ハッピーアワーは焼鳥オール100円!門司港「さるいっぴき」

ハッピーアワーは焼鳥オール100円!門司港「さるいっぴき」

2020/05/23

門司港の隠れ家、焼き鳥「さるいっぴき」では、ハッピーアワーの時間に行くとお得!!焼き鳥はもちろん、お酒が進むメニューがたくさん!地元の方に人気です。

かんもんノート

かんもんノート

「さるいっぴき」はこんなお店

今年6月に移転リニューアルオープンしたこちらのお店。

実は移転前から「さる・・・いっぴき・・・?」とどうも名前が気になって仕方なかったのです!

店頭のお猿さんが目印

移転を知ったきっかけは、「ランチやってます!」のチラシをもらったから。

ボリューム満点メニュー

豊富なランチメニューにもそそられたのですが、かんもんノートでは勝手に“呑み屋担当”を自負しているわたし笑、何より『焼きとりダイニング』であるからには焼鳥をいただかないわけには!と自分に言い聞かせました。(呑みたかっただけ)

どれも美味しそう

しかも、表の看板で『ハッピーアワー』があるのをチェックしていたわたし。(抜かりなし)

ハッピーアワーは16:00から18:00!

もちろんこの時間を狙って、いざ突撃!!

どきどきの初訪問でしたが、ダンディーな大将が優しく迎え入れてくださいました。

「さるいっぴき」のメニューはこちら

ビールと焼き鳥は最高の組み合わせ
一品料理も豊富

「さるいっぴき」で今回頼んだメニューはこちら

日本酒おいてます

最初からひたすら日本酒だけ飲むのが一番調子のいいわたしは、一人訪問なのをいいことに一杯目から日本酒をいただきました。(てへ)

全ての串メニューが美味しいんです

そしてさっそく焼鳥を注文!

おすすめ5本をお願いしました。

どれも100円なので値段を気にしなくていいのがうれしい。笑

出てきたのはこちらの5本。

日本酒とよく合います

くぅ〜いいですね、焼鳥と日本酒。最高です。

牛ホルモン鉄板

そして迷いに迷って、牛ホルモン鉄板も注文。

ニンニクのきいた甘辛い味付けがお酒に合う…っ!

気になる「さるいっぴき」の由来

さて、そんなおいしい料理をいただきながら、ずっと気になっていた名前の由来を聞いてみました。

まずひとつは、大将がさる年だということ。

そしてもうひとつ、大将は長渕剛さんの大ファンで、長渕さんの「猿一匹、唄えば侍」という曲名から拝借した、とのこと。

ダンディーな大将だけに、妙に納得。

個室はこんな感じ

店内は個室とテーブル席3つ、カウンターもかなりの人が座れる長さで、広々としています。

リニューアルされて、オシャレに

このテーブルと椅子、大将の手作りだそう…!

「オープン前日、いや当日までつくってた」と笑う大将ですが、手作りとは思えない完成度で居心地のいい雰囲気を作り出しています。

途中から登場したママさんも朗らかで、お話していてとっても楽しかったです。

一人の緊張もすっかりほぐれました。

カウンターで飲むのもおすすめ

長渕ファンの渋い大将ですが、女性ひとりでもやさしく迎え入れてくれます!

ひとりでもグループでも団体でも受け入れてくれる懐の深いお店ですよ^ ^

忽那 恵

忽那 恵

ライター

かんもんノート

かんもんノート

関門エリアの観光・グルメなどを発信するローカルメディア!

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして創刊したローカルメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとしグルメやイベントなどの情報を日々発信中!

この記事を書いたライター情報

かんもんノート

かんもんノート

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

かんもんノート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載