パティスリーカフェで自分へのご褒美時間を過ごしませんか?

パティスリーカフェで自分へのご褒美時間を過ごしませんか?

2020/05/30

コーヒーやスイーツ、お食事も楽しめるパティスリーカフェ『BON POINT BLEU(ボンポワンブルー)』。ボンポワンとは、何かが上手にできた時や、授業中に答えられたときなどに、先生からもらえるご褒美ポイントの名前だそうです。そんな“ご褒美”な時間を過ごせるカフェを紹介します。

シティ情報ふくおかナビ

シティ情報ふくおかナビ

ご褒美のひとときを美味しい食事とコーヒーで

BON POINT BLEU(ボンポワンブルー)

薬院のカフェで仮営業をしながらファンを増やし続け、いよいよ高砂に店舗をオープンした『 BON POINT BLUE (ボン ポワン ブルー)』。

青い外観が目を引くお店
美味しそうなケーキに迎えられて店内へ!

こちら、コーヒーとデザートはもちろん、ランチメニューもかなり美味しいとの噂を耳にしたので、週替わりのパスタ(取材当日はみんな大好きナポリタン♪)をオーダー。

パスタランチ 1,100円(サラダ・ドリンク付)※ランチメニューは15:00まで

オリジナルソースがたっぷり絡まり、半熟卵が乗った完璧なフォルムのナポリタンが登場!黄身を崩した瞬間の幸せたるや…(ご想像ください)。

トロッと卵がさらに食欲をそそります

意外と高砂エリアでパスタランチをやっている店が少なく、プレートランチとともに幅広い世代に好評とのこと。ちなみにバターチキンカレーに季節野菜がのっけられた『ボンポワンカレー』も人気。こちらはレギュラーメニュー。

ボンポワンカレー 1,100円(ドリンク付)

奥にカウンター席もあり男性でも入りやすいのか、取材中も多くの男性一人客がランチを楽しむ姿も。

だいぶお腹は満たされた…

お腹いっぱいです…けれど、ここはパティスリー。しっかりちゃっかりデザートもいただきました(笑)

八女抹茶ラテ、オペラ 各550円

この「オペラ」、コーヒー&パティスリーという店のコンセプトのように、フルーティーなコーヒーの味がしっかりとデザートの中に感じられる逸品!それもそのはず、オーナーの丹後さんは製菓専門学校出身のパティシエ。そこから、デザートに欠かせないコーヒーに興味を持ちはじめ、京都の小川珈琲で修行し、バリスタとして大会に出場、入賞するまでになった努力家。コーヒーとケーキのプロフェッショナルが作る「オペラ」は美味しいに決まっています。

 

独立するにあたり、同僚でもありシェフとして活躍する堀内さんと共に地元である福岡での開業を決意。

「一度きりじゃなくて、ずっと通ってもらえる店舗を目指してるんです」

と、毎日より良いものを届けるため、ケーキ作りやメニュー開発に取り組んでいるそう。ケーキもフードも地産地消を意識して、定番のもの以外は季節に応じて変えていく予定。

シューサブレリリ 275円※ランチ利用の場合220円

お手軽に楽しめる「シューサブレ」も、生地はもちろん、中のクリームが程よい濃厚さで超美味しい!これは、私の手土産リスト入り決定です!!クリームが個人的に好み過ぎて、ひたすら感動していると「九州にある各乳業製造会社の生クリームを仕入れて、試作を続けて完成したんです。生クリームを変えるだけで全然味が違うんですよ」と丹後さん。話を聞いていても、食に対する真摯な想いがヒシヒシと伝わってくる。

ぜひまだ足を運んだことがない方は“ご褒美時間”を堪能してみてください♬


掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくおかナビ

シティ情報ふくおかナビ

福岡の老舗情報誌「シティ情報ふくおか」がディリーにお届けする福岡の街歩き最新情報。幅広いカテゴリを独自の切り口で編集してお届けしています。

シティ情報ふくおかナビ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載