精神科医・星野概念と考える。この先につながるいまの過ごしかた

精神科医・星野概念と考える。この先につながるいまの過ごしかた

2020/05/12

識者や達人のみなさんに「StayHome」の楽しみかたを教えていただく『あの人に聴いた#STAY HOMEを楽しく過ごす方法』。今回は「Yahoo!知恵袋」に寄せられた「おうち時間の過ごしかた」に関する疑問に、精神科医・星野概念さんが答えてくださいました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

精神科医・星野概念さんが考えるStay Homeの過ごしかた

みなさん、おうち時間をどう過ごされていますか? 識者や達人のみなさんにStay Homeの楽しみかたを教えていただく『あの人に聴いた#STAY HOMEを楽しく過ごす方法』。今回は精神科医・星野概念さんに、Stay Homeにおけるマインドの保ちかたや、この先にもつながる「おうち時間」の過ごしかたをうかがいました。

Yahoo!ライフマガジンでの連載『めし場の処方箋』のファンも多い精神科医・星野概念さん。概念さんが考える、有意義なStay Homeとは

みんなの知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」には、2005年のスタート以来、日夜たくさんの質問が寄せられています。

今回はそのなかから、「おうち時間の過ごしかた」に関する疑問をピックアップ! おうちでの時間がマンネリ化し、少し疲れてきたなぁという方へ。概念さんからのスペシャルな処方箋をどうぞ

星野概念

星野概念

精神科医

Yahoo!知恵袋の質問はこちら!

Yahoo!知恵袋に届いた疑問はこちらです。概念さん、こういうときはどうすればよいですか?

地方出身の都内ひとり暮らしのため、StayHomeがはじまってから、ほぼ人とコミュニケーションをとっていません。思いのほか寂しくて、つらいです。ひとり暮らしのみなさん、いまどうしてますか?(Yahoo!知恵袋より抜粋)

星野概念さん
星野概念さん
「うんうん。人と話さなくなると孤独感が増して、辛い気持ちになりますよね。人はちょっとでも話をすると、自然に『ひとりじゃない』というマインドになれるし、話しているときは『会話』に心の居場所を見出していますから

そこで「その人の性格にもよりますが、ある程度、その辛さをゆるめる方法はあります」と概念さん。「興味があることを深めたり、小さなことでも楽しい時間を見つけると、ある意味心が一人ぼっちじゃなくなる。そして、それが心の居場所になります。加えて『焦らず、自分の過ごしたいように過ごせるか』というのも、一つの大事キーワードかな」(概念さん)。

「みなさんの戸惑いや辛さは、環境の変化で生活リズムが変わったことから来ていると思います。休校やリモートワークになって、一人での時間や家族との時間が増えたりね」と概念さんは続けます

「いま難しいのは、これまでオフの時間にできていた『ストレス発散』の方法です。家族との時間が増えた人に関しても『ずっと人といなきゃいけない』というマインドになってしまっているから、その逃がしかたが難しい」(概念さん)。

星野概念さん
星野概念さん
人って急に環境が変化すると、馴染(なじ)むまでに数ヶ月単位の時間がかかるものです。その間、心に余裕がなくなるからイライラや不安が強くなって、その原因が『家にいたり、家族と(長時間)過ごすようになったから』ということに紐付いてしまう。そもそもみんな、自分に何が起こっているのかよく分からないままStay Homeしているところがあると感じていて。それも一つの原因なのかもしれないと思います」

星野概念さんが提案する、StayHomeでやってみてほしい「2つのこと」

「読書や映画鑑賞とか『心が満たされるもの』との相性はあると思いますが、僕が実践していることを2つ。おうちでの時間を楽しくするだけじゃなく、Stay Home後の生活にもつながったら」と概念さん。

1)おちょこ一杯を湯船に!「焼酎風呂」に入る

星野概念さん
星野概念さん
「お風呂の時間を充実させることも一つなのかなと思っていて。僕のおすすめは、湯船におちょこ一杯の焼酎! 尊敬する精神科の先生に『焼酎風呂は気持ちを穏やかにする』と聞いてから、実践している方法です。気持ちが整って、体もぽかぽか温まってきますよ」
「入浴剤を入れたり、窓を開けて外気浴気分を味わうのもいい。時間があるからこそ、日常のなかでアナログなリフレッシュ法を開発する楽しみも見つけてもらえたら」(概念さん)

2)ちょっと手のかかるパートナーを持つ。例えば……ぬかを漬ける

星野概念さん
星野概念さん
「もう一つは『ちょっと手をかけるものを持つ』。僕は毎晩家に帰るようなってから、ぬかを漬けはじめました。それは人以外とのコミュニケーション時間を持ってみてはどうかな? ということ」

「そうするとその時間は、僕一人じゃなくて『ぬかと俺』の時間になるんですね。人と話すわけじゃないけれど、『いい味になってくれよ』『元気?』なんて、こちらが一方的にコミュニケーションをとるじゃないですか。それって孤独じゃないんですよね」(概念さん)。

「ぬか歴は1ヶ月。きゅうりやナスは1〜2日でおいしくなるんですけど、ニンジンはもう少し置いておくほうが好み。よかったのは卵! ゆで卵をぼんと入れておいて、3〜5日、漬けるとおいしいんです」(概念さん)
「動物や植物でももちろんOKですが、僕と相性がよかったのは『ぬか』です。話したくないときは冷蔵庫に入れておけばいいですしね(笑)」(概念さん)
星野概念さん
星野概念さん
「そうしたものを傍らに置いてみると、ある種のパートナーにもなるんです。ちょっと手はかかるけれど、自分のペースで過ごせるパートナーの存在は、心の安定にも繋がりますよ」
「無機質じゃない何かを置いて、お世話をしてみること。僕の感覚ですけどね」(概念さん)

そして「『自分に手をかける時間が増えた』とも考えればいいというか」と概念さん。「時間がないときは合理性を追求することが大事かもしれませんが、いまはあえてめんどくさい『自分には何が合うかな?』という実験をする時間、とも捉えてみてはどうかな」(概念さん)。

何もしたくないなら、それでいい。

最後に「時間ができたら『成長しなきゃ、何かを得なきゃ』って気持ちになりがちですが、気が向かなかったら何もしなくていいんですよ」と概念さんは話します。

星野概念さん
星野概念さん
「たぶん僕も、同じ気持ちになると思う。でも時間ができたからといって、どうしても自分磨きをしなきゃいけないわけじゃないんです。『この時間を利用して自分の成長につなげよう!』という考えももちろんよいことですが、そんな気分にならない人もいますよね」
「『何かをやらなきゃムード』に囚われちゃうと、『自分磨きを強制されている』という気持ちになってしまう。それだと、辛いと思うんですよ」と概念さん

「いままで頑張っていたぶん『だらだらした時間を過ごす方が自分に合っている』と思ったら、それでいいし。個人的には、新型コロナウイルスの影響が落ち着いたときに『案外だらだらしていたら終わったな。自粛生活も辛くなかったわ』って感じている人の方が、実は人としての成長度が高いんじゃないかと」(概念さん)。

「そうして振り回されない方が、あとで考えたときに『豊かな時間』になる気がするんです。ただもちろん、この時間を利用して自分を成長に導きたいと思うんだったら、ぜひ行動してほしい」(概念さん)

みんなに覚えておいてほしいこと。

「最後に。いまある戸惑いや焦り、不安はみんな同じということを覚えておいてください。はじめに少し話しましたが、急に環境が変わったのだから不安になって当然だし、いままでと違う自分が見えるのも当然のことなんです」(概念さん)。

星野概念さん
星野概念さん
「だからそれを踏まえたうえで、自分の労りかたを考えられるかも大事なポイント。みんな不安だし、みんな戸惑うんですよね。余裕がなくなって当然の時期だから、焦って状況を変えようとすると悪循環に陥(おちい)ってしまいます。なのでゆったり考えながら、ゆっくり過ごす。うまくいかなくても焦らず、自分のペースでよきパートナーやリラックス法を見つけてくださいね」

取材・文=金城和子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載