ビルのなかにお地蔵様!?ご利益ひろがる吉祥寺の縁結びスポット

ビルのなかにお地蔵様!?ご利益ひろがる吉祥寺の縁結びスポット

2020/05/17

「住みたい街ランキング」で毎年のように上位にランキングされる街・吉祥寺。そんな吉祥寺に、ちょっと不思議で素敵なお地蔵様がいることをご存じですか?その名も「吉祥寺御縁地蔵」。なんと寺院ではなく“じぞうビル”という建物に祀られています。御縁地蔵とご縁を結んで、願いを叶えましょう。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

ビルのなかにお地蔵様が!?

まるで鳥居のようなビルのシンボルの赤い柱が目印

JR吉祥寺駅から徒歩約2分、井の頭通沿いの「無印良品」を曲がった先にある「じぞうビル」。真っ赤な柱が目印です。

ちょっと微笑ましくなってしまうオブジェ

ビルのオーナーは、漫画出版社が母体の「株式会社じぞう屋」。ビルも会社名もすごい名前ですよね。
“漫画を通じて人と人との御縁を結び笑顔の輪を広げたい”という想いからこの名前になったそうですよ。

 

このビルの1Fにお地蔵様が祀られています。
ビルの通路はまるで京都に迷い込んだかのような町家風情で、ちょっと粋な雰囲気。

縁結びの由緒正しいお地蔵様

 

1Fの奥に鎮座しているのが「吉祥寺御縁地蔵」
今や吉祥寺の新名所ともいわれ、多くの方に縁結びのご利益を授けています。

 

この御縁地蔵は、“素敵なご縁は笑顔から始まる”ということで、“日本一笑顔の素敵なお地蔵様”を目指して建立されたそう。
じっくりお顔を拝見すると、こちらまでホッコリした気分になってしまいますね。

多くの方達の想いがこめられています

そして実は由緒も正しいのです。
恋愛成就や縁結びで全国的に有名な幸福地蔵がある、京都の「華厳寺」(通称鈴虫寺)。
その鈴虫寺のお坊さんにきちんと開眼供養していただいているんです。
縁結びのご利益がいただけるのも頷けますね。

最高の笑顔で願えば、想いはきっと叶う

 

「吉祥寺御縁地蔵」への参拝は、いつでも誰でもできます。
まず、お賽銭を入れて紅白の組み紐を1本取ってください。

 

その組み紐を、お地蔵様の錫杖から垂れる太い紐にしっかり結んでください。

たくさんの方の願いが掛けられています

しっかり結べたら、名前と住所を伝えて願い事をしましょう。
そのとき忘れてはいけないのは、純粋無垢なとびっきりの笑顔でお願いすること!

 

最後はテッパンの「恋みくじ」
大当たりのカプセルにはマスコットの御縁地蔵が入っているそう。運も上昇するかも!?

人気の街、吉祥寺を楽しみましょう

かわいいイラストも人気の「台湾茶Cafe KIKICHA TOKYO」
1年中行列が絶えず、記帳式の予約制になった「氷屋ぴぃす」

縁結び祈願が終わったら、周辺を散策してみてください。
実は今、吉祥寺で“食べ歩き”が人気なのだそう。
「じぞうビル」の中にも、タピオカミルクティーなどがいただける「台湾茶Cafe KIKICHA TOKYO」やかき氷「氷屋ぴぃす」など、人気店が多数入っていますよ。
ぜひチェックしてくださいね。

公園内にある「井の頭弁財天」。金運アップはもちろん、相手を想いながら太鼓橋を渡ると縁結びのご利益があるといわれる
井の頭公園内にある「三鷹の森ジブリ美術館」

「じぞうビル」の近くには「井の頭公園」「三鷹の森ジブリ美術館」も。
のんびり散策しながら金運アップを願うのもよし、ジブリの世界に浸るのもよいかもしれませんね。

毎年8月に開催される吉祥寺御縁地蔵「地蔵盆縁日」の願い事短冊

お地蔵様の笑顔とあなたの笑顔で、たくさんのご利益をいただいてくださいね。

Text&Photo:70.Qanai

願い事は口に出しちゃダメ?恋愛成就したい人必見縁結びスポット

願い事は口に出しちゃダメ?恋愛成就したい人必見縁結びスポット

おでかけメディア『るるぶ&more.』

小田急江ノ島線の高座渋谷駅から徒歩約7分のところにある「花のお寺 常泉寺」。年間を通じて多数の草花が咲き誇り、“花のお寺”として有名です。そんな「花のお寺」で、最近注目され始めたのが縁結びのご利益。

今年こそ恋愛成就。恋に効く神社の御朱印で運気アップを狙おう!

今年こそ恋愛成就。恋に効く神社の御朱印で運気アップを狙おう!

おでかけメディア『るるぶ&more.』

神社をお参りする際に、参拝の記念としていただく御朱印。どこから参拝しようか迷った人におすすめしたいのが、縁結びの神様がいる神社!今回は、縁結びに効く神社とその御朱印をご紹介します。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載