かわいいがいっぱい!奈良きたまちの感性くすぐるお店探し♪

かわいいがいっぱい!奈良きたまちの感性くすぐるお店探し♪

2020/06/23

近鉄奈良駅の北側に広がる「きたまち」。奈良の古い街並みが残る静かなエリアには個性的でおしゃれなお店が続々・・・。カメラ片手に雑貨・スイーツ・洋服・空間、好奇心の赴くままに出かけよう。

奈良っこ

奈良っこ

個性豊かな奈良きたまち

近鉄奈良駅の北側に広がるきたまちは近世~現代までさまざまな時代の魅力が味わえる地域。レトロな雰囲気漂う空間には近年個性的でおしゃれなカフェや雑貨店が続々とオープン。静かで奥行きのあるきたまちでお気に入りのお店を見つけよう。

1 Somi sweets & coffee

葛ぷりん 1個480円、ラムレーズンサンド 480円(2個入り)

お菓子とコーヒーのテイクアウト専門店。長屋を改造した店内には、卵や乳製品を使用しない「ヴィーガン」対応のお菓子や米粉使用の焼き菓子が並ぶ。
生産者の顔が見えるオーガニック食材を中心に、素材そのものの味にこだわって作られたお菓子は、ヴィーガンにこだわらない人でも生活の中に自然と取り込める、淡白すぎない食べ応えのある深い味わいが特徴。

外観

2 Fu-ra

制作中の荒木さん(左)と朝田さん

エプロンと日常着を中心に制作&販売。居心地の良い、落ち着いた空気が流れる店内では、荒木さんと朝田さんがミシンを挟んで製作に励んでいる。ママ友の2人が、ものづくりを始めて行き着いた先は「主役になれる日常着」としてのエプロン。シンプルながら飽きのこない色やデザイン、素材で作られたエプロンはどれも素敵で洋服として身につけたいものばかり。

レッグウェアや鍋つかみ、ストールなども
エプロン「Moon」7,700円/奈良や木津川を中心に様々なお店のユニフォームエプロンとしても人気♪

3 foo stitch

店内の様子

カラフルでかわいいワッペンやヴィンテージのボタン、布など国内外の珍しい手芸雑貨がずらり。大阪にある1号店に続き、地元奈良にも「ものづくりのワクワクが詰まったお店が欲しい」との思いから3年前に自宅1階にオープン。奈良らしい鹿をモチーフにしたワッペンやオリジナルの布など、自分好みのデザインが見つかりそう♪

子鹿豆ずきん(キーホルダー)2,310円/豆ずきん作家、高田テルヨさんの特別鹿バージョン!
ワッペン 100円~
かわいい外観

4 HAKUGINHI

店名にもなっている「白銀比」は実用的で心地よく、美しいと感じる形のこと

「やちむん」と呼ばれる沖縄陶器をメインに、店主が買い付けた約10人の陶工作品が店内に並ぶ。落ち着いた風合いの深緑色、コバルトブルー、飴色が特徴的で、長寿や繁栄を意味する唐草文様や花、魚紋の絵付けは贈り物としても喜ばれそう。

はしおき 540円

5 je êt nous(ジュエヌ)

店内の様子

大正建築の町家を改装した店内には、鹿をモチーフにした愛らしいアクセサリーや文具、小物などの手作り雑貨が所狭しとずらり。よ~く見るとシュールな顔の鹿や、ここでしか手に入らないものを探すのも楽しい♪店内奥の和室には店主セレクトの古道具も。

鹿のポストカード 1枚150円、鹿バッジ 各380円

6 LA LIBERTE(ラ・リベルテ)

マカロンケーキ 390円(単品130円~)

ピンクの外観が目印の手作りフランス菓子専門店。お菓子教室の講師としても活躍する店主が丁寧に作り上げるスイーツは、つい写真に納めたくなるキラキラ雑貨のよう。ケーキは日替わり、オーダーのデコケーキもぜひ。*お菓子教室「mizutama」もあり

かわいいピンク色の外観が目印
本記事は、yomiっこ 2020年2月号の掲載記事を元に再編集しています。

引用元:情報誌yomiっこ 2020.2月号

月刊情報誌yomiっこ

月刊情報誌yomiっこ

奈良っこ編集部が手掛ける、奈良の月刊情報誌「yomiっこ」

2020年2月号は、「令和のおけいこ事始め」に、さぁ召し上がれ「熱々麺」、「梅だより」などを収録

この記事を書いたライター情報

奈良っこ

奈良っこ

奈良好き初心者にもディープな方にもそれなりに役立つ“奈良ならでは”の情報が満載!地域情報誌を発行して約40年、(株)読売奈良ライフの編集部員が、「奈良をもっと元気に」をコンセプトに、話題のグルメや旬のニュース、お得情報をお届けします。随時更新されるので、ぜひチェックしてください。

奈良っこ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載