超予約困難店『食堂とだか』のテイクアウト弁当の凄すぎる中身

超予約困難店『食堂とだか』のテイクアウト弁当の凄すぎる中身

2020/05/23

近所にあったら購入したいテイクアウト、またはお取り寄せで、自宅でちょっと贅沢な食事を楽しみたい。「焼肉の達人」(ダイヤモンド社)の著者で、グルメに詳しい小関尚紀さんに今だから食べられるメニューを紹介してもらった。

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます

計22品が入った「5000円コースのお弁当」

予約は2年以上待ちだった

『孤独のグルメSeason6』の最終回に登場以来、瞬く間に予約困難店のスターダムにのし上がったのが、食堂とだかだ。
予約を取るのをやめる前までは、2年待ち以上だった。五反田駅徒歩5分、多様な飲食店が多数混在する通称、五反田ヒルズの主的な存在として今や、君臨する。

ヒットメニューを続々と・・・
素材の組み合わせで・・・

番組にも登場した「雲丹オンザ煮卵」や「牛ご飯」の他、「甘納豆チーズ」や「とだカレー」「とだかハイボール」など、素材の組み合わせの掛け算で、ヒットメニューを連発させる。そんな食堂とだかのお弁当なんだから是非、食べてみたいじゃないか。

計22品(内容の変更はあります)

おすすめメニューは、「5000円コースのお弁当」  5,000円(税込)は、前半10品、後半12品ずつ、計22品。新名物「とだチキ」、食感の楽しい「いぶりがっこのポテサラ」もいい感じ。合わせ方の妙「ぶどうの白和え」、ぷにゅぷにゅ食感の「揚げゴボウ豆腐」と盛りだくさん。後半は、あわび、ふぐ、ほたて、和牛と高級食材のオンパレード。当然、メインの「和牛と山芋のすき焼き」は悶絶の領域だ。
ほか、2000円コースのお弁当、甘納豆チーズ 900円、いぶりがっこのポテサラ700円、とだカレー(2食分)1,000円 は、テイクアウト可能
※いずれも税込

テイクアウトの看板も

【テイクアウト&デリバリー情報】
電話:03-6420-3734
Facebook:https://www.facebook.com/wasse.umaka/
※Facebookの「食堂とだか」のページをフォローすると、弁当の予約を受け付ける投稿があるので、そのコメントに欲しいメニューと受け取り時間を書き込む

小関尚紀

小関尚紀

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続いていますが、Yahoo!ライフマガジンでは飲食店のみなさんの応援のために記事をご紹介させていただきます

この記事を書いたライター情報

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

株式会社日刊現代が発行する夕刊紙「日刊ゲンダイ」および、公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」には、旅やグルメ、レジャーなどの“おでかけ情報”が満載。好奇心旺盛な記者や専門家が実際に現地に出向いて取材し、本当にオススメできる選りすぐりのスポットを紹介します。

日刊ゲンダイDIGITAL が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載