【DAISO】地震対策だけじゃない「耐震マット」の活用術6選

【DAISO】地震対策だけじゃない「耐震マット」の活用術6選

2020/06/06

お気に入りの家具や家電、地震が起こった際に倒れたりしないようにきちんと対策したいですよね。そんな方におすすめなアイテムが、DAISOで購入できる「耐震マット」です。この記事では耐震マットの魅力とおすすめ活用術をご紹介いたします。地震対策だけでなく、いろんな活用術があるんですよ。

イエモネ

イエモネ

「耐震マット」のスペックをチェック!

パッケージの裏

目立たない透明タイプの耐震マット。ゲル素材が衝撃や振動を最小限に抑えてくれます。こちらのシリーズは40mmサイズ厚さ5mmと、50mmサイズ厚さ3mmの2種類あり、耐荷重量はそれぞれ4枚使用時で約36kgです。

パッケージから出してみた

パッケージから出すと、透明ゲルの角型マットが薄いシートに挟まれています。透明ゲルのマット自体に粘着性があるので、そっとはがして使いましょう。

※本製品は衝撃・振動を最小限に抑えるものであり、災害や事故などの損害を補償するものではありません。

粘着性の高い透明ゲル

「耐震マット」の使い方

使い方①ブックエンドの裏に

ブックエンドの裏側につけてみた

こちらは40mmサイズ。昔イケアで購入したブックエンドの裏に、2カ所貼ってみます。すると・・・?

しっかりとした支えになる

レンジオーブンの天板やトレイなどを立ててしまえる収納スペースが完成!耐震マットをつけることで、ブックエンドと棚接地面の滑りが抑えられ頑丈になりました。今まではブックエンドの上部に負荷がかかると倒れてしまいましたが、耐震マットパワーで倒れないように。

使い方②電気ケトルの下に

「BALMUDA The Pot」の裏に貼ってみた

耐震マットはお気に入りの家具の転倒防止に活躍します。写真は筆者が愛用している電気ケトル「BALMUDA The Pot」。土台の裏側に50mmサイズの耐震マットを貼ってみます。

地震時も安心

土台が棚にしっかりくっつき、頑丈になりました。普段ふとしたときに、もし地震が来たら棚から落ちしてしまうのでは・・・と心配でしたが、耐震マットを貼ることで安心感も得られました。

使い方③トースターの脚に

「BALMUDA The Toaster 」の脚にもつけてみた

脚付きの家電には、脚それぞれに耐震マットを1枚ずつ貼ります。透明タイプだから、はみ出ても美観を損ねません。

使い方④花瓶の裏に

テーブルに貼る

テーブルや棚の上に花瓶を置く際、滑って転倒する可能性はゼロではありませんよね。そんなときにも耐震マットを貼っておくと安心。耐震マットは粘土のようなので、剥がすのも簡単。水替え時もストレスになりません。汚れたら洗って繰り返し使えるので、気兼ねなく使えますね。

テーブルの上で滑らないように

使い方⑤つっぱり棒の強化に

耐震マットを貼ってからつっぱり棒を張る

設置箇所に耐震マットを貼ってから、つっぱり棒を張ると、あて板の代わりのようになり強度が増します。つっぱり棒が頻繁にずり落ちて困っている・・・という方はぜひ試してみてくださいね。

ハサミでカットもできる!

40mmサイズを4分割に

ちなみに、耐震マットはハサミで簡単にカットできます。もし小さなインテリア小物に貼りたい場合や耐震マットのはみ出しが気になる場合は、お好みのサイズにカットして使うとよいですよ。

使い方⑥置き時計の裏に

置き時計の裏

こちらは40mmサイズを4分割にカットしたもの。コンパクトサイズの置き時計の裏に、カットした耐震マットをペタリと貼りました。

滑らなくて安心!

底面が滑りやすかった時計が、耐震マットをつけることでテーブルにしっかり留まるように。何かの拍子でテーブルから落ちてしまう可能性が低くなりました。

まとめ〜耐震マット、超優秀!

「耐震マット」110円(税込)左:40mmサイズ 右:50mmサイズ

ご紹介した活用術以外にも、壁に貼ってボールペンなどの軽いアイテムの簡易収納にしたり、ハイヒールの内底に貼り痛み防止にしたりと、幅広く使える耐震マット。みなさんはどのように使いますか?

おうち時間が増えた今こそ、大切な家具や家電のケアに力を入れて、安心して過ごせたらいいですよね。耐震マット、ぜひお試しください!

※お買い物の際は混雑する時間を避けるなど、感染予防を心がけてくださいね。

商品名:耐震マット(角型、4枚、40mm×40mm×5mm)
価格:100 円(税別)

商品名:耐震マット(角型、4枚、50mm×50mm×3mm)
価格:100 円(税別)

※ご紹介した活用法は、イエモネ編集部/ライターの考案したものであり、(株)大創産業の監修を受けたものではこざいません。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がございます。予めご了承ください。
※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合がございます。

[All Photos by kansugi ]

この記事を書いたライター情報

イエモネ

イエモネ

今日もお家で、ナマケたい。「イエモネ」は、暮らしと自由をテーマにした、家中(イエナカ)情報メディア。簡単レシピからお取り寄せスイーツ、可愛いインテリア雑貨やおしゃれ家電まで、あなたの家をもっと居心地よくするアイデアで詰まっています。人生に、帰りたくなる家を。

イエモネ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載