一汁三菜定食でキレイをいただきます!大阪・難波の隠れ家カフェ

一汁三菜定食でキレイをいただきます!大阪・難波の隠れ家カフェ

2020/05/17

大阪・ミナミを代表する街として、観光客をはじめ、日々多くの人で賑わう難波。駅から数分歩けば、街の喧騒がウソのようなひっそりとした路地裏があり、知る人ぞ知る名店が点在しています。純和風な隠れ家カフェ「一心茶房」もそのひとつ。身体に優しい定食が味わえると人気なんです。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます

路地裏にひっそり佇む古民家カフェ

 

JR難波駅近くの細い路地に、温かく光るオレンジの外灯。こちらが古民家をリノベーションした和カフェ「一心茶房」です。

 

カフェは2階にあります。靴を脱いであがるスタイルのカフェは、和室になっているので足を伸ばしてゆったりできます。
ちゃぶ台やふすまなどを用いた店内はおじいちゃん・おばあちゃんのお家を訪れたような懐かしさがいっぱいで、のんびりし過ぎちゃうかもしれませんね。

建物の1階はハンドメイドの雑貨やお菓子の販売スペースになっているので、行き帰りにのぞいてみてくださいね。

 

カフェの店内にはたくさんの本が並び、読書を楽しめるのも魅力のひとつ。
美味しいごはんを食べながら、懐かしい童話を読んだりアートブックを眺めたり、思い思いの時間を過ごせます。

野菜をたっぷり使った一汁三菜定食

一心定食860円

ランチに人気なのが、こちらの野菜をたっぷり使った一汁三菜定食。
メニューは日替わりで、メインのおかずに小鉢が2つ、汁物や雑穀米が付いたヘルシーメニュー。
この日は野菜の味噌そぼろ田楽を中心に、ニラ玉やゴーヤとレッドオニオンの和え物、みそ汁がメニューイン。
どれも優しい味わいで、食べる人の心を癒してくれます。

蒸しパン(白味噌カマンベール250円、黒糖くるみ200円)、ほうじ茶540円

おやつタイムのおすすめは、しっとりしていてふわふわの手作り蒸しパン
白味噌とカマンベールチーズが練りこまれたものなど、ひと味違った蒸しパンは必食おやつ。香ばしいほうじ茶との相性も抜群です。

物販スペースもお見逃しなく

 

1階の物販スペースでは、和歌山の「実cafe」や「焼喜菓子kokeka」から仕入れた焼き菓子がずらり。
どれも優しい味わいで、手土産にもおすすめです。
さらには器やアクセサリーといったさまざまな作家の手仕事品も並び、見る人の目を楽しませてくれます。

 

栄養満点のランチやおいしいおやつが味わえる和カフェ。
大阪・難波の人混みにちょっと疲れたときに、落ち着ける癒しの空間、ぜひ訪れてみてください。

Text:六車優花(TRYOUT)
Photo:中村光明(TRYOUT)

道頓堀観光の寄り道に最適!映えるドリンク&スイーツでひと休み

道頓堀観光の寄り道に最適!映えるドリンク&スイーツでひと休み

おでかけメディア『るるぶ&more.』

Osaka Metroなんば駅からほど近い・道頓堀の川沿いにある「ドリンクスタンドフルーミー道頓堀店」。ネオン輝くピンク色のお店には、ポップなドリンクや食べ歩きできるスイーツがずらり!

ポテトがランチの主役に!たっぷりかかった本格派ソースが絶品

ポテトがランチの主役に!たっぷりかかった本格派ソースが絶品

おでかけメディア『るるぶ&more.』

2020年1月に大阪・大正に誕生した複合施設「タグボート大正」には、フードホールや台船レストランなど魅力的な施設がずらり。なかでも「ポタル」は、主役級のフライドポテトとカラフルなソフトクリームで話題。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載