現役CA絶賛「Mr.Chicken鶏飯店」をテイクアウト!

現役CA絶賛「Mr.Chicken鶏飯店」をテイクアウト!

2020/06/22

シンガポール好き現役CAおすすめのアジアン・レストラン「Mr.Chicken鶏飯店」。看板メニュー「シンガポールチキンライス」は、本場さながらの美味しさです。店舗やUber Eatsでのテイクアウトはもちろん、さらに手軽に楽しめるフードトラックについてもご紹介いたします。

CA Media

CA Media

日本で味わえる本格アジアングルメ

緊急事態宣言は解除されましたが、安心して海外旅行に出かけられるまでには、まだもう少し時間がかかりそうです。

今回皆さまにご紹介したいのは、そんな旅の恋しさを癒してくれるシンガポール料理のお店「Mr.Chicken鶏飯店」です。

Mr.Chicken鶏飯店 五反田店(外観)

東京都内に2店舗を構え、テイクアウトやフードトラック、Uber Eatsでも購入することができます。

オーナーは幼少期をシンガポールで過ごし、シェフはシンガポールの人気チキンライス専門店で修業をしたという本格派です。

“気軽で安価にアジアを感じられる場所や食を提供していき、アジアへの関心をより強くもって頂きたい”

オーナーの言葉通り、シンガポールの屋台「ホーカーズ」を彷彿させる店内では、チキンライスやラクサなど、シンガポールグルメが楽しめます。

Mr.Chicken鶏飯店 五反田店(内観)

また、アジアご出身のスタッフが作るスリランカ・タイ・ベトナム・など、アジアのソウルフードも味わえます。

マンスリーメニューで、スリランカカレー・センレックヘーン(汁なしタイ油そば)・ネパールカレーやバクテーなども提供しているそうです。

ライブ感あふれるオープンキッチン、店内にただよう香りが食欲をそそります。

厨房

「シンガポールチキンライス」とは? 

近年、徐々に知名度を上げてきた「シンガポールチキンライス」をご存知でしょうか。

日本ではトマトケチャップで味付けをしたチキンライスが一般的ですが、シンガポール式は、鶏のうまみたっぷりのチキンスープで炊いたご飯の上に、鶏肉を乗せた米料理です。

テイクアウト商品

多くの店舗で、ダークソイソース(甘みの強いたまり醤油)・チリソース・生姜ソースが添えられています。

チキンライス通は、これらをかけて自分好みにいただくのです。

「Mr.Chicken鶏飯店」では、3種類のチキンライスを楽しむことができます。

・WHITE(蒸し鶏)   :780円
・BROWN(揚げ鶏)  :830円
・MIX(蒸し鶏&揚げ鶏):880円

私がテイクアウトしたのは「MIX」。

やわらかい蒸し鶏と、皮目がパリッとした味わい深い揚げ鶏の両方を贅沢に楽しめます。

シンガポール気分を味わうために、パクチー大盛り・鶏ガラスープ付きで。

甘辛のコントラストが楽しめる2種類のソースもかけていただきました。

「MIX」をお皿に盛り付け

実はシンガポール帰国子女の筆者。

大好きな第2の故郷へのフライトが待ち遠しい毎日ですが、久しぶりに味わう本場の味に元気をもらいました。

そして日本人にも親しみやすいシンプルなこの味は、シンガポール料理初心者の友人の口にも合うようです。

コロナ流行前には、多くの友人を連れてお店を訪れた思い出もあります。

店舗テイクアウトはもちろん、各地にフードトラックも出動中

現在、店舗はコロナウィルス感染対策を実施の上、時間短縮で営業中。
(冒頭の写真は、コロナ禍以前のものをお店からご提供いただきました)

店舗やUber Eatsでテイクアウトも実施しています。

フードトラック

併せておすすめしたいのは、各所に出動しているフードトラックです。

私も自宅近くにフードトラックが来ていることを知り、お散歩がてら購入しました。

平日は曜日替わり、それぞれ5~6ヵ所でチキンライスを販売しています。

なんとフードトラックでは、店舗やUber Eats価格より100円以上お得に購入することができます。

ご自宅や勤務先の近くまで来ていないか、ぜひチェックしてみてください。

テイクアウトで、シンガポールをもっと身近に。
手軽に楽しめる「シンガポールチキンライス」で、おうちでアジア気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Mr.Chicken鶏飯店

この記事を書いたライター情報

CA Media

CA Media

ライターは全員現役・元キャビンアテンダント。CAライターが情報を発信するサイトです。美容、旅行、グルメ、仕事、恋愛、ライフスタイルなど、それぞれの分野に詳しいCAライターが、CAの経験をもとにCAの視点でおすすめの情報を発信します。

CA Media が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載