オーシャンビューを満喫!福岡・シーサイドのオープンテラス3選

オーシャンビューを満喫!福岡・シーサイドのオープンテラス3選

2020/06/30

慌ただしい日々の中で、急にふと「海が見たいなー」と思う時がありませんか? 波の音を聴きながら開放的な雰囲気の中でのんびりとくつろぎたい、そんな時に福岡市の中心部からでも1時間もあれば行ける、オープンテラスがおすすめのお店を紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

気持ちのいい海のそばのテラス席で、おいしい食事を楽しんでリフレッシュ!

福岡市から気軽に行ける海沿いのスポットを、福津・糸島・百道エリアからピックアップ。

ウィンドサーフィンや白い砂浜、雄大な名勝などさまざまなロケーションの中で、牛肉100%のハンバーガーやクラシックパンケーキ、薪窯ナポリピッツァなどお店の名物メニューを満喫してのんびりしよう。

1.BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA(福津市)
2.月と太陽(福岡市西区)
3.mamma-mia(福岡市早良区)

1.BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA(福津市)

福間海岸のウィンドサーフィンを眺めながらゆったりできるリゾートカフェ

強い日差しでも安心な、白いパラソル・赤いシェード付きのテラスは、広々としていて見晴らしがいい。目の前は砂浜が広がる福間海岸で、ウィンドサーフィンや海水浴を楽しむ人も

隣接する、夜も選べるパスタランチが人気のカフェ「cafe de BoCCo(カフェ・ド・ボッコ)」の2号店として2018年3月にオープンした「BEACH CAFÉ & STAY BOCCO VILLA(ビーチカフェ&ステイ ボッコヴィラ)」

白いパラソルやブランコが特徴的なテラス席は、開放感抜群。アジアンテイストな店内と合わせ、日頃の騒がしさを忘れるのにぴったりだ。ちなみにBoCCoの店名の由来は、“日なたぼっこ”。

九州でも指折りのマリンスポーツのメッカ、福津市の福間海岸通り沿いに建つ
ハワイのカフェに来たような、リゾート感たっぷりの雰囲気だ

有名イタリアンで研鑽(けんさん)を積んだシェフが腕を振るうのは、牛肉100%のパテを使ったハンバーガー、肉にこだわったローストビーフボウルに、さらにはモチモチ食感の生麺パスタやたっぷりチーズのピザなど。

福津産のカラフルな野菜の前菜やスープ、手づくりケーキやジェラートのデザートプレートは、特に女性に好評だ。

牛肉100%・つなぎなしで肉々しさたっぷり、特注バンズとの組み合わせで食べごたえもある「ハンバーガー」(1100円)
ウデに近くいい状態の赤味肉を低温調理でしっとりさせた「ローストビーフボウル」(1490円)。ジューシーな肉を自家製のタレ・とろとろの半熟卵とご飯を一緒に混ぜて食べるといろんな味が同時に味わえる
話題の新感覚ドリンクをアレンジした「ロイヤルミルクチーズティー」(680円)。甘いロイヤルミルクティーに、濃厚だけどさっぱりとしたレアチーズが合わさって途中で味が変わっていく楽しい飲み物
短縮営業期間にスタートしたテイクアウトメニューも継続販売中。ぜひ食べたいのがキッシュ、ローストビーフ、タンドリーチキン、ピクルスがふんだんに入った「アラカルトBOX」(1500円)

\この人に聞きました!/

店長の古野愛実さん
店長の古野愛実さん
店長の古野愛実さん
「先日、ランチメニュー(平日限定11:30〜15:00)を新しくワンプレートにし、お客様に食べていただきたいものをギュッと詰め込みました。デザートやドリンクは気分に合わせて付けられるようにしたので、ぜひ、お試しください。また、コロナウイルス対策はお客様のご協力が必要です。これからもお客様と従業員の安全を第一に営業してまいります」

\感染予防対策を行っています!/

テラス席との境のガラス窓を開け放せば、換気もバッチリ。さらに開放感も半端ない!
スタッフとの接触を少なくするため、自分でお冷を注げるスペースは2カ所設置

テラス席を含め、テーブルの間隔も広く取られており、入口にはアルコールを設置しこまめな消毒を勧めている

また「なるべく対面にならないように」「マスク着用」「回し飲みや直箸を控える」などの注意書きを各テーブルに配置。レジカウンターの前には透明な板を立て、スタッフとじかに対面するのを避けている。

2.月と太陽(福岡市西区)

木々や海などの自然に囲まれながらクラシックパンケーキに舌鼓

10テーブルほどが設置された「糸島茶房」のテラスからは、大きく広がる玄界灘が見渡せる

糸島を代表する景勝地の一つ「桜井二見ヶ浦」は、日本の渚100選・日本の夕日100選にも選ばれた絶景スポットで、海岸から約150m沖に浮かぶご神体の夫婦岩が有名

そのすぐそばにあるリゾート施設「月と太陽」は、カフェレストランの「糸島茶房」・テイクアウト専門の「二見ヶ浦商店」・グランピングカーレンタルができる「雲と水平線」に分かれており、高台にある「糸島茶房」のオープンテラスからの海への見晴らしは爽快そのものだ。

海沿いの「志摩サンセットロード」(県道54号)沿いに建つ
「糸島茶房」の太い柱や梁が印象的な、落ち着いた店内。3密を避けるため、席数を減らしている

「月と太陽」は福岡市内の有名イタリアンパンケーキ店「白金茶房」と同じ経営で、「糸島茶房」でもその大人気のパンケーキを提供。福岡県産石臼挽きの小麦粉、濃いオレンジ色した黄身の赤卵など素材にこだわり、しっとりかつふんわりした正統派の味わいで卵の風味も実感できると好評だ。

ほかにも地元食材をふんだんに使用したパスタやドルチェなどのメニューが楽しめる。

「糸島茶房クラシックパンケーキ」(600円)と「茶房オリジナルブレンド珈琲」(500円)。コーヒーは、エチオピアモカをはじめ、コロンビア、ホンジュラス、ブラジル産の豆を特別にブレンド
道をはさんで建つ「二見ヶ浦商店」では、ソフトクリームやアイス、ドリンクなどのスイーツを販売
「二見ヶ浦商店」でおすすめの「わらび餅みるく 黒糖」(600円)と「ふたみソフトみるく めをと(ミックス)」(500円)。海のそばのベンチで、夫婦岩を眺めながら食べるのも楽しい
「雲と水平線」は2020年1月にオープン。パーティや海水浴などさまざまな使い方ができる

\この人に聞きました!/

スタッフの松尾優里花さん
スタッフの松尾優里花さん
スタッフの松尾優里花さん
「『月と太陽』は、自然を感じてシンプルに過ごす、ライフスタイルリゾート。自然の木々や土に触れ、風を感じ、夫婦岩の間に沈む夕日を眺め、心とからだが素直になれる場所です。施設はこれからも広がる予定なので、今後の展開を楽しみにしてください」

\感染予防対策を行っています!/

テラスと店内の境にある窓は換気を行うために常に開け放してあり、加湿器も設置
店内が満席の場合、ウェイティングには屋外で待機してもらうようにしている
入口には消毒用のアルコールを設置

テーブルや椅子、店内の椅子などの定期的な消毒を実施し、人体に安全な次亜塩素酸水を使用した空間除菌を行っている。

また、密接、密集を避ける観点から、大人数での来店の際は、席を分けての案内になる場合があるとのこと。

3.mamma-mia(福岡市早良区)

南国気分あふれる都心のオアシスで創作イタリアンを満喫

遠くに広がる海と周りの砂浜で日光浴を楽しむ人たちを見ていると都心にいるとは思えないほど。夏は海水浴客であふれる場所だ

福岡都心のウォーターフロント・シーサイドももち海浜公園にある、海辺の商業施設「Marizon」内の本格イタリア創作レストラン「mamma-mia(マンマミーア)」

ヤシの木が風になびき、目の前の白い砂浜、博多湾に沈む夕日と海岸線など、最高のロケーションの中で南国気分を満喫できる。

白い建物にオレンジの屋根が映える外観はリゾート地の一角のよう
換気のため、店舗入口とテラス通用口の適宜開放を行っている 

地産地消を大切にしており、野菜はオーナーシェフ自らが買い付けた糸島産のものを使用。料理はすべて、オーダーが入ってからの手作りで、素材をいかしたビザ、パスタ、前菜、メインなどを提供。

途中の休憩時間はないが、ランチタイム(11:30~)・カフェタイム(15:00~、食事メニューはドルチェなどに限る)・ディナータイム(17:30~)の3つに分かれている。またイタリアワインを中心に80~100種類ほどのワインを豊富に用意しており、料理と相性のいいものを選んでくれる。

薪窯で焼き上げるナポリPizzaは、外はカリっと、中はもちっとした人気メニュー
ぷりぷりした魚介がゴロゴロとたっぷり入った「ペスカトーレ」(1915円)
10種類のスパイスで作った秘伝のタレに漬け込んだ、マンマミーア名物「若鶏ジャークチキン」(1100円)
内容が変わる本日のおすすめパスタの一例、バジルの香りが爽やかな「ジェノベーゼ」(1280円)
特大45cm もある高座豚のハーブソーセージをジューシーに焼き上げた「リングイッサ」(1230円)
百道浜プリンorガトーショコラorチーズケーキから2つ、バニラアイスorジェラートから1つ、加えて1ドリンクと自由に選べて人気の「ドルチェセット」(900円)
好評のノンアルコールカクテル「manma'sソーダ」(700円)。ノンアルコールのメニューが充実しているので、ドライバーにとってうれしい限りだ

\この人に聞きました!/

オーナーシェフの三宅一生さん
オーナーシェフの三宅一生さん
オーナーシェフの三宅一生さん
「4月に始めたピザのテイクアウト(10%オフ)を継続して実施中です(ほかのディナーメニューのテイクアウトもあります)。また、ピザは通信販売も行っています。オープンテラスでは、海を見ながらBBQ(バーベキュー)コースが利用でき、手ぶらで来店されても楽しめます。詳細はホームページやSNSなどをぜひご覧ください」

\感染予防対策を行っています!/

入口のドアに注意事項を貼って来店客に告知している
店舗入口には手指用アルコール消毒スプレーを設置

当面の間、営業時間を11:30〜21:00にし、ディナータイムを短縮中。テラス席も休日は予約時に間を開けて配置される(平日は予約なしでOKだが、来店客が自然に離れて座る)。

また、テーブル、椅子の背もたれ、照明のスイッチなど客の手に触れやすい箇所の消毒などを適宜行っている。

取材メモ/キレイな空と海&ゆったりと過ぎていく時間、この非日常感はたまりません。福岡市周辺の海辺では、海に夕陽が沈む様子を眺められるので、夕暮れ時を狙って行くのもおすすめです。

取材・文=シーアール 撮影=福山哲

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載