夏はトマト狩りにいわき市へ!ご当地グルメ・ポーポー焼きって?

夏はトマト狩りにいわき市へ!ご当地グルメ・ポーポー焼きって?

2020/07/02

爽やかな海風を求めていわき市へ! 旬のトマト狩りでエネルギーチャージ&いわきならではのグルメや、夏期限定のかき氷などが楽しめるカフェでのんびり過ごそう♪

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

あま~いトマトをテーマにした農と食のテーマパーク『ワンダーファーム』

「JAとまとランドいわきファーム」。熟すと黄色、紫色になるカラフルなトマトがいっぱい

いわき市四倉町にある『ワンダーファーム』には、敷地面積2.5ヘクタール、38,000株のトマトがある「JAとまとランドいわきファーム」、ビュッフェが人気の「森のキッチン」、オリジナル商品や地元野菜を販売する「森のマルシェ」がある。

トマトハウスでは、土・日曜祝日限定で季節問わずトマト狩り体験ができ、大人から子どもまで楽しめる。歯ごたえがあり糖度の高い「カンパリ」や、ちょっと珍しい「フラガール」など9品種のトマトを味見しながら袋いっぱいに詰めよう!

「森のキッチン」。新鮮なトマトを使用したメニューを中心に、様々な料理が味わえる
「森のマルシェ」。甘みたっぷりのトマトジュースや地元のパティシエが作るプリンなどが販売されている。トマトの量り売りもあり

サンマ1尾をまるっと使った、いわき家庭の味を食べられるカフェ『きゅういち』

「名物ポーポー焼き定食」(930円)。頬張った瞬間にサンマの旨みが広がる

新鮮なサンマの刻み、厳選した地元の熟成みそ、ネギ、ショウガなどを混ぜ、ハンバーグ状にして焼くいわきの郷土料理「さんまのポーポー焼き」。

スタッフの玲子さんが子どもの頃から食べ続けてきた味を守るため、仮設商店を経て2019年4月に現在の場所に店を移転オープンした。『ごはんカフェ きゅういち』のポーポー焼きは完全手づくり。サンマの臭みがなく、どこか懐かしい味を楽しめる。

桑折町で開催した「ふくしまバーガーサミット」にも出品! 「ポーポーメンチバーガー」(550円)
豊間海岸まで徒歩3分の場所にあり、真っ赤な外観が目に留まる

海が見えるカフェ『月見亭』で季節を感じるスイーツを満喫

白を基調とした明るい店内。窓際の席からは中之作の海が一望できる

急な坂道を登った先にある、海風が心地良い小さなカフェ『海が見えるカフェと農園 月見亭』。築50年の建物をNPO法人「中之作プロジェクト」のメンバーといわき市民で改修を行い、2019年7月にオープン。

旬の福島県産食材を使用したランチメニューやデザートを味わえる。2020年7月17日(金)からは夏季限定かき氷の販売がスタート! さっぱり食べられる梅とシソのシロップや、いわき市田人町のイチゴを使った甘酸っぱいシロップをかけたかき氷を提供する。

ふわふわとした食感の「レアチーズケーキ(オレンジ)」(400円)と爽やかな「国産レモンの手作りレモンスカッシュ」(400円)
おすすめは、夏季限定かき氷「梅松スペシャル」(600円)
シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載