:https://shop.palacehoteltokyo.com/shop/item_detail?category_id=298442&item_id=2300505

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます

この記事を書いたライター情報

FOOD PORT.

FOOD PORT.

美味しい日本が集まる港 をコンセプトとした、日本の食文化を発信するウェブマガジン「FOOD PORT.(フードポート)」。最新ニュースやレストラン情報、編集部独自のコンテンツなど、FOOD PORT.独自の視点で発信していきます。

FOOD PORT. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載