3密対策も!テラス席でビールが楽しめる新宿駅近のビアバル3選

3密対策も!テラス席でビールが楽しめる新宿駅近のビアバル3選

2020/06/24

季節はもうすぐ夏本番! 暑い日に飲みたいお酒といえば……やっぱりビールだろう。とはいえ新型コロナウイルスの感染リスクを考えると、3密状態は避けたいところ。そこで開放感抜群のテラス席でビールが楽しめるお店を新宿で発見! さっそくチェックしてみよう!!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

全店新宿駅から徒歩5分以内! リゾート感満点の1杯が駅チカで楽しめる

気が付けば2020年も6月に。梅雨を越えればいよいよ夏本番を迎え、ビールが美味しくなる季節がやってくる。

新型コロナウイルスの影響もあり、外出を控えて自宅で缶ビールを飲む機会も増えた昨今。仕事終わりにひとり、お気に入りのビールで晩酌するのもそれはそれで楽しいが……せっかくならビールの美味しいお店、できれば3密状態になりづらいテラス席で飲めるならもう言うことなしだ。

STAY HOME期間中は仕事もせずに缶ビールばかり飲んでいたライターフクシマ。久々の取材、しかも大好きなビールが飲めるということで早くもニッコリ

照りつける太陽の下でキンキンに冷えたビールをグイっと飲む……これからの季節だからこそできるビールの楽しみ方だが、テラス席で極上の一杯が楽しめるお店が新宿にあるという。いずれのお店も駅から5分以内という好アクセスなので、仕事帰りにフラっと立ち寄るのにも最適だ。

1.Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

隠れ家的テラスで自分好みの1杯を楽しめる♪

まず向かったのが、Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen。日本地ビール協会が主催するインターナショナルビアカップにおいて、香りの高さが重視されるアメリカンスタイルIPA部門で銀賞など見事に3つメダルを獲得(2017年)するなど、こだわりのビールが楽しめるお店として地元民から熱烈な支持を受けている。

お店は2016年4月からオープン。路地裏にあって隠れ家みたい。1階がブルワリーとバー、7階がレストランとなっている
醸造所を併設している1階はスタンディングバーのスタイル。カウンターで好みのビールを注文できる
お店オリジナルのビールが注がれるサーバー。これまでに獲得したメダルがタップ部分に飾られていて雰囲気がある!
人気のテラス席は1階に。テーブルに用意されたランプで灯された明かりが非日常感を演出する
お話を伺ったのは広報を担当するシニアマネージャーの高城沙耶さん。1階のカウンターでビールをサーバーから注いで提供することもあるのだとか
ライターフクシマ
ライターフクシマ
「お店オリジナルのビールが飲めるということですが、お店のウリはどういったところなんでしょう?」
高城沙耶さん
高城沙耶さん
「ビールが苦手な方にも楽しんでいただけるように、スッキリと飲みやすいレシピをデザインしています。ビールのスタイルにとらわれず、フルーツやスパイスを加えたりと様々なテイストのビールが常時14種類お楽しみいただけます。7階のレストランで提供しているフードはカジュアルアメリカンフレンチで、ビールに合うメニューを重視しています」
今回いただいたのはピンク色が可愛らしいチェリーボム(中央・1000円・税込)とホップの香り豊かな渋谷IPA(右・900円・税込)。どちらも飲みやすいのでビールが苦手な方にもオススメ
人気のハラペーニョポッパーズ(980円・税別)。ハラペーニョの中にチーズとベーコンを加えて揚げたもので手づかみで食べられる。7階のレストランで提供されているメニューも混雑状況によっては1階でも楽しめる

一見ビールとは似つかわしくない印象のあるチェリーを加えてみたりホップの種類にこだわってみたりと、一口にビールといってもラインナップは千差万別。自分好みの1杯を探す楽しみもありそうだ。

7階のレストランはオープンキッチンで開放感抜群。メニューはカジュアルアメリカンフレンチをメインに、メキシカンやイタリアン、和風テイストのものも日替わりで用意されている

\Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchenの三密対策はこれ/
店内の換気には常に気を配り、1階のバーカウンターにはアルコール消毒液を常備。7階のレストランは現状予約を制限し、密状態にならないように気を付けている。また、フードメニューはテイクアウトも対応しているので自宅で楽しみたい人にもぴったり。

2.ROBATA幸2nd

全席ソファのテラス席で味わう非日常感

テラス席はなんといっても開放的な雰囲気が魅力だが、それを最大限に引き出しているのがROBATA幸2nd。テラス席を全席ソファにすることで、都心のど真ん中にありながらまるで海外のリゾート地に来たかのような気分に浸れる。ソファでゆっくりしながら極上の1杯を楽しむなんて贅(ぜい)の極みと言える。

シチリアをイメージした店内。レンガ造りの半個室席と開放的なテラス席という、異なるテイストの席が用意されている
店内はオープンキッチンとなっているため、カウンター席からはスタッフが腕を振るう様子が見られる
自慢のテラス席は全席ソファ。リゾート感満点で女子会やデートにもピッタリ
お話を伺った店長の河野壮馬さん。サーバーからビールを注ぐ際に泡がベストな状態で楽しめるようにと気を配っているのだとか
ライターフクシマ
ライターフクシマ
「ビールのおつまみといえば、手で取って食べるものなどシンプルなものが多い印象ですが、この店のウリはどんなメニューがありますか?」
河野壮馬さん
河野壮馬さん
「港町のレストランをイメージしているお店なので、魚介系にこだわったメニューが多く、中でもアクアパッツァはかなり人気です。テラス席でビールを飲みながら食べると雰囲気があってオススメです。あとはビールに合う前菜も数種類用意していて、どれも人気が高いです」
テラス席で飲むのはもちろんビール(580円・税別)。こだわりの注ぎ方によりのどごしは抜群!
人気メニューのアクアパッツァ(1480円~・税別)。たっぷりとした魚介のスープが絶品。残ったスープを使ってリゾットorパスタを作ってくれるという嬉しいサービスも
前菜は全品手作り。メインのアクアパッツァが来るまでおまかせの5種盛り(980円・税別)をつまみながら、ビールを楽しむ人も多いそうだ

プチトマトのマリネやオリジナルのポテトサラダなど、ひとつひとつ手の込んだ前菜をつまみながらソファに腰掛けてビールを飲み、魚介のスープが美味しいアクアパッツァに舌鼓を打つ。外で飲むのが気持ちいいこれからの季節だからこそ、ぜひとも楽しみたい。

\ROBATA幸2ndの三密対策はこれ/
スタッフが手洗いとうがいを1時間ごとに行うようにしている。そして各テーブルに除菌スプレーを設置している。もともとランチは行っていなかったというが、需要に合わせてデリバリーやテイクアウトでメニューを提供するようにしている。

3.Petit Delirium Tap Café

肉料理をつまみにベルギービールの飲み比べも一興!

最後に訪れたのはPetit Delirium Tap Café。ベルギー発のビアカフェで、ベルギービールが常時10種類以上楽しめるだけでなく、こだわりの肉料理をはじめとしたフードメニューも充実している。

ベルギービールの名店として知られるPetit Delirium Tap Café。ガラス張りでスタイリッシュな外観はまるで海外に来たかのよう
店内はビール瓶をシャンデリアのようにした照明がユニーク。カウンター席も用意されているので、仕事帰りにひとりで立ち寄ってスマートに楽しむのにもバッチリ
10種類以上のベルギービールがサーバーから注がれて提供される。可愛らしいロゴのタップも是非チェックしたい
店長の眞坂圭司郎さん。このお店をはじめ五反田、秋葉原など都内に19店舗もの系列店を構えている会社である
ライターフクシマ
ライターフクシマ
ベルギーのビールの特徴というとどんなものがあるんですか? あと、グラスや店内に飾られた可愛らしいゾウが目につきます」
眞坂圭司郎さん
眞坂圭司郎さん
「ありがとうございます(笑)。実はお店の名前の『Delirium』って『せん妄』という意味なんです。美味しいビールを飲み過ぎて、ピンクのゾウやワニが見えてくるくらいに酔っぱらってもらいたいという思いが詰まっているんですよ。ベルギービールっていい意味でルールにこだわらないところがあって、いろいろな種類が楽しめるんですね。ビールに加えるスパイスやフレーバーも醸造元で異なるので、いろいろ飲み比べてみてもらえると楽しいと思います」
店名の由来ともなっているデリリウム・トレメンス(250ml・790円・税別)。ビール特有の苦みを全く感じないので、スイスイ飲める
女性にも人気のセリスホワイト(左・ミディアムサイズ・750円・税別)とルル・エスティバル(右・ミディアムサイズ・790円・税別)。こちらも水のように飲めるのでこれからの時期にピッタリ
フードメニューは人気の肉盛り3種(3800円・税別)を選択。国産牛に大山鶏のグリル、さらに幻の豚とも称されるTOKYO Xが一度に楽しめるのは嬉しい
店外に用意されたテラス席は周辺の芝生と相まって開放感抜群! ちなみにライターフクシマが飲んでいるデリリウム・トレメンスのアルコール度数は8.5%……この後いい感じにほろ酔いになった

今回飲んだベルギービールはいずれも飲みやすく、ついつい止まらなくなるほど。フードメニューとの相性も抜群で楽しい気分に浸れる。いろいろな種類があるからこそいろいろ飲み比べてみて好みの1杯を見つける楽しさもあるだろう。また、テラス席も絶好のロケーションなので、澄み切った青空の下でぜひとも楽しみたいお店である。

\Petit Delirium Tap Cafeの三密対策はこれ/
お客さんにアルコール消毒をお願いするのはもちろん、入店時に体温計測をして、37.2度以上の場合は入店を断っているという。さらにフードメニューのテイクアウトを全品対応しているだけでなくビールも専用のペットボトルに詰め替えてテイクアウトできるようにしている。

取材メモ/今回お邪魔した3店ともビールのこだわり、そしてテラス席の雰囲気がまさに非日常感満点。どのお店もこれからの季節にピッタリな上、駅から歩いて5分圏内とアクセスも抜群。お仕事帰りはもちろん、ショッピング後の休憩にもピッタリです!

構成=シーアール、取材・文=福嶌弘、撮影=緒方佳子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載